118件中 41 - 50件表示
  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た景気

    2009年10月、イスタンブールでの同行記者に対する会見において「内需主導の経済運営が果たして景気刺激策として機能するのか」との質問に対して「内需拡大をばら撒きだという人がいますが、あれは実に経済政策をわかってない人です。内需というものを中心にして、経済を運営していくということは、これはマクロ経済そのものです。子ども手当てはばら撒きだと一部に言う人がいますが、そういう人こそマクロ経済の意味をわかっていないのではないかと私は思います。それから特に子ども手当てというのは、次の世代の少子高齢化対策の非常に大きな柱になると思うのです。そういう意味で、私は内需中心の経済運営という我々の考えについて外国もなんら批判的な意見は出ないし、むしろ積極的に評価していたと認識をいたしております」と答えた。公明党の機関紙公明新聞によれば、藤井は麻生内閣が内需刺激策として実施した定額給付金については、NHKの討論番組にて「失業した人、あした失業するような人は、もらったらポケットにしまうのが常識だ。消費に回るはずがない」と批判したという。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た定額給付金

    2009年10月、イスタンブールでの同行記者に対する会見において「内需主導の経済運営が果たして景気刺激策として機能するのか」との質問に対して「内需拡大をばら撒きだという人がいますが、あれは実に経済政策をわかってない人です。内需というものを中心にして、経済を運営していくということは、これはマクロ経済そのものです。子ども手当てはばら撒きだと一部に言う人がいますが、そういう人こそマクロ経済の意味をわかっていないのではないかと私は思います。それから特に子ども手当てというのは、次の世代の少子高齢化対策の非常に大きな柱になると思うのです。そういう意味で、私は内需中心の経済運営という我々の考えについて外国もなんら批判的な意見は出ないし、むしろ積極的に評価していたと認識をいたしております」と答えた。公明党の機関紙公明新聞によれば、藤井は麻生内閣が内需刺激策として実施した定額給付金については、NHKの討論番組にて「失業した人、あした失業するような人は、もらったらポケットにしまうのが常識だ。消費に回るはずがない」と批判したという。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見たマニフェスト

    2009年7月7日、政権交代後の、政権公約(マニフェスト)の実行にかかる予算16.8兆円の財源について、元大蔵大臣の見識として、「財源にはそこまで触れなくていい。どうにかなるし、どうにもならなかったら、ごめんなさいと言えばいいじゃないか」と楽観論を展開。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た大和銀行

    自由党幹事長時代、自由党と民主党の合併3日前の2003年9月23日に、自由党の政治団体「改革国民会議」に対して5億6096万円を寄付したことは、政党助成金の返還義務を逃れるためではないか、また大和銀行から自由党への10億円の借入を返済した事実が政治資金報告書に記載されていないという2点を、自民党の松岡利勝から指摘された。しかし、政党助成金はその使途について規制されておらず、また後者についても事実であれば実質的な寄付であり政治資金規正法違反の疑いは残るが、総務省は実質的な調査権を有さないことから、いずれもそれ以上の追及はなされなかった。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た大蔵省

    藤井 裕久(ふじい ひろひさ、1932年(昭和7年)6月24日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚出身。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た自由党 (日本 1998-2003)

    参議院議員(2期)、衆議院議員(7期)、自由党幹事長、民主党幹事長、民主党代表代行、細川内閣と羽田内閣の大蔵大臣、鳩山由紀夫内閣の財務大臣、民主党最高顧問などを歴任した。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た筑波大学附属中学校・高等学校

    東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)時代は野球部に所属。チームは1946年(昭和21年)に甲子園に出場し、準決勝で敗退した際に土を持ち帰ったことがその後の伝統の嚆矢となったが、当時旧制中学3年で特別科学学級に在籍していた藤井はベンチ入りできなかった。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た民主党 (日本 1998-2016)

    参議院議員(2期)、衆議院議員(7期)、自由党幹事長、民主党幹事長、民主党代表代行、細川内閣と羽田内閣の大蔵大臣、鳩山由紀夫内閣の財務大臣、民主党最高顧問などを歴任した。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た新生党

    1993年、自民党を離党して新生党結成に参加。細川内閣で大蔵大臣に就任。続く羽田孜内閣でも再任された。大蔵大臣として景気悪化による税収減により赤字国債を1989年以来4年ぶりに発行した。その後新進党を経て自由党で幹事長に就任。この時代は「うちの党首(小沢)もそう申しております」が口癖で、NHK『日曜討論』などで自党の主義主張を繰り広げた。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た第38回衆議院議員総選挙

    1977年の参院選で全国区から自民党公認で立候補し当選。1983年の参院選では比例区で再選を果たすが、2期目の任期半ばの1986年に衆院選への鞍替え出馬により失職。ところが地元旧神奈川3区から自民党公認で出馬したこの1986年の衆院選では前職元職の厚い支持層を切り崩せず次点に泣く。3年半の浪人生活ののち挑んだ次の1990年の衆院選で雪辱を果たし、衆議院議員に転じる。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

118件中 41 - 50件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード