132件中 11 - 20件表示
  • 木戸修

    木戸修から見た藤原喜明藤原 喜明

    大技の攻防が日常化していく1990年代以後の新日本の中で一人、地味ながら切れ味鋭いレスリングスタイルを貫いた木戸は「新日本の良心」として、特に札幌地区での人気はすさまじいものがあった。木戸自身と札幌とは特に縁があるわけではないが、新日本の札幌大会は藤原喜明のテロリスト事件(藤原の項を参照)に代表されるハプニングが頻発し、しっかりとした試合が提供されないことが多かったためである。新日本の札幌大会では会場中に応援ののぼりが立ち、札幌の後援者から贈られたハッピを着た木戸が登場すると大歓声が沸きあがった。木戸もその後押しに答え、佐々木健介をキド・クラッチで下した実績がある。専門誌はその現象を「木戸の異常人気」として伝え、後に木戸は「札幌男」と呼ばれるようになった。木戸修 フレッシュアイペディアより)

  • 前田日明

    前田日明から見た藤原喜明藤原 喜明

    1985年12月6日、藤原喜明、木戸修、高田伸彦(現:高田延彦)、山崎一夫らと共に業務提携という形で新日本に復帰。前田はリング上で「1年半UWFとしてやってきたことが何であるか確かめに来ました」とマイクアピールを行った。前田日明 フレッシュアイペディアより)

  • カール・ゴッチ

    カール・ゴッチから見た藤原喜明藤原 喜明

    1972年1月の新日本プロレス設立に選手及びブッカーとして助力。1972年3月から1974年8月にかけて、アントニオ猪木と5回対戦し、3勝2敗。1973年10月ルー・テーズをパートナーとしてアントニオ猪木&坂口征二組と3本勝負で対戦し、1-2で敗れる。その後、フロリダ州タンパの「ゴッチ道場」において、藤波辰巳、木戸修、藤原喜明、佐山聡、前田日明らプロレスラーを数多く育成する。1982年1月1日後楽園ホールにおいて藤原喜明とエキシビション・マッチで対戦、同年1月8日後楽園ホールにおいて木戸修と対戦したエキシビション・マッチが、プロレスラーとして最後の試合である。カール・ゴッチ フレッシュアイペディアより)

  • ドン荒川

    ドン荒川から見た藤原喜明藤原 喜明

    1989年3月に1度一線から退いた(本人曰く新日を円満退社しただけで、引退ではないとのこと)が、1990年、SWSの旗揚げに参加して現役復帰。SWS崩壊後も一人メガネスーパー社員としてSWS所属を名乗り、藤原組などに参戦する。1996年、藤原喜明とともに全日本プロレスに初参戦、6人タッグながらジャイアント馬場との対戦が実現した。1997年には全日本プロレスの25周年記念の前夜祭に、馬場&永源遙とトリオを組んで出場。2006年はビッグマウス・ラウドなどへ参戦している。ドン荒川 フレッシュアイペディアより)

  • ディック・マードック

    ディック・マードックから見た藤原喜明藤原 喜明

    アントニオ猪木とは好敵手でありながら友好関係もあった。1987年に新日本プロレスで勃発したNEWリーダー(長州力、藤波辰巳、前田日明、木村健吾、スーパー・ストロング・マシン)対NOWリーダー(アントニオ猪木、坂口征二、マサ斎藤、星野勘太郎、藤原喜明、武藤敬司)の対抗戦では、ゴングが鳴らんとする直前に猪木がマイクを持ち、「おーい出て来い」のGOサインで花道から現われ、星野に代わるNOWリーダーの助っ人として活躍した。ディック・マードック フレッシュアイペディアより)

  • リングの魂

    リングの魂から見た藤原喜明藤原 喜明

    芸人がかけられるのが嫌いなプロレス技を見抜く、「食わず嫌い王」のパクリ企画。特にリアクション王・出川哲朗は藤原喜明の頭突きを受ける際に番組が用意したヘルメットを見て「俺がこの世の中で一番嫌いな物は何か分かるか…ヘルメットだよ!」と名台詞をいい投げ捨てたり、桜庭和志の関節技を食らいながら痛みから逃げるために宇野のお尻の穴に指を突っ込んだり、佐々木健介のストラングルホールドを食らい流血したり、山崎一夫の蹴りを脚に食らい泣きが入ったりと大活躍をする。上島竜兵が中西学のアルゼンチンバックブリーカーを掛けられた際には、身体があまりの痛みに生命の危機を感じ遺伝子を残さんとしたためなのか、なぜか苦しみながら思わずたってしまった。まさに出川や上島らリアクション芸人の為の企画といえよう。リングの魂 フレッシュアイペディアより)

  • 総合格闘技

    総合格闘技から見た藤原喜明藤原 喜明

    日本では1984年4月、新日本プロレスから離脱したプロレスラーによって興された第1次UWFがプロ格闘技団体の先駆とされている。UWFは佐山聡(初代タイガーマスク)が加入後、自身が当時考案していた新格闘技(後のシューティング)という現在の総合格闘技ルールの基礎となる理論と概念を持ち込み、従来のプロレス界のタブーであったショー的要素を公然と排除した「真剣勝負」路線を打ち出すようになり、前田日明・藤原喜明・高田延彦らの選手を擁し人気を博した。総合格闘技 フレッシュアイペディアより)

  • 朋友柔道整復専門学校

    朋友柔道整復専門学校から見た藤原喜明藤原 喜明

    平成22年4月 - 理事長藤原喜明が学校長を兼務。朋友柔道整復専門学校 フレッシュアイペディアより)

  • 筋肉番付シリーズ

    筋肉番付シリーズから見た藤原喜明藤原 喜明

    番組が甦らせた3人の金剛(パワー系金剛:藤原喜明、コントロール系金剛:江夏豊、バランス系金剛:遊佐雅美)の中から1人を指名し対決。勝利すれば賞金獲得となる。筋肉番付シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見た藤原喜明藤原 喜明

    佐山引退(新日本プロレスを退団)後も新日本に残留して前座を沸かせていた(高田とのシングルマッチはTV中継された)。その後、佐山のタイガージム開設時に退団し、同ジムのインストラクターを務めていたが、1984年、佐山が第1次UWFへ参加することが決定した際、一緒に入団。前田日明、高田延彦、藤原喜明、木戸修らと活動する。佐山のスーパータイガージムでもインストラクターを努め、佐山と共に指導者としても活動した。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

132件中 11 - 20件表示

「藤原喜明」のニューストピックワード