201件中 91 - 100件表示
  • 2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た藤川球児藤川球児

    セ:大竹(広島)、ルイス(広島)、藤川(阪神)、吉見(中日)●、林昌勇(ヤクルト)、永川(広島) - 石原(広島)、相川(ヤクルト)2009年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た藤川球児藤川球児

    勝利投手:前田健(広島)、敗戦投手:和田(ソフトバンク)、セーブ:藤川球(阪神)2010年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 中西清起

    中西清起から見た藤川球児藤川球児

    現役時代の主力打者だった岡田彰布が阪神の一軍監督に就任した2004年に、一軍投手コーチとして同球団に復帰。高校の後輩・藤川球児をセットアッパーとして大成させたほか、ブルペン担当コーチとして、JFK(ウィリアムス、藤川、久保田智之)やSHE(桟原将司、橋本健太郎、江草仁貴)と称されるリリーフ投手陣の整備で大きな成果を残した。その実績を買われて、2009年からは、二軍投手コーチとしてファーム投手部門の強化に尽力した。中西清起 フレッシュアイペディアより)

  • ミスタータイガース

    ミスタータイガースから見た藤川球児藤川球児

    ミスタータイガースと呼ばれることが多いのは、以上の三名ないし四名であるが、ファンによってはその他の選手をミスタータイガースと呼ぶこともある。まず、ミスタータイガースという言葉が存在しなかった藤村以前の選手としては、戦前のタイガースにおいて投打の中心選手であった景浦將を遡って「零代ミスタータイガース」と呼ぶことがある。また、吉田義男、江夏豊、ランディ・バースといった人気選手は、同時代に一般的に認知されたミスタータイガースが存在するものの、さらにミスタータイガースと呼ばれることがある。掛布以降は、真弓明信、岡田彰布、和田豊、亀山努、新庄剛志、桧山進次郎、今岡誠、藤川球児、赤星憲広、金本知憲、鳥谷敬といった選手が人気を得て、ミスタータイガース(あるいはミスタータイガース候補)と呼ばれたことがあるが、多数のファンが一致してミスタータイガースと呼ぶ選手は現れていないため、掛布引退以降はミスタータイガース不在であるとするのが多数派である。この他にも、実績の少ない若手選手に期待を込めてミスタータイガースの称号を与えるファンもいる。ミスタータイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本プロ野球

    2016年の日本プロ野球から見た藤川球児藤川球児

    阪神タイガースの藤川球児が史上39人目の通算600試合登板を達成。2016年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • みらいのつくりかた

    みらいのつくりかたから見た藤川球児藤川球児

    藤川球児(2016年1月14日、野球)みらいのつくりかた フレッシュアイペディアより)

  • I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave me

    I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave meから見た藤川球児藤川球児

    「Don't leave me」は島田紳助が阪神タイガースの藤川球児をイメージして作詞をした楽曲で、曲調はハードダンス・ナンバーになっている。2009年7月16日の阪神甲子園球場での対中日戦の始球式に藤本敏史を除くメンバー3人で参加し、里田まいが代表して投球を務めた(が、藤川とはこの日は会っていない)。I Believe 〜夢を叶える魔法の言葉〜/Don't leave me フレッシュアイペディアより)

  • ナッシュビル・サウンズ

    ナッシュビル・サウンズから見た藤川球児藤川球児

    2015年5月7日、シカゴ・カブスの和田毅が左太ももの張りのため傘下のアイオワ・カブスとしてファースト・テネシー・パークでサウンズとの対戦で先発し、14日、カブス本拠地のアイオワ州デモインで再度サウンズと対戦した。5月9日および11日、テキサス・レンジャーズの藤川球児が右脚付け根付近の張りのため傘下のラウンドロック・エクスプレスとしてファースト・テネシー・パークでサウンズと対戦した。ナッシュビル・サウンズ フレッシュアイペディアより)

  • タイロン・ウッズ

    タイロン・ウッズから見た藤川球児藤川球児

    、交流戦前まで打率.320など三冠王も狙えるペースだったが、持病の腰痛の影響もあり、打率は徐々に下降。8月16日の対阪神戦で、下柳剛から来日通算200号本塁打を放つなど、本塁打と打点では終盤までタイトルを争ったものの、9月14日の対阪神戦で藤川球児から勝ち越し安打を放って以降は18試合で本塁打1、打点7と精彩を欠き、無冠に終わった。巨人、阪神との三つ巴の優勝争いの時期、ウッズの不振は中日がセ・リーグ連覇を逃した一因にも挙げられた。しかし、この年よりセリーグに導入されたクライマックスシリーズでは、1stステージと2ndステージ合わせて3本塁打を放つなど、勝利に結びつく活躍を何度も見せ、球団史上初の2年連続日本シリーズ進出に大きく貢献した。日本シリーズでは日本一になった第5戦で、この試合の唯一の得点となる平田良介の犠牲フライでホームを踏み、最後の打者となった小谷野栄一の二塁ゴロでウイニングボールを掴んだ。タイロン・ウッズ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ドリス

    ラファエル・ドリスから見た藤川球児藤川球児

    '、ドリスの右肘が実戦で投げられる状態まで回復していることを、球団関係者が1月にドミニカで確認。ドリス自身も、2月16日から沖縄での春季一軍キャンプに参加している。同月22日には、トライアウトを兼ねて紅白戦に救援登板。1回を投げて1点を失ったが、ストレートで最速153km/hを記録したことから、試合後には球団と正式に再契約を結んだ。契約期間は1年で、前年に続いて背番号98'を着用。一軍公式戦の開幕からクローザーを務めると、4月の1ヶ月間で(9登板試合連続セーブを含む)10セーブを挙げたことによって、藤川球児と呉が保持する球団の月間最多セーブ記録に並んだ。以降のシーズンもクローザーに定着。8月23日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では、このシーズンで初めて複数イニング(2イニング)を投げた末に、球団史上3人目の一軍公式戦シーズン30セーブを達成した。結局、セントラル・リーグトップの37セーブでチームのクライマックスシリーズ進出へ貢献するとともに、同リーグ最多セーブ投手のタイトルを初めて獲得した。オフには阪神との契約を延長、年俸は前年から大幅アップの推定1億2500万円で締結した。ラファエル・ドリス フレッシュアイペディアより)

201件中 91 - 100件表示

「藤川球児」のニューストピックワード