1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示
  • 千葉景子

    千葉景子から見た藤井裕久藤井裕久

    また、内閣総理大臣臨時代理予定者5位に指定された(財務大臣藤井裕久が辞任した2010年1月から鳩山内閣が総辞職した6月までは4位)。内閣総理大臣臨時代理予定者に参議院議員が指定されるのは2000年の第1次森内閣の青木幹雄以来であり、自動的に1位か2位に指定される内閣官房長官以外では初めてであった。千葉景子 フレッシュアイペディアより)

  • 引退

    引退から見た藤井裕久藤井裕久

    政界における引退とは政治家が政界から身を引くことを言う。身の引き方は任期による退任、自発的辞任、解任、落選を問わないが、一般的に引退を宣言以降、自分自身が当選するための選挙活動、政治活動はしないとされる。当然ながら、法的には引退には全く根拠のないものであり、引退を撤回して、再度政治家を目指してもなんら差支えない。例外的なケースではあるが、藤井裕久のように、衆議院議員選挙で落選して引退表明した後に比例復活での繰り上げ当選により政界復帰することもある(藤井はその後党税制調査会長、財務大臣にまで就任している)。引退 フレッシュアイペディアより)

  • 平和安全法制

    平和安全法制から見た藤井裕久藤井裕久

    藤井裕久(元財務大臣)平和安全法制 フレッシュアイペディアより)

  • 古本伸一郎

    古本伸一郎から見た藤井裕久藤井裕久

    2011年、民主党税制調査会事務局長に起用され、藤井裕久税制調査会長の下で社会保障・税一体改革、三党合意の締結、消費増税法案の成立のために奔走。増税に対する賛否が割れた民主党の党内論議では政策調査会長の前原誠司、税制調査会長の藤井の下で、当初案より消費税率引上げ時期を半年遅らせて、2014年4月に税率8パーセント、2015年10月に税率10パーセントへ引き上げる案で党内議論を着地させた。国会での法案成立に向けては、社会保障と税の一体改革に関する特別委員会の野党側筆頭理事であった自民党の伊吹文明、三党合意の実務者協議を主導した町村信孝ら、自民党税制調査会の幹部らの連携により、政府原案を野党側が修正を加えた案での合意にこぎつけた。古本伸一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 内閣官房副長官

    内閣官房副長官から見た藤井裕久藤井裕久

    政務担当の副長官は当選回数が少なく首相派閥から首相に近い側近政治家が任命されることが多い。閣僚経験者が就任する例もあるなど、かつての政務次官・副大臣に比べ重要なポストとみなされる。当職経験後に重要な役職を歴任することも多く、若手政治家の登竜門ポストとされている(のちに首相になった官房副長官は2011年現在で竹下登、海部俊樹、森喜朗、安倍晋三、鳩山由紀夫の5人)。2011年には、大蔵大臣・財務大臣を歴任したベテラン政治家である藤井裕久、官房長官経験者である仙谷由人が就任するなど、官邸の機能強化の観点から異例の起用が相次いだ。内閣官房副長官 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺秀央

    渡辺秀央から見た藤井裕久藤井裕久

    民由合併による自由党の疑惑ともされる資産整理を小沢と幹事長であった藤井裕久が中心で行い、党選挙対策委員長であった渡辺は関与できなかった渡辺秀央 フレッシュアイペディアより)

  • 菅直人

    菅直人から見た藤井裕久藤井裕久

    2010年1月7日、財務大臣の藤井裕久の辞任に伴い、副総理、経済財政政策担当相と兼務する形で、後任の財務大臣に横滑りで就任した。国家戦略担当大臣及び科学技術政策担当大臣は退任し、国家戦略担当相は行政刷新担当相の仙谷由人が、科学技術政策担当相は文部科学大臣の川端達夫がそれぞれ兼務し引き継いだ。財務大臣就任以後も、政治主導脱官僚をアピールするために、財務省ではなく引き続き官邸内の副総理室にとどまり、財務官僚が官邸に通う形にした。菅直人 フレッシュアイペディアより)

  • 六本木ヒルズ

    六本木ヒルズから見た藤井裕久藤井裕久

    前日上棟式を行った54階建て事務所棟A(森タワー)の40階で開かれたパーティーには、小泉純一郎首相を始め、平沼赳夫経済産業相、竹中平蔵経済財政担当相、石原伸晃行政改革担当相など大物閣僚がズラリと揃った。ほかにも森喜朗前首相、綿貫民輔衆院議長、野田毅保守党党首、藤井裕久自由党幹事長、中川秀直前官房長官、佐藤静雄国土交通副大臣など大物政治家が顔を揃えた。六本木ヒルズ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ
88件中 81 - 88件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード