4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
130件中 121 - 130件表示
  • 1972年

    1972年から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「京都から博多まで」「花は流れて」1972年 フレッシュアイペディアより)

  • 演歌歌手

    演歌歌手から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子(ふじ けいこ)演歌歌手 フレッシュアイペディアより)

  • 徹子の部屋

    徹子の部屋から見た藤圭子藤圭子

    第3回・第4回(2017年2月6日・7日) - 高峰秀子→高田浩吉→鶴田浩二→夏目雅子→村田英雄→浦辺粂子→上原謙→岡田嘉子→大屋政子→山田五十鈴→松本清張→松田優作→藤島利彰→藤田まこと→藤圭子→藤間紫→小森和子→児玉清→江戸家猫八徹子の部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 京都市

    京都市から見た藤圭子藤圭子

    京都から博多まで(藤圭子京都市 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道員 (小説)

    鉄道員 (小説)から見た藤圭子藤圭子

    夢は夜ひらく(歌:藤圭子 吉岡肇が歌っていた曲)鉄道員 (小説) フレッシュアイペディアより)

  • シュラバ★ラ★バンバ

    シュラバ★ラ★バンバから見た藤圭子藤圭子

    オリコンシングルチャートでは「涙のキッス」が初登場1位、そして本作が初登場2位と、サザン初のオリコンチャート1,2フィニッシュとなり、オリコンの歴史上藤圭子、松田聖子に次ぐ3組目の記録でもある。更にこの時は2週連続で記録しており、こちらは藤圭子に次ぐ史上2組目の記録である。また、累計96.9万枚(オリコン調べ)を記録した。シュラバ★ラ★バンバ フレッシュアイペディアより)

  • 週刊少年マガジン

    週刊少年マガジンから見た藤圭子藤圭子

    多数の女性芸能人を輩出しているオーディション企画ミスマガジンを始め、グラビアアイドルや人気女優などのカラーグラビアも積極的に行なっている。また、「マガジン一押し!若手アイドル○連発」などと銘打ってまだ知名度の低いグラビアアイドルをまとめて掲載する企画が不定期で行なわれており、中には乙葉や小倉優子など、その後知名度が高くなった女性タレントも出演していた。しかし、2000年代後半以後はすでにテレビで活躍している女性タレント(スザンヌ、南明奈など)が出演することが多い。稀に男性芸能人が出演することもあり、2015年42号では男女4人組バンドのSEKAI NO OWARIが出演した。ちなみに本誌の表紙を飾った最初の女性芸能人は1970年43号の藤圭子、表紙を飾った最初の水着アイドルは1972年33号の山口いづみである。週刊少年マガジン フレッシュアイペディアより)

  • 新宿区

    新宿区から見た藤圭子藤圭子

    「新宿の女」:藤圭子。西向天神社に歌碑がある。新宿区 フレッシュアイペディアより)

  • 前川清

    前川清から見た藤圭子藤圭子

    1971年に藤圭子と結婚したが翌年に離婚。一時期、アン・ルイスとのロマンスも噂された。「欽ドン!」出演時(1970年代後半)、萩本欽一が「会わせたい人がいる」と前川を一人置いて舞台からいなくなった後に、何の前触れもなく元妻の藤が登場したことがある。それまでボケキャラ(演技)で客席を沸かせていた前川だったが、いきなり藤と二人きりにされたため、真顔に戻って絶句してしまった。前川清 フレッシュアイペディアより)

  • 村岡食品工業

    村岡食品工業から見た藤圭子藤圭子

    アニメーション映像に藤圭子がCMソングを歌うCMが放映されていた。村岡食品工業 フレッシュアイペディアより)

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ
130件中 121 - 130件表示