105件中 71 - 80件表示
  • 2009年の音楽

    2009年の音楽から見た藤圭子藤圭子

    8月25日 - 氷川きよしがシングル「ときめきのルンバ」でオリコン週間シングルチャート1位を記録。演歌ソロ歌手による通算3作首位獲得は、森進一、藤圭子、細川たかしの保持していた2作を更新し、歴代最多となる。2009年の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 芸能浅間神社

    芸能浅間神社から見た藤圭子藤圭子

    敷地内には、藤圭子の『圭子の夢は夜ひらく』の歌碑が建立されている。芸能浅間神社 フレッシュアイペディアより)

  • 花園神社

    花園神社から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子(1970年(昭和45年)のヒット曲『圭子の夢は夜ひらく』の歌碑が建立されている)花園神社 フレッシュアイペディアより)

  • 山本あき

    山本あきから見た藤圭子藤圭子

    2000年に金沢市役所企画イベントの一環として、市内の繁華街でギター片手に「流し」を体験。演歌をはじめ、次第に大衆歌謡曲にも興味を持つようになっていった。特に、藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」には強い感銘を受け、現在もコンサートなどで自らの弾き語りで披露している。翌年に本格的に演歌のレッスンを開始。作曲家の聖川湧の門下生としてデビューまでの間、アルバイトで生活費を捻出しながらの下積みやレッスンが続いた。山本あき フレッシュアイペディアより)

  • 宇多田照實

    宇多田照實から見た藤圭子藤圭子

    山口県山口市徳地町藤木の出身。ベトナム戦争に参加した経験を持つ。16歳で渡米した事もあり英語が万能である。妻は演歌歌手の藤圭子。藤とは何度も離婚と再婚(復縁)を繰り返しており、中には離婚してから2週間後に再婚したこともあった。娘はシンガーソングライターの宇多田ヒカルである。宇多田照實 フレッシュアイペディアより)

  • 丸山雅仁

    丸山雅仁から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「新宿挽歌」(編曲)丸山雅仁 フレッシュアイペディアより)

  • 松井忠重

    松井忠重から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「東京迷路」(編曲)松井忠重 フレッシュアイペディアより)

  • 園 まり

    園まりから見た藤圭子藤圭子

    洋楽の日本語カバー「マッシュ・ポテト・タイム」「太陽はひとりぼっち」「女王蜂」「花はどこへ行った」などをスマッシュヒットさせるが、本格的な大ヒットは、東京オリンピックが開催された1964年発売「何も云わないで」。その後に「逢いたくて逢いたくて」「夢は夜ひらく」「何んでもないわ」「愛は惜しみなく」 とたて続けに大ヒットを飛ばし、甘く囁くように歌う独特の歌唱法で一世を風靡し(園まり節と呼ばれる)、園まりの世界を確立。特に「夢は夜ひらく」は数名の歌手の競作になったが園まり版がダントツのヒットでムード歌謡の定番となり、後に藤圭子バージョンも大ヒットした。これら3作は同名タイトルで日活で映画化され、いずれもヒットした。NHK紅白歌合戦には1963年から1968年まで6回連続出場。(1963年の「キューティ・パイ・メドレー」と1964年の「夢見る想い」は、中尾・伊東と三人娘で歌唱)園まり フレッシュアイペディアより)

  • セクシャルバイオレットNo.1

    セクシャルバイオレットNo.1から見た藤圭子藤圭子

    なお、オリコンチャートでは本作の前にさだまさしの「関白宣言」が1位を獲得しており、本作の次にはさだの「親父の一番長い日」が1位になっている。本作は「関白宣言」の前に3週連続で2位に甘んじており、その後1位を獲得した経緯がある。本作が1位になっている間も『関白宣言』が2位をキープし、本作が3週連続1位になった週は2位と3位にさだの2作がチャートインしていた。そのため、本作によってさだまさしの"同一歌手による別作品での連続チャート1位"を防いだことになる(当時シングルチャートでは藤圭子とピンク・レディーのみしか達成していない記録であった)。セクシャルバイオレットNo.1 フレッシュアイペディアより)

  • 西谷翔

    西谷翔から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「蝶よ花よと」西谷翔 フレッシュアイペディアより)

105件中 71 - 80件表示

「藤圭子」のニューストピックワード