160件中 71 - 80件表示
  • ちょっとかわいいアイアンメイデン

    ちょっとかわいいアイアンメイデンから見た藤原喜明藤原 喜明

    藤原志士子(ふじわら ししこ)ちょっとかわいいアイアンメイデン フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ホール

    スコット・ホールから見た藤原喜明藤原 喜明

    1987年5月、当時AWAとの招聘ルートを持っていたマサ斎藤のブッキングで新日本プロレスに初来日を果たし、IWGPリーグ戦の第5回大会に出場。リーグ戦では同ブロックのアントニオ猪木とコンガ・ザ・バーバリアンに敗退するも、坂口征二と藤原喜明に引き分け、キラー・ブルックスから勝利を収めた。以降も新日本の常連外国人として、1990年まで7回に渡って来日。1988年11月の来日時にはディック・マードック&ボブ・オートン・ジュニアとのトリオでエリミネーション6人タッグマッチのリーグ戦『'88ジャパン・カップ・シリーズ』に出場。1990年3月19日には広島県立体育館にてパニッシャー・ダイス・モーガンと組み、マサ斎藤&橋本真也が保持していたIWGPタッグ王座に挑戦した。スコット・ホール フレッシュアイペディアより)

  • 藤原ライオン

    藤原ライオンから見た藤原喜明藤原 喜明

    2013年10月31日後楽園ホールにて藤原喜明と対戦。試合後に藤原喜明の承諾を得て、藤原ライオンに改名した。藤原ライオン フレッシュアイペディアより)

  • プロレス夢のオールスター戦

    プロレス夢のオールスター戦から見た藤原喜明藤原 喜明

    木村健吾(新日本)、佐藤昭夫(全日本)、阿修羅・原(国際) vs 藤原喜明(新日本)、永源遙(新日本)、寺西勇(国際)プロレス夢のオールスター戦 フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ小猪木

    アントニオ小猪木から見た藤原喜明藤原 喜明

    2009年4月27日の西口DXプロレスで藤原喜明と対戦。過去に藤原組関節技セミナーに通っており、タレント活動を始めた藤原喜明に弟子入り志願。初日に大遅刻で弟子入り失敗。その14年後に西口DXで対戦し、試合後に失敗談を告白するが、藤原は「覚えてない」と一蹴。この日は藤原の60回目の誕生日を小猪木がお祝いした。アントニオ小猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 格闘探偵団バトラーツ

    格闘探偵団バトラーツから見た藤原喜明藤原 喜明

    1995年11月19日、プロフェッショナルレスリング藤原組でスポンサーから所属選手の大幅なリストラを提示されて反発した藤原喜明を除く所属選手が退団。12月、石川雄規を中心に設立。団体名はプロレスプロモーターの荒井英夫の命名。元所属選手全員は、あくまでスポンサーに対して反発したのみで藤原との確執は無くプレ旗揚げ戦の際に藤原が来場して「わが息子達を宜しくお願いします」とリングで挨拶。格闘探偵団バトラーツ フレッシュアイペディアより)

  • 花葬

    花葬から見た藤原喜明藤原 喜明

    この3作同時発売は当時としては非常に稀なことでマスコミなどの各メディアでとり上げられた。この頃より映像ディレクターの箭内道彦がテレビCM、新聞広告のディレクションに携わるようになった。本作リリース前に放映されたCMでは、プロレスラーの藤原喜明が出演している。花葬 フレッシュアイペディアより)

  • LLPW-X

    LLPW-Xから見た藤原喜明藤原 喜明

    1992年9月、ブル中野&北斗晶(全日本女子)組対工藤めぐみ&コンバット豊田(FMW)組戦に始まる団体対抗戦時代においては神取対北斗の壮絶なシングル戦や風間対北斗の敗者髪切りマッチ、LLPWのユニット「平成GUREN隊(後のG-MAX)」とFMWのユニット「猛毒隊」が合体したユニット「平成猛毒GUREN隊(後のJDスター女子プロレスのユニット「裁恐軍」を加えてユニット「平成裁恐猛毒GUREN隊(後の裁恐猛毒G-MAX)となる)」の活動、WARへの選手派遣などで話題を呼んだ。また紅夜叉のレディースや穂積のジュリアナ東京の女性客などキャラクターレスラーの投入や風間の側近的立場から一転して「理不尽クイーン」としてヒール人気を呼んだ半田やキャロル、紅、二上の同世代選手で結成したユニット「決起軍」の活躍に加えてさらに1994年、常盤貴子の主演映画「SAEKO」に藤原喜明と共に全面協力して主力レスラーが総出演するなど対抗戦に依存しない話題づくりにも尽力。LLPW-X フレッシュアイペディアより)

  • スウィート・ダディ・シキ

    スウィート・ダディ・シキから見た藤原喜明藤原 喜明

    しばらくリングから離れた後、1984年にプロレス業界に復帰し、1月6日にカルロス・コロンの主宰するプエルトリコのWWCでペドロ・モラレスから北米ヘビー級王座を奪取。同年10月には、当時カナダ東部地区との提携ルートを持っていたUWFに来日。約20年ぶりの日本マット登場が実現し、藤原喜明らと対戦した。帰国後はWWFのオンタリオでの興行にも出場、キッチナーでは当時のWWF世界タッグ王者ディック・マードックのジョバーを務めている。スウィート・ダディ・シキ フレッシュアイペディアより)

  • 吉田万里子 (プロレスラー)

    吉田万里子 (プロレスラー)から見た藤原喜明藤原 喜明

    1992年10月、頸椎損傷により1年10か月に及ぶ長期欠場を強いられる。この間にUWFインターナショナルの試合を観戦したのがきっかけで、空中技主体から関節技主体へファイトスタイルを変えることを決意、藤原喜明の門を叩く。吉田万里子 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

160件中 71 - 80件表示

「藤原喜明」のニューストピックワード