116件中 51 - 60件表示
  • 藤圭子

    藤圭子から見た火葬

    2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書など見つかっていないが、衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された。喪主の宇多田ヒカル側は「遺言書がある」と主張して葬儀は行わず、宇多田父子ら親族関係者の数名が火葬に立ち会う直葬となった。また藤の実家の阿部家側によって、後日ファン有志とともに「しのぶ会」が挙行された。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た統合失調症

    しかし、その浪費癖は資産を食い潰すまでにエスカレートし、それが原因で家族から孤立して不和状態になるなどの事態に発展。医師からはパニック障害と診断されたという報道もあったが、感情が抑制出来ない、奇行に走るといった症状からパニック障害とは考えにくく、精神科医の和田秀樹は統合失調症と鬱病が混合した統合失調感情障害であったのではないかと分析している。統合失調感情障害は双極性障害に統合失調の症状が現れたものである。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たカジノ

    芸能界の中でも極めて金遣いが荒く、5年間ファーストクラスで世界中を旅行したり、滞在先のカジノでギャンブルやホスト遊びをするなど、浪費家として知られていた。生前のインタビューでは、5年間で遣った金額は5億円にも上ると豪語していた。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た浪曲

    幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)、三味線瞽女の母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)の門付に同行。旅回りの生活を送り、自らも歌った。旭川市立神居中学校卒業。勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念。15歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿が作曲家・八洲秀章の目に留まり、上京。約1年間、初代林家三平宅に下宿する。1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たドメスティックバイオレンス

    1971年、当時ともに絶頂期であった内山田洋とクール・ファイブのボーカル前川清と結婚するが、大スター同士の結婚生活はすれ違いが重なり、翌1972年に離婚。1974年、喉のポリープの手術を受け、かつてより歌に幅がなくなったことを悔やみ、引退を考え始める。最愛の母を父のDVから守るために離婚させ、それを契機に引退を発表。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たソニー・ミュージックエンタテインメント (日本)

    1979年に1度引退したが、RCAレコードからCBSソニーに移籍。1981年に第一弾となるシングル「螢火」を藤 圭似子名義で発表した。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た日本放送協会

    ふりむくな鶴吉 第16話「寒椿」(1975年、NHK藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たアリオラジャパン

    幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)、三味線瞽女の母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)の門付に同行。旅回りの生活を送り、自らも歌った。旭川市立神居中学校卒業。勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念。15歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿が作曲家・八洲秀章の目に留まり、上京。約1年間、初代林家三平宅に下宿する。1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たアール・エフ・ラジオ日本

    娘の宇多田ヒカルがデビューしたばかりの頃、アール・エフ・ラジオ日本で青江三奈がDJを務める番組にゲスト出演し、娘自慢を繰り広げた。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た日活

    盛り場流し唄 新宿の女(1970年、日活藤圭子 フレッシュアイペディアより)

116件中 51 - 60件表示