84件中 51 - 60件表示
  • 上柳昌彦のお早うGoodDay!

    上柳昌彦のお早うGoodDay!から見た藤井裕久藤井裕久

    11月1日、藤井裕久(民主党最高顧問)がゲスト出演。上柳昌彦のお早うGoodDay! フレッシュアイペディアより)

  • 激論!クロスファイア

    激論!クロスファイアから見た藤井裕久藤井裕久

    藤井裕久(民主党衆議院議員)激論!クロスファイア フレッシュアイペディアより)

  • 三沢淳

    三沢淳から見た藤井裕久藤井裕久

    衆議院内閣委員会理事、青少年特別委員会理事、行政改革特別委員、災害対策特別委員を務める。1999年には国旗国歌法の成立に尽力、更に訪米を控えMLBシカゴ・カブスの公式戦で始球式を務める予定が入っていた小渕恵三首相に、東大野球部で捕手を務めた藤井裕久共々ピッチングを指導した。三沢淳 フレッシュアイペディアより)

  • 平澤貞昭

    平澤貞昭から見た藤井裕久藤井裕久

    入省同期に、藤井裕久、行天豊雄、吉居時哉(第二地銀協会長、東日本銀行頭取、国土次官)、岸田俊輔(広島銀行頭取、証券局長、大阪国税局長)、宍倉宗夫(防衛事務次官)、小野博義(造幣局長)、佐藤光夫など。平澤貞昭 フレッシュアイペディアより)

  • 村田吉隆

    村田吉隆から見た藤井裕久藤井裕久

    1990年、第39回衆議院議員総選挙に義父・藤井の地盤である旧岡山県第2区から無所属で出馬し、初当選(当選同期に岡田克也・藤井裕久・佐田玄一郎・亀井久興・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・塩谷立・古屋圭司・細田博之・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・簗瀬進・山本有二など)。当選後、自由民主党の海部俊樹総裁から追加公認を受け、自民党に入党。旧岡山2区のライバルには橋本龍太郎や加藤六月らがいた。小選挙区比例代表並立制導入後は岡山県第5区から出馬し、7期連続当選。村田吉隆 フレッシュアイペディアより)

  • 第42回衆議院議員総選挙

    第42回衆議院議員総選挙から見た藤井裕久藤井裕久

    幹事長(兼 政策調査会長 兼 国会対策委員長) 藤井裕久第42回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県第3区 (中選挙区)

    神奈川県第3区 (中選挙区)から見た藤井裕久藤井裕久

    藤井裕久(自由民主党・新生党)-1990・93年神奈川県第3区 (中選挙区) フレッシュアイペディアより)

  • 古屋圭司

    古屋圭司から見た藤井裕久藤井裕久

    1990年、養父の後継者として第39回衆議院議員総選挙に自民主公認で旧岐阜県第2区から出馬し、初当選(当選同期に岡田克也・藤井裕久・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃など)。当選後、安倍派に入会。1996年の第41回衆議院議員総選挙では、小選挙区比例代表並立制導入に伴い岐阜県第5区から出馬し、5人の候補が乱立する混戦を制して当選した。1998年の自由民主党総裁選挙に際しては亀井静香や平沼赳夫らに同調し、三塚派を離脱。梶山静六を支援したが、梶山は平成研究会会長の小渕恵三に敗れた。その後志帥会の旗揚げに参加する。2001年、第1次小泉内閣で経済産業副大臣に任命された。古屋圭司 フレッシュアイペディアより)

  • 今津寛

    今津寛から見た藤井裕久藤井裕久

    1990年、北海道議会議員を2期目の任期途中で辞職。同年の第39回衆議院議員総選挙に旧北海道2区(定数4)から自由民主党公認で出馬し、得票数3位で当選(当選同期に岡田克也・佐田玄一郎・藤井裕久・鈴木俊一・亀井久興・中谷元・森英介・福田康夫・石原伸晃・河村建夫・小林興起・塩谷立・古屋圭司・細田博之・松岡利勝・小坂憲次・山本拓・赤城徳彦・村田吉隆・簗瀬進・山本有二など)。当選後、海部俊樹首相の出身派閥である新政策研究会(河本派)に入会。1993年の第40回衆議院議員総選挙では自民党に逆風が吹く中、旧北海道2区でトップ当選を果たした。今津寛 フレッシュアイペディアより)

84件中 51 - 60件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード