前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 高田延彦

    高田延彦から見た藤原喜明藤原 喜明

    少年時代は長嶋茂雄に憧れる野球少年で、少年野球ではオール?浜に選出されるが、長嶋の引退と共に野球熱が冷める。アントニオ猪木に憧れて、中学生になった頃にはプロレス入りを決意。中学校卒業後、アルバイトをしながら独自の方法で体を鍛え、1980年に新日本プロレスへ入団した。道場では藤原喜明と前田日明が兄貴分的な存在となり、スパーリングで鍛えられた。太りにくい体質で、新弟子時代は毎月のように体重のノルマを課せられて、それをクリアできなければ解雇される状態だった。高田延彦 フレッシュアイペディアより)

  • 船木誠勝

    船木誠勝から見た藤原喜明藤原 喜明

    1989年、前田日明、藤原喜明の誘いに応じヨーロッパ遠征中に第2次UWFに入団。船木誠勝 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た藤原喜明藤原 喜明

    2013年2月20日、古希を祝うパーティーが東京都港区のホテルオークラ東京で催され、坂口征二・小川直也・藤波辰爾・藤原喜明・木村健悟・佐山聡・ジョージ高野・前田日明・北沢幹之・蝶野正洋・棚橋弘至・橋本大地、スタン・ハンセンらかつての愛弟子・ライバルや、各界から千葉真一・谷隼人、デヴィ・スカルノ、船越英一郎・九重親方・南部虎弾・野村克也&野村沙知代夫妻など、660人が祝福に駆けつけた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 木村健悟

    木村健悟から見た藤原喜明藤原 喜明

    翌シリーズでも木村は対戦を執拗にアピール。前田日明が闘魂LIVEの異種格闘技戦でのダメージからシリーズを全試合欠場となり、11月3日に予定されていたIWGPタッグ防衛戦(藤波&木村vs前田&藤原喜明戦)が流れたことから、藤波も対戦を受諾した。しかし、10月27日の奈良大会で、藤波がコンガ・ザ・バーバリアンにジャーマンを仕掛けた際に負傷(奥歯が抜け、手術して元に戻した)して欠場したため、対戦がまた実現せず(11月3日の代替カードはアントニオ猪木&ケビン・フォン・エリックvs木村&武藤)。木村健悟 フレッシュアイペディアより)

  • UWF

    UWFから見た藤原喜明藤原 喜明

    旗揚げシリーズは路線も定まらない状態だったが、前田の師匠格である藤原喜明が高田延彦を引き連れ参加したあたりから方向性が定まり始め、道場で行われるスパーリングのような関節を取り合う攻防を中心としたレスリングに転換していく。UWF フレッシュアイペディアより)

  • 頭突き

    頭突きから見た藤原喜明藤原 喜明

    タックル気味に相手に頭をぶつけたり、相手の髪の毛をつかみ、自分の頭部を相手の頭部に打ち付ける。特に技巧がいらない技であるため、プロレスにおいては荒々しさを売りにするヒールや、力で押すパワーファイターが好んで使うが、テクニシャンタイプのレスラーが試合のテンポを変えるために繰り出すこともある。古くはボボ・ブラジル、キム・イルこと大木金太郎、アブドーラ・ザ・ブッチャーが得意としたために、プロレスファンやマスコミの間では「黒人と朝鮮系は頭が固い」とまことしやかに語られていた。他にはザ・デストロイヤーが得意とし、時にはマスクの中に凶器を入れる反則技を繰り出した。アンドレ・ザ・ジャイアントもよく頭突きを繰り出し「二階からのヘッドバット」といわれて有名であった。現在は藤原喜明、天山広吉、富豪2夢路、泉田純至、本田多聞、菊地毅、新井健一郎、らが名手といわれる。頭突き フレッシュアイペディアより)

  • 1・2の三四郎 2

    1・2の三四郎 2から見た藤原喜明藤原 喜明

    ベテランの現役女子プロレスラー。PPW女子プロレスのコーチ兼選手であり、道場の無いドリームチームに練習場としてPPW女子の道場を貸していた。昔から三四郎たちの実力は良く知っていたようである。後にほたるの情熱を買ってPPW女子を抜けて『ドリームチーム』に移籍。現役選手兼ほたるのコーチ教育係としてほたるを一人前のレスラーにするべく鍛え上げる。田中プロレスとのタッグマッチで、ほたるの根性を見るためあえて助けに行かない、などコーチ役としての親心も見せた。女子ながら関節技を得意としたファイトスタイルで、スタイルは抜群であるものの、顔は某男子レスラーに似ている。1・2の三四郎 2 フレッシュアイペディアより)

  • IWGPリーグ戦

    IWGPリーグ戦から見た藤原喜明藤原 喜明

    前大会の汚名を返上したい猪木は、気合充分でこの決勝戦に臨んだが決着はなかなかつかず、二度の延長戦にもつれ込んだ時に、何故か現れた長州力が場外の猪木とホーガンに次々にラリアットを食らわせるとそのまま立ち去った。レフェリーの場外カウントが進み、20カウント以内で先にリングインした猪木がリングアウト勝ちを収め第二回優勝者となった。新日本プロレス側が描いたこのような形での猪木勝利ブックは余りにも唐突で不透明であった。この為、当日蔵前国技館に詰め掛けた観衆は当然納得せず、観客席から次々と物が投げられ、「長州出て来い!」コール、大「金返せ」コールが起こり、更に放火騒ぎや蔵前国技館の二階席のイスを破壊する者もいたなど、試合終了後に暴動寸前状態にまで発展した。このような状況を収拾するためにアントニオ猪木や藤原喜明がリング上に現れて観衆を静める一幕もあった。IWGPリーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • ディック・フライ

    ディック・フライから見た藤原喜明藤原 喜明

    1989年11月29日、第2次UWFが開催した東京ドーム大会(U-COSMOS)へ藤原喜明と異種格闘技戦を行なうために来日。リングネームは、ディック・レオン・フライであった。以後、UWFへ来日を重ねるようになる。ディック・フライ フレッシュアイペディアより)

  • 池田大輔

    池田大輔から見た藤原喜明藤原 喜明

    藤原組に入門し、1993年12月5日の後楽園ホールにおけるドン荒川戦でデビュー。1995年9月には藤原喜明と組んでFMW世界ブラスナックルタッグ王座を獲得。同年12月に格闘探偵団バトラーツ旗揚げに参加し、独特の「バチバチファイト」で人気を博す。バトラーツでの試合のほか、当時三沢光晴が社長を務めていた全日本プロレスにも継続参戦、三沢率いるアンタッチャブルの構成員として、三沢らと共闘していた。池田大輔 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「藤原喜明」のニューストピックワード