116件中 51 - 60件表示
  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た財務大臣

    参議院議員(2期)、自由党幹事長、民主党幹事長、大蔵大臣(第98・99代)、財務大臣(第12代)、内閣官房副長官(菅第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官(社会保障・税一体改革及び省庁間調整担当)などを歴任。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た大蔵省

    藤井 裕久(ふじい ひろひさ、1932年(昭和7年)6月24日 ? )は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員(7期)、民主党最高顧問、民主党税制調査会長。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た内閣総理大臣補佐官

    参議院議員(2期)、自由党幹事長、民主党幹事長、大蔵大臣(第98・99代)、財務大臣(第12代)、内閣官房副長官(菅第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官(社会保障・税一体改革及び省庁間調整担当)などを歴任。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た特別科学学級

    東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)時代は野球部に所属。チームは1946年に甲子園に出場し、準決勝敗退の際に土の持ち帰りの伝統を作ったが、当時旧制中学3年の藤井はベンチ入りせず。特別科学学級に在籍。同級生に、嘉納行光(元全日本柔道連盟会長)、小林信彦(小説家)、鈴木淑夫(元日本銀行理事)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、吉田庄一郎(元ニコン会長)など。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た民主党 (日本 1998-)

    藤井 裕久(ふじい ひろひさ、1932年(昭和7年)6月24日 ? )は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員(7期)、民主党最高顧問、民主党税制調査会長。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た新生党

    1993年、自民党を離党して新生党結成に参加。細川護煕内閣で大蔵大臣に就任。続く羽田孜内閣でも留任した。大蔵大臣として景気悪化による税収減により赤字国債を1989年以来4年ぶりに発行した。その後、新進党を経て自由党で幹事長に就任。この時代は「うちの党首(小沢)もそう申しております」が口癖で、NHK『日曜討論』などで自党の主義主張を繰り広げた。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た自由党 (日本 1998-2003)

    参議院議員(2期)、自由党幹事長、民主党幹事長、大蔵大臣(第98・99代)、財務大臣(第12代)、内閣官房副長官(菅第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官(社会保障・税一体改革及び省庁間調整担当)などを歴任。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た東京教育大学

    東京教育大学附属中学校・高等学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)時代は野球部に所属。チームは1946年に甲子園に出場し、準決勝敗退の際に土の持ち帰りの伝統を作ったが、当時旧制中学3年の藤井はベンチ入りせず。特別科学学級に在籍。同級生に、嘉納行光(元全日本柔道連盟会長)、小林信彦(小説家)、鈴木淑夫(元日本銀行理事)、中江陽三(元NHKアナウンサー)、吉田庄一郎(元ニコン会長)など。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た衆議院議員

    藤井 裕久(ふじい ひろひさ、1932年(昭和7年)6月24日 ? )は、日本の大蔵官僚、政治家。衆議院議員(7期)、民主党最高顧問、民主党税制調査会長。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た第45回衆議院議員総選挙

    繰り上げ当選後は次期総選挙への不出馬を表明、2度目の引退宣言となった。任期中は民主党政権誕生への最後の奉公として講演、地方行脚など、選挙応援のために積極的に活動していた。2009年8月30日の第45回衆議院議員総選挙では、元秘書で神奈川県議会議員の本村賢太郎に地盤(神奈川14区)を譲り、本村は藤井の後継者として出馬し当選。藤井自身も鳩山由紀夫代表から「一緒に政治を変えてください」と頼み込まれ、公示直前に引退を撤回して比例南関東ブロックから単独立候補。35位という順位だったが、民主党の圧勝により当選した。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

116件中 51 - 60件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード