105件中 31 - 40件表示
  • 新宿の女

    新宿の女から見た藤圭子藤圭子

    「新宿の女」(しんじゅくのおんな)は、1969年9月に藤圭子がリリースしたシングル。発売元はRCA/日本ビクター。オリコンチャートでの最高位は9位にとどまったが、ロングヒットとなった。新宿の女 フレッシュアイペディアより)

  • 京都から博多まで

    京都から博多までから見た藤圭子藤圭子

    「京都から博多まで」(きょうとからはかたまで)は、藤圭子のシングルレコードである。1972年1月25日発売。発売元はRCAレコード。レコード品番はJRT-1207。京都から博多まで フレッシュアイペディアより)

  • みちのく小唄

    みちのく小唄から見た藤圭子藤圭子

    「みちのく小唄」(みちのくこうた)は、藤圭子のシングルレコードである。1971年6月5日発売。発売元はRCAレコード。レコード品番はJRT-5。みちのく小唄 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子 伝説の名曲

    藤圭子 伝説の名曲から見た藤圭子藤圭子

    『藤圭子 伝説の名曲』(ふじけいこ でんせつのめいきょく)は、藤圭子のベスト・アルバムである。1999年10月21日発売。発売元はBMGファンハウス。規格品番はBVCK-37046。藤圭子 伝説の名曲 フレッシュアイペディアより)

  • 酒場

    酒場から見た藤圭子藤圭子

    歌謡曲 - 「哀愁酒場」、藤圭子の楽曲。酒場 フレッシュアイペディアより)

  • 松井由利夫

    松井由利夫から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子:『はしご酒』『新宿夢通り』松井由利夫 フレッシュアイペディアより)

  • 北国の春

    北国の春から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子 - アルバム『GOLDEN☆BEST 藤圭子 ヒット&カバーコレクション 艶歌と縁歌』収録北国の春 フレッシュアイペディアより)

  • 星飛雄馬

    星飛雄馬から見た藤圭子藤圭子

    だが、この頃より激情家として知られる性格が一転、何かを悟りきったかの如き状態になり、ファンや周囲を大切にする姿勢も徐々に薄れていく。これは言うまでもなく3号が彼の(左投手としての)選手生命を確実に絶つ、文字通りの“魔球”である事を知っていたからだった。この頃「スター千一夜」に出演して(当時の)各界の有名人(藤圭子、沢村忠ら)と対談した際は、場の空気を完膚なきまでにぶち壊す発言を連発、司会の石坂浩二を困惑させた事もあった。ライバル達も彼の変化を敏感に察知、次第に彼の悲壮な覚悟に気付き始める。そして対中日戦で完全試合を達成、球史に名を残した代償として左腕を完全に壊し、選手生命を失う。(ここから原作版)翌年(1971年)オフ、左門と京子の結婚式を密かに見届けた彼は何処へともなく姿を消し、以降数年間は完全に消息を絶ってしまうのであった。星飛雄馬 フレッシュアイペディアより)

  • ときめきのルンバ

    ときめきのルンバから見た藤圭子藤圭子

    前作「浪曲一代」に続き、通算3作目の首位獲得となった。これは、演歌・歌謡歌手では森進一、藤圭子、細川たかしの保持していた2作を更新し、歴代最多となる。また、前作同様コンサートがあった週には売り上げが大幅に伸びる現象がおきている。ときめきのルンバ フレッシュアイペディアより)

  • 林家パー子

    林家パー子から見た藤圭子藤圭子

    タレントになる前は歌手を目指し、作曲家の石坂まさをに弟子入りしていた。藤圭子は妹弟子というエピソードが過去に『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』でも紹介された。番組によればミス赤羽小町であったと云う。林家パー子 フレッシュアイペディアより)

105件中 31 - 40件表示

「藤圭子」のニューストピックワード