前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示
  • 2007年の日本プロ野球

    2007年の日本プロ野球から見た藤川球児藤川球児

    巨人対阪神第21回戦(東京ドーム)は延長10回、阪神が9?8で勝利し、球団25年ぶりの10連勝。リリーフの藤川球児投手がセ・リーグタイ記録となる10試合連続登板で40セーブを記録。2007年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬マキ

    渡瀬マキから見た藤川球児藤川球児

    2007年3月14日、甲子園球場で”every little thing every precious thing ”を入場曲にしている藤川球児と初対面し、曲に対する思いを聞く。渡瀬マキ フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガース

    阪神タイガースから見た藤川球児藤川球児

    、ウィリアムス、藤川球児、久保田智之のJFK、桟原将司、橋本健太郎、江草仁貴など救援投手陣の活躍、更に広島から移籍してきたアンディ・シーツ、金本、今岡誠によるクリーンナップが安定した成績を残した。先発投手陣は井川、福原の不振もあってやや不調だったが、JFKを筆頭とする強力中継ぎ・抑え陣で完全にカバーし、チーム防御率はリーグ1位となった。また、優勝を決定付ける本塁打を放った中村豊、5年連続盗塁王を獲得した赤星、レギュラー初年で2番打者を務めた鳥谷敬、下位打線に座ったシェーン・スペンサーの意外性なども打線の中で大きな役割を担った。この年から導入された交流戦で好成績をあげて首位に立つと、シーズン終了まで1度もその座を譲ることなくリーグ優勝を飾った。この時、下柳が規定投球回未到達ながら最多勝を獲得した。日本シリーズでは千葉ロッテマリーンズと対戦するが、第3戦までに30失点と投手陣が崩壊し4連敗で敗退。阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • every little thing every precious thing

    every little thing every precious thingから見た藤川球児藤川球児

    阪神タイガースの藤川球児選手が登場する際のテーマ曲に使用したことで人気を集め、2007年8月1日に、音源は当時のままだが、藤川の写真をジャケットにし、「球児の歌」として再発売されることとなった。初週に3,629枚を売り上げオリコン38位にランクインした。every little thing every precious thing フレッシュアイペディアより)

  • スーパーバンド

    スーパーバンドから見た藤川球児藤川球児

    スーパーバンドはストリートミュージシャンとして、高知市内での路上ライヴを中心に活動を始めた。2003年12月、高知県の通信企業「くろしお通信サービス」のCMで、CMソングを手掛けると共に出演もしたことから県内で衆目を集めるようになる。2004年3月にリリースしたミニアルバム『明日吹く風』は、前述CMソングのリメイク版「明日吹く風」も収めており、インディーズとしては異例のセールスを記録した。このことで高知県から四国へと知名度が上がり、四国各県でのCMソング採用も増加した。2005年9月リリースのマキシシングル「赤い橋」は全国デビューへの第一歩となり、2006年9月には阪神タイガースの安藤優也のテーマソング「元気だしていこうぜ!!」が収録されたミニアルバム『元気だしていこうぜ!!』でメジャーデビューを果たした。また、2006年6月にマキシシングル「笑顔のゆくえ」をリリースし、現在に至るまで、高知県出身で阪神タイガースの藤川球児らと共に骨髄バンク支援のイベントに参加するなど応援活動を継続している。スーパーバンド フレッシュアイペディアより)

  • 鞘師智也

    鞘師智也から見た藤川球児藤川球児

    2006年9月26日の対阪神戦(甲子園)で、前田智徳の代走として、プロ4年目にして一軍初出場。その後回ってきた初打席では同じ松坂世代・藤川球児のストレートを弾き返すも併殺打。翌27日の試合では6番中堅手でスタメン出場し、もう少しで本塁打という左飛を打つが、結局この年は無安打で終えた。鞘師智也 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川俊介

    藤川俊介から見た藤川球児藤川球児

    、同じく新人の二神一人・藤原正典両投手とともに一軍春季キャンプに抜擢された。藤原がキャンプ終盤に、二神もオープン戦期間中に怪我で脱落する中、藤川は「実戦向き」と評価されたこともあって新人として唯一開幕一軍メンバーに残った。3月26日の横浜ベイスターズとの開幕戦において9回表に桜井広大に代わり、ライトの守備に就きつき初出場を果たす。5月2日の対読売ジャイアンツ戦でプロ初安打となる三塁打、自身の23歳の誕生日となった8月17日の対横浜戦でプロ初本塁打を放った。シーズン中盤以降はスターティングメンバーでの起用も多くなり、シーズンを通して出場選手登録を外れることなく、124試合に出場した。この年は、チームに同姓の藤川球児がいるため、スコアボード上などでは名前が藤川俊と表記されていた(藤川球児参照)が、球団からの勧めもあり、翌2011年から登録名を「俊介」とすることになった。藤川俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 宮出隆自

    宮出隆自から見た藤川球児藤川球児

    は一軍の準レギュラーとして60試合に出場し、打率.277、5本塁打を記録。打者としての実力の片鱗を見せた。同年5月25日の地元松山での凱旋試合で阪神の藤川球児から一軍初本塁打を放っている。は後半戦から5番打者としてクリーンナップの一端を担う。規定打席には達しなかったが、打率.320、8本塁打、46打点の好成績を残した。宮出隆自 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の日本シリーズ

    2005年の日本シリーズから見た藤川球児藤川球児

    (神)●下柳(1敗)、藤川、桟原、橋本、能見 - 矢野、野口2005年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ウィリアムス

    ジェフ・ウィリアムスから見た藤川球児藤川球児

    はセットアッパー専任となり、藤川球児、久保田智之とともに、JFKと呼ばれる阪神の最強リリーフ陣を形成、再び優勝に貢献。75試合に登板し、2004年にブライアン・シコースキーが記録した外国人選手年間最多登板数の62試合を更新。80試合に登板した藤川とともに史上初となるチーム70試合登板コンビとなる。同年11月に持病の左膝半月板の手術を受けた。WBCオーストラリア代表に内定していたものの、手術後であるために辞退。ジェフ・ウィリアムス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
145件中 1 - 10件表示

「藤川球児」のニューストピックワード