130件中 111 - 120件表示
  • SAKURAドロップス/Letters

    SAKURAドロップス/Lettersから見た藤圭子藤圭子

    このシングルのリリース以後に開催された全ての国内ライブで「SAKURAドロップス」「Letters」がともに披露されている(全米ツアーにおいても「SAKURAドロップス」が披露されている)。PVでは伊藤若冲の『鳥獣花木図屏風』や『動植綵絵』が使用されている。また、幼い頃からニューヨークでの生活を安定させるため、日本で場末のキャバレーなど地方回りをして稼ぐ母の藤圭子は、娘の知らぬ間に仕事へ出掛けていたことから、宇多田は「Letters」で「いつも置き手紙 ああ夢の中でも 電話越しでも ああ声を聞きたいよ」と歌っている。SAKURAドロップス/Letters フレッシュアイペディアより)

  • アカシアの雨がやむとき

    アカシアの雨がやむときから見た藤圭子藤圭子

    「アカシアの雨がやむとき」は、多くの歌手にカバーされている。1960年?70年代前後では美空ひばり、青江三奈、ちあきなおみ、藤圭子といった当時の第一線で活躍していた歌手がレコードに吹き込んだ。小林旭や氷川きよしなど、男性歌手にもカバーされているほか、1980年代以降では『第16回思い出のメロディー』(NHK、1984年)において松田聖子が「母がよく口ずさんでいた」という理由で披露したり、工藤静香がカバー・アルバムで取り上げたりと、世代を越えて演歌系でない歌手にもカバーされている。特に戸川純のカバーは、曲の初めと終わりに学生運動風の効果音を挿入しているのが特徴的である。アカシアの雨がやむとき フレッシュアイペディアより)

  • 松田聖子

    松田聖子から見た藤圭子藤圭子

    オリコン首位・2位同時獲得:(「瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」・「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」・1983年11月7日付)(藤圭子に次いで2人目)松田聖子 フレッシュアイペディアより)

  • 8月22日

    8月22日から見た藤圭子藤圭子

    2013年 - 藤圭子、歌手、宇多田ヒカルの母(* 1951年)8月22日 フレッシュアイペディアより)

  • 玉川良一

    玉川良一から見た藤圭子藤圭子

    『生きてるだけの女』(歌唱:藤圭子玉川良一 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿ゴールデン街

    新宿ゴールデン街から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「新宿の女」 - 新宿の盛り場を舞台としている新宿ゴールデン街 フレッシュアイペディアより)

  • LOVE AFFAIR 〜秘密のデート

    LOVE AFFAIR 〜秘密のデートから見た藤圭子藤圭子

    ライブでは2番以降がその時の時事ネタや、ツアー先の土地のネタ、藤圭子のファンであった桑田が当時ブレイクしていた宇多田ヒカルを聴き始めたこと、ファンへの感謝の気持ち等を盛り込んだ歌詞に変えて歌われた。LOVE AFFAIR 〜秘密のデート フレッシュアイペディアより)

  • Fantome

    Fantomeから見た藤圭子藤圭子

    このアルバムは、宇多田が2013年に亡くなった母・藤圭子に捧げる作品として、2015年3月から本格的に制作が開始された。アルバムタイトルは、輪廻という視点から「気配」という言葉を採用。英語や日本語では適当ではないと考え、フランス語で「幻」や「気配」を意味する「Fantôme」を選んだ。「私という存在は母から始まったんだから、彼女の存在を“気配”として感じるのであればそれでいい」という宇多田の思いが込められている。Fantome フレッシュアイペディアより)

  • さすらいの太陽

    さすらいの太陽から見た藤圭子藤圭子

    原作漫画は当時の人気歌手、藤圭子をモデルとしている。また、初めて芸能界を描いたアイドルアニメでもある。さすらいの太陽 フレッシュアイペディアより)

  • 小川順子

    小川順子から見た藤圭子藤圭子

    同年末の「第17回日本レコード大賞」他、多くの新人賞を受賞した。この年は細川たかし、岩崎宏美、片平なぎさ、太田裕美らと最優秀新人賞を争った。当時は「第二の藤圭子"」ともいわれ、自身も本格的な演歌を望んでいた。小川順子 フレッシュアイペディアより)

130件中 111 - 120件表示