123件中 61 - 70件表示
  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たWAR (プロレス)

    1993年、1994年と2年連続で古巣・新日本の真夏の祭典『G1 CLIMAX』に出場。1995年には「イノキファイナルカウントダウン」第4弾で師・猪木とシングル対決した。1996年、ドン荒川とともに全日本プロレスに初参戦、6人タッグながらジャイアント馬場との対戦が実現。1997年にはWARに出場し、天龍源一郎やアブドーラ・ザ・ブッチャーとのシングルマッチが行われた。その後もメジャー、インディー問わず、数多くの団体に参戦している。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たイラストレーション

    芸能活動も行っており、出演したテレビ番組、映画、Vシネマは多数。その風貌から暴力団関連の役が多い。また、イラスト執筆、盆栽、浪曲鑑賞、陶芸などの多趣味でも知られる。Vシネマにおいては「SAEKO」という作品で、当時まだデビュー間もない無名時代の常盤貴子主演の作品で共演しており、常盤演じるSAEKOの用心棒役で、その役名も藤原で常盤に「ふじわらーっ」と呼ばれていた。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たクロヒョウ 龍が如く新章

    クロヒョウ 龍が如く新章(声:サイの花屋)藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たドラディション

    2007年、胃の噴門部(入り口)に近いほうに4センチ大の胃がんが見つかった。本当は全部摘出したほうがよかったが痩せてしまうため胃の2分の1を切除した。手術は3時間で終了したが、痛み止めの存在を知らず地獄の痛みに苦しむ。その後の病理検査でリンパ節転移が見つかったことを知らされ、病期は3a期と確定した。3期の5年生存率は41.8パーセントであった。術後18日目に、抗がん剤治療が始まった。TS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)の単剤で4週間服用、2週間休薬を1クールとし、それを6クール行うというものだった。TS-1は胃がんの場合、奏効率は46パーセントと高く、副作用も抗がん剤の中では比較的強くないとされるが、87パーセントの患者に何らかの副作用が出るとのことだが、TS-1を予定通り、6クール続けたあと、薬が同じ5-FU系の経口抗がん剤UFT(一般名テガフール・ウラシル)の少量投与に変わり、副作用もほとんど無くなり、筋力トレーニングができるようになった。手術の後遺症としては、ダンピング(食物が胃にとどまらずに、急速に腸まで落ちてしまうこと。胃の中で撹拌され、少しずつ腸に送り出されていた食物が、胃切除後は、未消化のままいちどに腸に流れ込むため、血糖値の変動や各種ホルモン分泌などによって、不快な諸症状が起こる)が出たがプロレスの試合に出られるまで回復した。。現在も不定期ながらリアルジャパンプロレス、ドラディション、全日本プロレスなどのリングに上がっている。IGFにも参加し猪木に協力している。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見た龍が如く2

    龍が如く2(声:サイの花屋、2006年12月7日、セガ)藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たダンピング

    2007年、胃の噴門部(入り口)に近いほうに4センチ大の胃がんが見つかった。本当は全部摘出したほうがよかったが痩せてしまうため胃の2分の1を切除した。手術は3時間で終了したが、痛み止めの存在を知らず地獄の痛みに苦しむ。その後の病理検査でリンパ節転移が見つかったことを知らされ、病期は3a期と確定した。3期の5年生存率は41.8パーセントであった。術後18日目に、抗がん剤治療が始まった。TS-1(一般名テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム)の単剤で4週間服用、2週間休薬を1クールとし、それを6クール行うというものだった。TS-1は胃がんの場合、奏効率は46パーセントと高く、副作用も抗がん剤の中では比較的強くないとされるが、87パーセントの患者に何らかの副作用が出るとのことだが、TS-1を予定通り、6クール続けたあと、薬が同じ5-FU系の経口抗がん剤UFT(一般名テガフール・ウラシル)の少量投与に変わり、副作用もほとんど無くなり、筋力トレーニングができるようになった。手術の後遺症としては、ダンピング(食物が胃にとどまらずに、急速に腸まで落ちてしまうこと。胃の中で撹拌され、少しずつ腸に送り出されていた食物が、胃切除後は、未消化のままいちどに腸に流れ込むため、血糖値の変動や各種ホルモン分泌などによって、不快な諸症状が起こる)が出たがプロレスの試合に出られるまで回復した。。現在も不定期ながらリアルジャパンプロレス、ドラディション、全日本プロレスなどのリングに上がっている。IGFにも参加し猪木に協力している。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たVシネマ

    芸能活動も行っており、出演したテレビ番組、映画、Vシネマは多数。その風貌から暴力団関連の役が多い。また、イラスト執筆、盆栽、浪曲鑑賞、陶芸などの多趣味でも知られる。Vシネマにおいては「SAEKO」という作品で、当時まだデビュー間もない無名時代の常盤貴子主演の作品で共演しており、常盤演じるSAEKOの用心棒役で、その役名も藤原で常盤に「ふじわらーっ」と呼ばれていた。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見た後楽園ホール

    「長州襲撃」以前に1回だけTVでその試合が放送された(木村健悟&藤原喜明vsディック・マードック&バッドニュース・アレン)。さらにそれ以前、1982年1月1日に後楽園ホールでの「元旦決戦」にて行われた、カール・ゴッチとのエキシビションマッチが、TVの生中継(「新春プロレススペシャル」)で流れたこともある。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見たプロレスリングZERO-ONE

    その技術を見込まれ、男女問わず(特に神取忍は弟子といっても良い関係で各種の関節技および一本足頭突きを伝授されている)指導を請う後輩レスラーも多い。ZERO-ONE(現ZERO1)時代はフリーとしての参戦ながら橋本真也のタッグパートナーや若手選手の指導員としても貢献する(ただし、指導はしても弟子は取らないと発言していて、弟子入り志願者にはバトラーツに行くように勧めている)。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

  • 藤原 喜明

    藤原喜明から見た蔵前国技館

    頭が固く、場外からエプロンに上がってきたところで相手に頭をコーナーの金具にブチ当てられ「カチン!!」という乾いた音が蔵前国技館の二階席最上部にまで届くが平然とし、自ら金具の防護布を取って金具に頭をカチン、カチンとぶつけてリングインして相手に一本足頭突きを見舞うというパフォーマンスを得意としていた。また、パイプ椅子で脳天をブチ抜かれても平然とし、リングインして一本足頭突きを見舞うという常人にはできないことをやっていた。藤原喜明 フレッシュアイペディアより)

123件中 61 - 70件表示

「藤原喜明」のニューストピックワード