201件中 11 - 20件表示
  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た藤川球児藤川球児

    【五輪】全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鞘師智也

    鞘師智也から見た藤川球児藤川球児

    (4年目)、9月26日の阪神タイガース戦(甲子園)で、前田智徳の代走として一軍初出場。その後回ってきた初打席では藤川球児のストレートを弾き返すも併殺打。翌27日の試合では6番中堅手でスタメン出場し、もう少しで本塁打という左飛を打つが、この年は無安打で終えた。鞘師智也 フレッシュアイペディアより)

  • 城島健司

    城島健司から見た藤川球児藤川球児

    監督の和田豊から、9月29日の一軍の対広島東洋カープ戦を引退試合として出場を打診されたが、これを固辞し、同日のウエスタン・リーグにおける対オリックス戦(阪神鳴尾浜球場)が引退試合となった。3番捕手として先発出場し、初回無死一、二塁の場面で中前適時打を放った。直後に代走を送られて退くと、試合中にもかかわらず藤川球児の音頭で胴上げされた。10月18日に任意引退が公示された。日米通算2000安打まで残り163本での現役引退となった。城島健司 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た藤川球児藤川球児

    セ:高橋(広島)、小笠原(中日)、下柳(阪神)、大竹(広島)、藤川(阪神)、久保田(阪神)● - 阿部(巨人)、矢野(阪神)、石原(広島)2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • スーパーバンド

    スーパーバンドから見た藤川球児藤川球児

    スーパーバンドはストリートミュージシャンとして、高知市内での路上ライヴを中心に活動を始めた。2003年12月、高知県の通信企業「くろしお通信サービス」のCMで、CMソングを手掛けると共に出演もしたことから県内で衆目を集めるようになる。2004年3月にリリースしたミニアルバム『明日吹く風』は、前述CMソングのリメイク版「明日吹く風」も収めており、インディーズとしては異例のセールスを記録した。このことで高知県から四国へと知名度が上がり、四国各県でのCMソング採用も増加した。2005年9月リリースのマキシシングル「赤い橋」は全国デビューへの第一歩となり、2006年9月には阪神タイガースの安藤優也のテーマソング「元気だしていこうぜ!!」が収録されたミニアルバム『元気だしていこうぜ!!』でメジャーデビューを果たした。また、2006年6月にマキシシングル「笑顔のゆくえ」をリリースし、現在に至るまで、高知県出身で阪神タイガースの藤川球児らと共に骨髄バンク支援のイベントに参加するなど応援活動を継続している。スーパーバンド フレッシュアイペディアより)

  • エディソン・バリオス

    エディソン・バリオスから見た藤川球児藤川球児

    開幕を一軍で迎え、開幕2戦目の3月28日の対千葉ロッテ戦(福岡ヤフオク!ドーム)で2点リードの8回から登板し、1イニングを3者凡退に抑えて来日初ホールドを記録し、工藤公康・新監督の初勝利にも貢献した。以降は主にリードした展開の8回を担当し、3月28日から5月20日までの17試合に登板し、藤川球児(2005年)の持つプロ野球記録17試合連続ホールドに並んだ(その間5月8日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で13試合のパ・リーグ新記録を更新した)。しかし、18試合目となる5月22日の対日本ハム戦の8回2点リードから登板すると中田翔に同点ツーランホームランを打たれ、新記録達成とはならなかった。その後は6月2日の対横浜DeNAベイスターズ戦では高谷裕亮の捕逸で救援失敗して敗戦投手になり、6月19日、6月24日にも同様に失敗し、10試合で先発投手の勝ち星を4度消す背信投球を行った(セーブ失敗)。その間6月23日の対西武戦では7回1点リードで登板して無失点に抑えた後の8回表に降雨コールドゲームとなり来日初セーブを記録した。6月26日に中継ぎ部門のファン投票1位(2位増田達至と1020票差)となりオールスターゲームへの選出が発表された。しかし、2015年7月16日に出場を辞退することが発表された。エディソン・バリオス フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見た藤川球児藤川球児

    には、開幕から二軍の4番に座り、フレッシュオールスターゲームに出場。阪神タイガース二軍監督の岡田彰布が目玉選手に栗原の名前を挙げ、スタメン4番に据えるなど期待の高さを伺わせた。試合では無安打と結果は出なかった。8月30日に一軍初昇格。9月5日広島市民球場での阪神戦でスタメン出場2試合目に藤川球児からプロ入り初安打となる本塁打を打つ。この年のウエスタン成績は打率.305 6HR 6盗塁でリーグ打撃3位だった。10月に行われた第14回アジア競技大会野球日本代表では、広島からは栗原が派遣された。初の国際試合ながら6番一塁で出場し、中国戦では本塁打を打つなど活躍した。なおこの大会ではプロ各球団一名ずつ選手を出したが、後にチームメートともなる喜田剛も派遣されていた。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • 渡瀬マキ

    渡瀬マキから見た藤川球児藤川球児

    2007年3月14日、”every little thing every precious thing ”を入場曲にしている阪神の藤川球児と初対面し、曲に対する思いを聞く。渡瀬マキ フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た藤川球児藤川球児

    は野口が岩田稔や上園啓史ら若手とバッテリーを組み、矢野は主に安藤優也や下柳剛、福原忍らと組む併用でスタート。スタメン出場しなかった試合では終盤に代打で出場し、その後抑えの藤川球児とバッテリーを組むような起用が多く、2年ぶりに規定打席に到達。夏場には藤川、新井貴浩と共に北京五輪代表に招集された。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • リリーフ

    リリーフから見た藤川球児藤川球児

    リリーフの地位も徐々に向上していったが、ようやくに入り、阪神監督の岡田彰布が、1試合での球数や投球イニング、キャッチボールや登板間隔まで細かく管理するような、メジャーリーグに多く見られる継投策を導入。阪神の勝ちパターンの継投であるJFKの3人(ジェフ・ウィリアムス、藤川球児、久保田智之)は長きにわたり好成績を残した。2011年には中日の浅尾拓也が中継ぎ投手としては初のMVPを受賞している。リリーフ フレッシュアイペディアより)

201件中 11 - 20件表示

「藤川球児」のニューストピックワード