130件中 101 - 110件表示
  • 園まり

    園まりから見た藤圭子藤圭子

    洋楽の日本語カバー「マッシュ・ポテト・タイム」「太陽はひとりぼっち」「女王蜂」「花はどこへ行った」がヒット。1964年「何も云わないで」がNHK”きょうのうた”で放送され、歌謡曲の初ヒットとなる。その後「逢いたくて逢いたくて」「夢は夜ひらく」「何んでもないわ」「愛は惜しみなく」 等のヒットも記録し、園まり節と呼ばれる歌唱法でヒット。また、「夢は夜ひらく」は藤圭子歌唱によるバージョンも存在する。これら3作は同名タイトルで日活で映画化された。『NHK紅白歌合戦』には1963年から1968年まで6回連続出場(1963年の「キューティ・パイ・メドレー」と1964年の「夢みる想い」は、中尾・伊東と三人娘で歌唱)。園まり フレッシュアイペディアより)

  • 星飛雄馬

    星飛雄馬から見た藤圭子藤圭子

    だが、この頃より激情家として知られる性格が一転、何かを悟りきったかの如き状態になり、ファンや周囲を大切にする姿勢も徐々に薄れていく。これは3号が彼の(左投手としての)選手生命を確実に絶つ、文字通りの“魔球”である事を知っていたからだった。この頃「スター千一夜」に出演して(当時の)各界の有名人(藤圭子、沢村忠ら)と対談した際は、場の空気を完膚なきまでにぶち壊す発言を連発、司会の石坂浩二を困惑させた事もあった。ライバル達も彼の変化を敏感に察知、次第に彼の悲壮な覚悟に気付き始める。そして対中日戦で完全試合を達成、球史に名を残した代償として左腕を完全に壊し、選手生命を失う。(ここから原作版)翌年(1971年)オフ、左門と京子の結婚式を密かに見届けた彼はどこへともなく姿を消し、以降数年間は完全に消息を絶った。星飛雄馬 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の音楽

    1971年の音楽から見た藤圭子藤圭子

    4位 クール・ファイブ/藤圭子:『演歌の共演/清と圭子』1971年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • ご存じ金さん捕物帳

    ご存じ金さん捕物帳から見た藤圭子藤圭子

    中盤以降は主演の橋幸夫の歌手としての面を活かすためか、主題歌や挿入歌を劇中で歌う場面が毎回のように挿入され、藤圭子、三田明、内田あかり等、当時活躍中の歌手がゲストに起用された。ご存じ金さん捕物帳 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田拓郎

    吉田拓郎から見た藤圭子藤圭子

    1972年「旅の宿」のリリース中に「テレビ出演拒否」を行う。理由は、テレビを最大限利用した藤圭子のような既成のプロ歌手とは逆の「テレビを拒否したところにいるプロ歌手でいよう!」と考えた意地だったと述べている。「テレビ出演拒否」は、拓郎を神格化させた大きな要素となるという見方もある。吉田拓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 別れの一本杉

    別れの一本杉から見た藤圭子藤圭子

    2006年11月22日にキングレコードから、春日八郎、三橋美智也、大川栄策、北島三郎、藤圭子、美空ひばり、村田英雄、鳥羽一郎、船村徹、中村美津子、天童よしみ、原田悠里、大月みやこ、細川たかし、五木ひろし、西方裕之が歌った「別れの一本杉」を収録したアルバム『別れの一本杉は枯れず』が発売された(ギター演奏のみの斉藤功と木村好夫を含めて計18トラック)。これらの「別れの一本杉」のうち、シングルレコードとして発売されたのは春日が歌唱したもののみである。別れの一本杉 フレッシュアイペディアより)

  • 浪曲

    浪曲から見た藤圭子藤圭子

    柳家小半治 - 三遊亭圓右 - 堺正章 - 藤圭子 - 内藤やす子 - 泉ピン子 - 親族に浪曲師を持つ芸能人。浪曲 フレッシュアイペディアより)

  • 涙のキッス

    涙のキッスから見た藤圭子藤圭子

    自身のシングル自己最高記録となる7週連続1位を記録して累計154.9万枚(オリコン調べ)売り上げて、シングルで初めてミリオンセラーを達成した。この時同発の「シュラバ★ラ★バンバ」は週間2位となり、オリコンチャートでの1・2フィニッシュを達成し、2週連続1・2位を記録した。この記録は藤圭子、松田聖子に次いで史上3組目の達成である。涙のキッス フレッシュアイペディアより)

  • W FACE 〜inside・outside〜

    W FACE 〜inside・outside〜から見た藤圭子藤圭子

    『W FACE 〜outside〜』と『W FACE 〜inside〜』がそれぞれ初週2万246枚、2万157枚を売り上げ、3月20日付でオリコン週間アルバムランキング1位と2位にランクインした。女性ソロアーティストがオリジナルアルバムで1・2位を独占したのは、藤圭子が『新宿の女/“演歌の星”藤圭子のすべて』と『女のブルース』(1970年7/27付)で記録して以来、46年8ヶ月ぶり2人目の快挙。ベスト盤を含めると、浜崎あゆみ、JUJU、西野カナが達成している。個人としてはアルバム首位獲得は通算11作目で、オリジナル盤では9作連続となる。W FACE 〜inside・outside〜 フレッシュアイペディアより)

  • 1951年

    1951年から見た藤圭子藤圭子

    7月5日 - 藤圭子、歌手(+ 2013年)1951年 フレッシュアイペディアより)

130件中 101 - 110件表示