130件中 51 - 60件表示
  • 松島紀行

    松島紀行から見た藤圭子藤圭子

    2010年(平成22年)4月19日付オリコン週間シングルチャートにおいて、水森にとって自己最高位の初登場2位を獲得。女性演歌歌手によるシングル初登場TOP3入りは城之内早苗の「あじさい橋」(1986年6月23日付で記録)以来23年10ヶ月ぶり、かつ、史上2人目の記録である。また、これによりシングルの連続初登場TOP10入り記録が7作に達し、藤圭子が1971年(昭和46年)に記録した6作連続を抜き女性演歌歌手としての最高記録を更新した。松島紀行 フレッシュアイペディアより)

  • 旭川市立神居中学校

    旭川市立神居中学校から見た藤圭子藤圭子

    主な卒業生に、藤圭子、玉置浩二、鈴木貴久、成田郁久美(人物の項目も参照)旭川市立神居中学校 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿の女

    新宿の女から見た藤圭子藤圭子

    「新宿の女」(しんじゅくのおんな)は、1969年9月に藤圭子がリリースしたシングル。発売元はRCA/日本ビクター。新宿の女 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本真人

    杉本真人から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「東京迷路」(作曲)杉本真人 フレッシュアイペディアより)

  • 内藤やす子

    内藤やす子から見た藤圭子藤圭子

    徳光和夫の名曲にっぽん(BSジャパン、2017年7月21日)『想い出ぼろぼろ』、藤圭子との出会いエピソードを語り『圭子の夢は夜ひらく』を熱唱。内藤やす子 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山雅仁

    丸山雅仁から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「新宿挽歌」(編曲)丸山雅仁 フレッシュアイペディアより)

  • 花のステージ

    花のステージから見た藤圭子藤圭子

    1979年1月11日から司会が植木等に代わる。また同年6月には司会に宇崎竜童も加わり、植木率いる「植木等チーム」と宇崎率いる「宇崎竜童チーム」の対決形式で構成する歌謡ショーとなる。例えば、植木率いる「ひらがな・カタカナチーム」(ゲスト歌手:フランク永井、ジュディ・オング、さとう宗幸)と、宇崎率いる「漢字チーム」(ゲスト歌手:田辺靖雄、藤圭子、欧陽菲菲)の対抗歌合戦 [過去放送分]…といった具合に、毎週異なる一つのテーマを掲げ、ゲスト歌手が二手に分かれてチーム対抗戦を繰り広げる。花のステージ フレッシュアイペディアより)

  • 赤坂の夜は更けて/女の意地

    赤坂の夜は更けて/女の意地から見た藤圭子藤圭子

    「赤坂の夜は更けて」は、島倉千代子・和田弘とマヒナスターズ・三島敏夫・武井義明ら他歌手と競作となったが、最もヒットした(一般的に最もメジャーな)ものが西田佐知子版である。のちにちあきなおみ・藤圭子・麻生よう子など、そのときどきの流行歌手にカヴァーされている。 歌詞は2コーラス分しかないが、西田版は1コーラス分丸々間奏がある。また、1965年大晦日放送の『第16回NHK紅白歌合戦』に出演し(連続5回目)、本楽曲を披露した。赤坂の夜は更けて/女の意地 フレッシュアイペディアより)

  • 誘惑 (GLAYの曲)

    誘惑 (GLAYの曲)から見た藤圭子藤圭子

    「SOUL LOVE」との同時発売で、2週連続でオリコン1位2位を独占した。1位2位独占の記録は1970年の藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」「女のブルース」、1983年の松田聖子「瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」、1992年のサザンオールスターズ「涙のキッス」「シュラバ★ラ★バンバ」に続くオリコン史上4度目の記録である。誘惑 (GLAYの曲) フレッシュアイペディアより)

  • 劇団シニアグラフィティ

    劇団シニアグラフィティから見た藤圭子藤圭子

    第3回公演 昭和歌謡シアター「新宿の女」(1969年、藤圭子劇団シニアグラフィティ フレッシュアイペディアより)

130件中 51 - 60件表示