116件中 81 - 90件表示
  • 藤圭子

    藤圭子から見た音楽プロデューサー

    別居中だった夫は音楽プロデューサーの宇多田照實、娘は歌手の宇多田ヒカル。元夫はムード歌謡歌手の前川清。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た日本歌謡大賞

    11月9日 - 第1回日本歌謡大賞大賞を受賞。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た双極性障害

    しかし、その浪費癖は資産を食い潰すまでにエスカレートし、それが原因で家族から孤立して不和状態になるなどの事態に発展。医師からはパニック障害と診断されたという報道もあったが、感情が抑制出来ない、奇行に走るといった症状からパニック障害とは考えにくく、精神科医の和田秀樹は統合失調症と鬱病が混合した統合失調感情障害であったのではないかと分析している。統合失調感情障害は双極性障害に統合失調の症状が現れたものである。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見たSTAR (U3のアルバム)

    STAR(1993年9月17日)藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た情報番組

    藤は、2006年10月22日放送の情報番組『スタ☆メン』(フジテレビ系)にインタビュー出演し、「この5年間ほとんど日本に帰らず、世界中を旅している。ファーストクラスのチケット代、(各国の高級)ホテル宿泊代などで、5年間で5億円は使った」「カジノでは現金所持が当たり前」「アメリカはカード社会や小切手社会とされているが、現金(の使用)が主流である」と主張した。また、麻薬探知犬が反応したことに関しては「麻薬とは一切関係がない」と否定した。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た旭川市

    岩手県一関市生まれ、北海道旭川市育ち。1960年代末から1970年代初頭にかけて、夜の世界に生きる女の感情を描いた暗く陰鬱な楽曲(『怨歌』)を、独特のドスの効いたハスキーボイスで伸びやかかつ深々と歌い上げ、その可憐な風貌とのギャップも相俟って一世を風靡した。代表曲は「圭子の夢は夜ひらく」。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た旭川市立神居中学校

    幼い頃から浪曲歌手の父・阿部壮(つよし)、三味線瞽女の母・竹山澄子(2010年に死去。享年80)の門付に同行。旅回りの生活を送り、自らも歌った。旭川市立神居中学校卒業。勉強好きで成績優秀だったが、貧しい生活を支えるために、高校進学を断念。15歳の時に岩見沢で行われた雪祭り歌謡大会のステージで歌う姿が作曲家・八洲秀章の目に留まり、上京。約1年間、初代林家三平宅に下宿する。1969年9月25日、RCAレコードより「新宿の女」でデビュー。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た新宿警察署

    2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺書など見つかっていないが、衣服の乱れや争ったような跡がないことなどから、新宿警察署によって飛び降り自殺を図ったと断定された。喪主の宇多田ヒカル側は「遺言書がある」と主張して葬儀は行わず、宇多田父子ら親族関係者の数名が火葬に立ち会う直葬となった。また藤の実家の阿部家側によって、後日ファン有志とともに「しのぶ会」が挙行された。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た星飛雄馬

    当時人気放送中だった音楽番組『スター千一夜』を描写した場面の中で、「藤圭子」が主人公の星飛雄馬らと共演している。藤圭子 フレッシュアイペディアより)

  • 藤圭子

    藤圭子から見た非情のライセンス

    非情のライセンス 第2シリーズ 第41話「生きてるだけの兇悪」(1975年、NET) - 小倉涼子 役藤圭子 フレッシュアイペディアより)

116件中 81 - 90件表示