116件中 61 - 70件表示
  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た新進党

    1993年、自民党を離党して新生党結成に参加。細川護煕内閣で大蔵大臣に就任。続く羽田孜内閣でも留任した。大蔵大臣として景気悪化による税収減により赤字国債を1989年以来4年ぶりに発行した。その後、新進党を経て自由党で幹事長に就任。この時代は「うちの党首(小沢)もそう申しております」が口癖で、NHK『日曜討論』などで自党の主義主張を繰り広げた。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た第11回参議院議員通常選挙

    1977年、第11回参議院議員通常選挙全国区に自民党公認候補として立候補し、当選。2期務めた後、衆議院議員に転じる。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た東京大学運動会硬式野球部

    東京大学2年までは、東大野球部で捕手を務めた。法学部進学と同時に退部。与謝野馨とは野球部の先輩後輩の仲である。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た第44回衆議院議員総選挙

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で落選し、高齢を理由に政界引退を表明。引退を報告するため小沢事務所を訪ねた際、小沢に「もう一緒に歩むことはできなくなりました」と述べると、小沢は涙ぐんだという。しかしその後、民主党の永田寿康が不祥事の責任を取り辞職したために、同党南関東ブロックの池田元久が繰り上げ当選、さらに2007年7月29日の第21回参議院議員通常選挙千葉県選挙区に、同党南関東ブロック選出の衆議院議員長浜博行が立候補し自動失職したことで、南関東ブロック名簿順で次々点だった藤井が繰り上げ当選となり(一種の比例復活)、国政に復帰した。2007年8月、党最高顧問に就任。9月から党税制調査会長も兼務。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た羽田内閣

    参議院議員(2期)、自由党幹事長、民主党幹事長、大蔵大臣(第98・99代)、財務大臣(第12代)、内閣官房副長官(菅第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官(社会保障・税一体改革及び省庁間調整担当)などを歴任。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た大蔵大臣

    参議院議員(2期)、自由党幹事長、民主党幹事長、大蔵大臣(第98・99代)、財務大臣(第12代)、内閣官房副長官(菅第2次改造内閣)、内閣総理大臣補佐官(社会保障・税一体改革及び省庁間調整担当)などを歴任。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た神奈川県第14区

    1996年 - 第41回衆議院議員総選挙(神奈川14区・新進党公認)3選藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た第21回参議院議員通常選挙

    2005年9月11日の第44回衆議院議員総選挙で落選し、高齢を理由に政界引退を表明。引退を報告するため小沢事務所を訪ねた際、小沢に「もう一緒に歩むことはできなくなりました」と述べると、小沢は涙ぐんだという。しかしその後、民主党の永田寿康が不祥事の責任を取り辞職したために、同党南関東ブロックの池田元久が繰り上げ当選、さらに2007年7月29日の第21回参議院議員通常選挙千葉県選挙区に、同党南関東ブロック選出の衆議院議員長浜博行が立候補し自動失職したことで、南関東ブロック名簿順で次々点だった藤井が繰り上げ当選となり(一種の比例復活)、国政に復帰した。2007年8月、党最高顧問に就任。9月から党税制調査会長も兼務。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た全国区

    1977年、第11回参議院議員通常選挙全国区に自民党公認候補として立候補し、当選。2期務めた後、衆議院議員に転じる。藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井裕久

    藤井裕久から見た第38回衆議院議員総選挙

    1986年 - 第38回衆議院議員総選挙(旧神奈川3区・自民党公認)落選藤井裕久 フレッシュアイペディアより)

116件中 61 - 70件表示

「藤井裕久」のニューストピックワード