84件中 41 - 50件表示
  • 塩谷立

    塩谷立から見た藤井裕久藤井裕久

    静岡県立静岡高等学校卒業後、米国カリフォルニアのアンバサダーカレッジに留学。帰国後、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業した。1990年の第39回衆議院議員総選挙に旧静岡3区から自由民主党公認で出馬し、初当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。1993年の第40回衆議院議員総選挙でも再選されたが、小選挙区制導入後初めて実施された1996年の第41回衆議院議員総選挙では静岡県第8区で北脇保之(前浜松市長)に敗れ、落選。塩谷立 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣

    鳩山由紀夫内閣から見た藤井裕久藤井裕久

    最年長:77歳(藤井裕久)→73歳(亀井静香)鳩山由紀夫内閣 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た藤井裕久藤井裕久

    内閣発足直前に、藤井裕久財務相が、為替介入に否定的な発言をしたことが「円高容認」との観測を呼び、円が急騰し、ミスター円高と呼ばれた。このことについて、欧米の金融関係者や識者は批判を強めた。その後、藤井はイスタンブルで開催されたG7で「(為替が)一方的に偏った動きが激しくなればそれなりの対応をする」と釈明し、民主党の経済政策を説明したが、各国の経済担当首脳からの大きな反応はなかった。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た藤井裕久藤井裕久

    2010年1月6日 - 藤井裕久財務相が辞任、後任に菅直人副総理が兼務し、菅が勤めていた国家戦略担当は 仙谷由人行政刷新担当相が兼務。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤謙一郎

    佐藤謙一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    父が総選挙で落選したため、1979年に父の秘書となり、1983年に神奈川県議会議員選挙に横浜市戸塚区から立候補し、当選。2期目の途中、1987年11月の参議院補欠選挙に自民党公認(清和会)で立候補し当選、国政へと進む。1990年の第39回衆議院議員総選挙には参議院議員を辞職し、引退した父の後継者として自民党公認で立候補し、当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・鈴木俊一・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・簗瀬進・山本有二など)。政治改革推進派の立場を取り、石破茂らと自民党内に「政治改革を実現する若手議員の会」を設立し、事務局長に就任する。派閥は安倍晋太郎→三塚博派に属した。佐藤謙一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 嘉納行光

    嘉納行光から見た藤井裕久藤井裕久

    1945年に東京高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)、1951年に東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)を卒業。同級生には、小林信彦(小説家)、鈴木淑夫(元日本銀行理事)、徳山明(元富士常葉大学学長)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、藤井裕久(元財務大臣)、吉田庄一郎(元ニコン会長)などがいた。嘉納行光 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉景子

    千葉景子から見た藤井裕久藤井裕久

    また、内閣総理大臣臨時代理予定者5位に指定された(財務大臣藤井裕久が辞任した2010年1月から鳩山内閣が総辞職した6月までは4位)。内閣総理大臣臨時代理予定者に参議院議員が指定されるのは2000年の第1次森内閣の青木幹雄以来であり、自動的に1位か2位に指定される内閣官房長官以外では初めてであった。千葉景子 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木淑夫

    鈴木淑夫から見た藤井裕久藤井裕久

    附属中高の同期には、藤井裕久(元財務大臣)、小林信彦(小説家)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、吉田庄一郎(元ニコン会長)などがいた。鈴木淑夫 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た藤井裕久藤井裕久

    政務担当の副長官は当選回数が少なく首相派閥から首相に近い側近政治家が任命されることが多い。閣僚経験者が就任する例もあるなど、かつての政務次官・副大臣に比べ重要なポストとみなされる。当職経験後に重要な役職を歴任することも多く、若手政治家の登竜門ポストとされている(のちに首相になった官房副長官は2011年現在で竹下登、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三、鳩山由紀夫の5人)。2011年には、大蔵大臣・財務大臣を歴任したベテラン政治家である藤井裕久、官房長官経験者である仙谷由人が就任するなど、官邸の機能強化の観点から異例の起用が相次いだ。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た藤井裕久藤井裕久

    政界における引退とは政治家が政界から身を引くことを言う。身の引き方は任期による退任、自発的辞任、解任、落選を問わないが、一般的に引退を宣言以降、自分自身が当選するための選挙活動、政治活動はしないとされる。当然ながら、法的には引退には全く根拠のないものであり、引退を撤回して、再度政治家を目指してもなんら差支えない。例外的なケースではあるが、藤井裕久のように、衆議院議員選挙で落選して引退表明した後に比例復活での繰り上げ当選により政界復帰することもある(藤井はその後党税制調査会長、財務大臣にまで就任している)。引退 フレッシュアイペディアより)

84件中 41 - 50件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード