105件中 81 - 90件表示
  • 1972年

    1972年から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「京都から博多まで」「花は流れて」1972年 フレッシュアイペディアより)

  • サム・テイラー

    サム・テイラーから見た藤圭子藤圭子

    命預けます(1970.10.10)/藤圭子『命預けます』サム・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • 彩木雅夫

    彩木雅夫から見た藤圭子藤圭子

    さいはての女(歌:藤圭子、作詞:石坂まさを、編曲:池多孝春) - 1971年、RVC彩木雅夫 フレッシュアイペディアより)

  • 杉本真人

    杉本真人から見た藤圭子藤圭子

    藤圭子「東京迷路」(作曲)杉本真人 フレッシュアイペディアより)

  • 曽根幸明

    曽根幸明から見た藤圭子藤圭子

    自作曲としては勝新太郎の「座頭市子守唄」、細川たかしの「いつかどこかで」、山川豊の「流氷子守歌」、森進一の「銀座の女」、藤圭子ほか「夢は夜ひらく」(練馬少年鑑別所で唱われていた俗曲を補作したもの)、藤圭子「命預けます」(編曲)などが代表作である。曽根幸明 フレッシュアイペディアより)

  • 新宿区

    新宿区から見た藤圭子藤圭子

    「新宿の女」:藤圭子。西向天神社に歌碑がある。新宿区 フレッシュアイペディアより)

  • 巨人の星

    巨人の星から見た藤圭子藤圭子

    1970年、消える魔球を打たれて勝手に帰宅した飛雄馬がテレビをつけ、野球中継からチャンネルを変えると藤圭子が「圭子の夢は夜開く」を歌っていた。巨人の星 フレッシュアイペディアより)

  • アンサーソング

    アンサーソングから見た藤圭子藤圭子

    私は京都へ帰ります(藤圭子) ← 京都から博多まで(同)アンサーソング フレッシュアイペディアより)

  • 金平正紀

    金平正紀から見た藤圭子藤圭子

    プロモーターとしてまとめた世界タイトルマッチ級の試合は100を超え、米国のドン・キングになぞらえ「日本のドン」、あるいは「顔役」などの異名を取った。自らは「業界の暴れん坊」を自称、日本テレビとの衝突を切っ掛けとして東京12チャンネル(現テレビ東京)の運動部長・白石剛達に接近し1971年、『KO(ノックアウト)ボクシング』を放送開始させる。1972年には王座を明け渡した西城を擁してキックボクシングの興行にも乗り出す。全日本ボクシング協会から利敵行為だと除名され、同名の「第二協会」を結成し後の協会会長木村七郎らと対立した(黒い霧事件)が、1980年、両協会の和解に伴う会長選で2期目を狙っていた元同僚三迫仁志を退けて当選し全日本ボクシング協会会長に就任した。また田中敏朗と共にパブリック・マネージャー制度導入に尽力。ボクシングのみならず(競泳選手育成を中心とした)水泳施設(スポーツクラブ・スイミングスクール)の経営にも側近・愛弟子の若林敏郎(後の協栄スポーツクラブ十日市場オーナー)を用いて取り組んだ。この他、藤圭子の1981年のカムバックは、事業家・藤原成郷に頼まれ芸能界にも顔がきく金平が、藤のかつての所属事務所・新栄プロダクションの西川幸男社長(西川哲、西川賢の父)を説得したもの。金平正紀 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の音楽

    1971年の音楽から見た藤圭子藤圭子

    4位 クール・ファイブ/藤圭子:『演歌の共演/清と圭子』1971年の音楽 フレッシュアイペディアより)

105件中 81 - 90件表示

「藤圭子」のニューストピックワード