105件中 11 - 20件表示
  • 小川順子

    小川順子から見た藤圭子藤圭子

    父親は瀬戸内海航路の船長。中学時代は器械体操で県大会入賞。順心女子学園高校在学中の1975年4月、徳間音工から『夜の訪問者』でデビュー。軽いハスキーな声を回すようにして歌う独得の歌唱が受け、同曲は大ヒットした。続く『男の世界』もまずまずのヒット。同年第17回日本レコード大賞他、多くの新人賞を受賞した。この年は細川たかし、岩崎宏美、片平なぎさ、太田裕美とのレコード大賞最優秀新人賞争いであった。当時は"第二の藤圭子"といわれ、自身も本格的な演歌を望んでいた。しかし会社の方針で正統派の演歌を歌わないまま、その後はヒットに恵まれず、3年後の1978年3月をもって芸能界を引退した。当時のマスコミ発表では、母親が病気で倒れて看病をするため、との説明だった。医師と結婚したのは引退後と思われる。少し先輩となる浅田美代子と仲が良く、現在も浅田の話に時折名前が出る。小川の娘がニューヨークの大学を卒業した2007年には、浅田は小川と一緒に卒業式に参加したという。(はなまるマーケット、2007年8月2日)小川順子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭似子

    藤圭似子から見た藤圭子藤圭子

    藤圭似子 フレッシュアイペディアより)

  • 馬渕玄三

    馬渕玄三から見た藤圭子藤圭子

    出演 芦田伸介、藤圭似子(藤圭子)、近藤正臣馬渕玄三 フレッシュアイペディアより)

  • うしろ姿 (矢吹健の曲)

    うしろ姿 (矢吹健の曲)から見た藤圭子藤圭子

    ほかにも、藤圭子、天童よしみ、松方弘樹、八代亜紀、黒沢明とロス・プリモスらがカヴァーしている。うしろ姿 (矢吹健の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 波止場女のブルース

    波止場女のブルースから見た藤圭子藤圭子

    発売されて間もなくオリコンのBEST10に初登場した。藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」とヒデとロザンナ「愛は傷つきやすく」に阻まれて2位止まりとなるが、45万枚を超すセールスを記録した。波止場女のブルース フレッシュアイペディアより)

  • 小西良太郎

    小西良太郎から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子 - ベスト・アルバム『藤圭子 伝説の名曲』とCD-BOX『聞いて下さい私の人生〜藤圭子コレクション』でライナーノーツ執筆小西良太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 花のステージ

    花のステージから見た藤圭子藤圭子

    1979年1月11日から司会が植木等に代わる。また同年6月には司会に宇崎竜童も加わり、植木率いる「植木等チーム」と宇崎率いる「宇崎竜童チーム」の対決形式で構成する歌謡ショーとなる。例えば、植木等率いる「ひらがな・カタカナチーム」(ゲスト歌手:フランク永井、ジュディ・オング、さとう宗幸)と、宇崎竜童率いる「漢字チーム」(ゲスト歌手:田辺靖雄、藤圭子、欧陽菲菲)の対抗歌合戦 [過去放送分]… といった具合に、毎週異なる一つのテーマを掲げ、ゲスト歌手が二手に分かれてチーム対抗戦を繰り広げる。花のステージ フレッシュアイペディアより)

  • 劇団シニアグラフィティ

    劇団シニアグラフィティから見た藤圭子藤圭子

    第3回公演 昭和歌謡シアター「新宿の女」(1969年、藤圭子劇団シニアグラフィティ フレッシュアイペディアより)

  • 西田佐知子歌謡大全集

    西田佐知子歌謡大全集から見た藤圭子藤圭子

    園まりが有名であるが、別歌詞の「圭子の夢は夜ひらく」(歌: 藤圭子)も大ヒットしている。西田佐知子歌謡大全集 フレッシュアイペディアより)

  • 渡部やえ

    渡部やえから見た藤圭子藤圭子

    元々は女優志望だったが、藤圭子を育てた作詞・作曲家の石坂まさをに発掘され、2008年12月に歌手としてデビュー。中学時代はブラスバンド部に所属しユーフォニウムで全国大会に導いた。現在は歌手として、全国各地の七福神巡りに参加し、各お寺や神社に「ハイよろこんで七福神」を奉納したり、エコや環境問題に取り組んだ9大都市カラオケ&ダンスイベント「唱舞」にチャリティーゲストとして参加しつつ、女優やモデル活動も展開している。渡部やえ フレッシュアイペディアより)

105件中 11 - 20件表示

「藤圭子」のニューストピックワード