145件中 91 - 100件表示
  • 山口俊

    山口俊から見た藤川球児藤川球児

    2008年には被打率.154を記録した平均球速約148km/h、最速157km/hのストレートとスライダーを軸にフォーク・カーブを織り交ぜ、通算の奪三振率は9.10を記録(2012年度シーズン終了時)。特に一軍に定着した2009年からは2年続けてマーク・クルーンと藤川球児に次ぐリリーフ投手中リーグ3位の奪三振率をマークしている。山口俊 フレッシュアイペディアより)

  • 大石達也 (野球)

    大石達也 (野球)から見た藤川球児藤川球児

    藤川球児が引き合いに出されるほどの伸びを誇る最速155km/hのストレートと縦のスライダー、フォークボール、フォークボールの握りから投げるチェンジアップを武器に三振を奪う。カーブも投げることができるが、大学時代は4?5球しか投げなかったという。大石達也 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 堂上剛裕

    堂上剛裕から見た藤川球児藤川球児

    2010年は6月22日から今シーズン2度目の一軍登録され、引退した立浪和義に代わり左の代打として起用されることが多かった。 また7月21日の対横浜戦で6番・右翼手でスタメン出場。弟の直倫と共に兄弟でスタメン出場を果たし、8月6日の阪神戦には、弟の直倫と共に適時打を放ち、ナゴヤドームで兄弟初めてのお立ち台に上がった。9月22日の阪神戦では、9回裏1死満塁の場面で代打として出場。藤川球児から一塁ゴロを放ったが、クレイグ・ブラゼルの本塁悪送球を誘いサヨナラ勝利となり、試合後にお立ち台に上がった。なお、この打席に立つ前に、落合博満監督から、「ボール(球)は振るな、内角は当たれ(死球)。」というアドバイスを貰っていた。最終的に自己最多となる58試合に出場し兄弟で飛躍した年となった。堂上剛裕 フレッシュアイペディアより)

  • 上新電機

    上新電機から見た藤川球児藤川球児

    2003年より阪神タイガースのスポンサーとなり、阪神主催試合での各選手の被るヘルメットに「Joshin」のロゴが入るようになった。翌年からは同じく阪神主催試合での各選手のユニフォームの右袖にも入れられるようになり、関西以外で展開している地域での上新電機の知名度が格段に向上した。なお、ヘルメットのロゴシールと袖のロゴワッペンは店舗で購入することが出来る。今岡誠、赤星憲広、矢野燿大各選手(2008年はこの3名に加え、藤川球児が参加。2009年は、藤川が続投し、今岡・矢野に代わって新井貴浩、鳥谷敬の3選手となった)が同社のCMに出演している他、店舗内で「阪神タイガースの歌」が流れていることや、従業員が阪神のユニフォームを模した縦じまのはっぴを着用していること、各種阪神タイガースデザインの商品(ノートパソコンなど)やグッズの販売を行っていること、一部購入者特典として、グッズや阪神戦チケットのプレゼントを行っていることなども、その象徴である。なお、2003年、2005年に同球団がリーグ優勝した際には優勝セールを全店舗で開催している。阪神主催試合では社長が始球式を行うことがある。上新電機 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田太陽

    藤田太陽から見た藤川球児藤川球児

    は春季キャンプで右ふくらはぎの肉離れを起こして出遅れ、7月24日になって一軍昇格。藤川球児と共に積極的に先発投手として起用され、同年プロ初勝利初完投を記録。は開幕ローテーション入りを果たすが、右肘靭帯の損傷で離脱して6月に右手首からの靭帯移植手術を受けた。藤田太陽 フレッシュアイペディアより)

  • I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave me

    I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave meから見た藤川球児藤川球児

    「Don't leave me」は島田紳助が藤川球児(阪神タイガース)をイメージして作詞をした楽曲で、曲調はハードダンス・ナンバーになっている。2009年7月16日の阪神甲子園球場での対中日戦の始球式に藤本敏史を除くメンバー3人で参加し、里田まいが代表して投球を務めた(が、藤川とはこの日は会っていない)。I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave me フレッシュアイペディアより)

  • 関本大介

    関本大介から見た藤川球児藤川球児

    藤川球児と一打席だけ対戦したことがある。結果はセカンドフライ。関本大介 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た藤川球児藤川球児

    の高校生ドラフトで阪神タイガースから3巡目指名を受け入団。入団当初は藤川球児の名を挙げてリリーフを志望していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 黄金世代

    黄金世代から見た藤川球児藤川球児

    松坂世代 - 松坂大輔、和田毅、藤川球児、杉内俊哉、村田修一、新垣渚、森本稀哲ら1980年4月2日から1981年4月1日までに生まれた選手黄金世代 フレッシュアイペディアより)

  • 福間納

    福間納から見た藤川球児藤川球児

    にシーズン77試合登板のセ・リーグ記録(当時)を達成。同年は「福間、谷間、福間、谷間」といわれるほどの登板機会により稲尾和久が持っていたシーズン登板記録(78試合)に迫り、記録を破るかどうかが注目された。このとき、プロ野球記録の調査研究で知られた宇佐美徹也は当時監督の安藤統男に手紙を書き「稲尾の記録は400イニング以上投げて作られた中身のある記録。中継ぎの登板で形だけの記録更新は考え直してほしい」と訴えた。この手紙が功を奏したかは不明であるが、結局福間の登板記録は稲尾より1試合少ない77試合となった。宇佐美は後に「この年より登板数が少なくても、優勝に貢献した翌年の方がはるかに実のあるシーズンだった」と記している。宇佐美はそれから17年後のに広島の菊地原毅が稲尾の記録に並びそうになった時も、山本浩二監督に同様の手紙を送ったが、結果として菊地原は稲尾に並ぶ78試合に登板した。更にに藤川球児が福間、さらには稲尾や菊地原の記録を上回った時にはそうした批判はほとんど上がらなくなった。これは年代が進むにつれてリリーフ投手の地位が向上した結果といえる。福間納 フレッシュアイペディアより)

145件中 91 - 100件表示

「藤川球児」のニューストピックワード