前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示
  • 逢わずに愛して

    逢わずに愛してから見た藤圭子藤圭子

    発売から2ヶ月余りでBEST10に初登場し、4週間後に皆川おさむ「黒ネコのタンゴ」を抜き1位を獲得した。この年のクールファイブは「逢わずに愛して」・「愛の旅路を」・「噂の女」・「愛のいたずら」の4曲で46週間連続してBEST10にランクされていた。なお、同時期には前川清と結婚することになる藤圭子も42週間連続を記録している。逢わずに愛して フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌

    GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌から見た藤圭子藤圭子

    『GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌』(ゴールデン☆ベスト ふじけいこ ヒット・アンド・カバーコレクション えんかとえんか)は、藤圭子のベスト・アルバムである。2010年12月8日発売。発売元はソニー・ミュージックダイレクト。規格品番はMHCL-1825/6。GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌 フレッシュアイペディアより)

  • アカシアの雨がやむとき

    アカシアの雨がやむときから見た藤圭子藤圭子

    大ヒット以降は、カヴァー曲の定番としても知られる。往年の流行歌手では藤圭子や青江三奈等がレコードに吹き込んでいる。演歌歌手以外にも、NHKの『第16回思い出のメロディー』(1984年)で松田聖子が「母がよく口ずさんでいた」という理由で披露したり、工藤静香がカヴァー・アルバム『昭和の階段 Vol.1』(2002年)で歌っている。戸川純のカヴァーは、曲の初めと終わりに学生運動風のSEが収録されているのが特徴的である。アカシアの雨がやむとき フレッシュアイペディアより)

  • 猪俣公章

    猪俣公章から見た藤圭子藤圭子

    他にもテレサ・テンに『空港』、藤圭子に『京都から博多まで』や『女のブルース』、水原弘に『君こそわが命』、五木ひろしに『千曲川』を提供し、成功を収めた。猪俣公章 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌

    演歌から見た藤圭子藤圭子

    この時期映画スターの高倉健も歌手デビュー、北島三郎、橋幸夫、都はるみ、青江三奈、水前寺清子、千昌夫、森進一、藤圭子、小林幸子(わずか10歳でデビュー)、大川栄策、コミックバンド派生の宮史郎とぴんからトリオ、殿さまキングスなどが登場した。演歌 フレッシュアイペディアより)

  • オリコンチャート

    オリコンチャートから見た藤圭子藤圭子

    2曲以上での首位獲得最高連続週数曲:2曲(女のブルース・圭子の夢は夜ひらく)(総合首位獲得連続週数:18週・1970年3月30日付 - 7月27日付、歌手:藤圭子オリコンチャート フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 園まり

    GOLDEN☆BEST 園まりから見た藤圭子藤圭子

    歌詞をリニューアルして発表された藤圭子ヴァージョン「圭子の夢は夜ひらく」も大ヒットした。GOLDEN☆BEST 園まり フレッシュアイペディアより)

  • 港が見える丘

    港が見える丘から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子 - アルバム『藤圭子演歌を歌う』収録港が見える丘 フレッシュアイペディアより)

  • GOLDEN☆BEST 藤圭子

    GOLDEN☆BEST 藤圭子から見た藤圭子藤圭子

    『GOLDEN☆BEST 藤圭子』(ゴールデン☆ベスト ふじけいこ)は、藤圭子のベスト・アルバム。2005年10月26日発売。発売元はBMG JAPAN。GOLDEN☆BEST 藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂の夜は更けて/女の意地

    赤坂の夜は更けて/女の意地から見た藤圭子藤圭子

    「赤坂の夜は更けて」は、島倉千代子ら他歌手と競作となったが、一般的に最もメジャーなものが西田佐知子のものである。のちにちあきなおみや藤圭子など、そのときどきの流行歌手にカヴァーされている。 歌詞は2コーラス分しかないが、西田版は1コーラス分丸々間奏がある。また、1965年大晦日放送の『第16回NHK紅白歌合戦』に出演し(連続5回目)、本楽曲を披露した。赤坂の夜は更けて/女の意地 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
105件中 1 - 10件表示

「藤圭子」のニューストピックワード