145件中 11 - 20件表示
  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た藤川球児藤川球児

    セ:高橋(広島)、小笠原(中日)、下柳(阪神)、大竹(広島)、藤川(阪神)、久保田(阪神)● - 阿部(巨人)、矢野(阪神)、石原(広島)2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 山口高志

    山口高志から見た藤川球児藤川球児

    その後は1983年より阪急→オリックス、2003年からは阪神で投手コーチを務め、藤川球児らを育成した。2005年からは阪神の西日本地区のスカウトとして働いた。2009年から再び阪神の投手コーチを務めている。山口高志 フレッシュアイペディアより)

  • 田面巧二郎

    田面巧二郎から見た藤川球児藤川球児

    2012年10月、プロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから3位指名を受けた。その球の速さから、即戦力として期待されており、また2012年まで阪神タイガースに所属していた藤川球児を彷彿とさせることから、球児2世の呼び声も高い。田面巧二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 虎バン

    虎バンから見た藤川球児藤川球児

    第1回は、2009年11月28日(土曜日)の13:55 - 14:50にABCテレビで放送された『虎バンスペシャル 阪神タイガースファン感謝デー』。同月21日に3年振りに阪神甲子園球場で開催された同イベントのダイジェストと、イベントの合間に同球場の室内練習場で収録された新井貴浩、藤川球児、鳥谷敬のトークショーの模様を放送した。当番組ナビゲーターの清水・堀は、トークショーで司会を担当。ダイジェスト映像のナレーションも交互に務めた。虎バン フレッシュアイペディアより)

  • 熱血!!タイガース党

    熱血!!タイガース党から見た藤川球児藤川球児

    また、テンダラー($10)が党員(ファン代表)として出演した時期には、2005年度まで体験取材コーナー「ホットブラッド・$10」を展開。2007年度からは、浜本広晃が大阪市内で経営する焼き鳥料理店に、阪神の現役選手(藤川球児など)を招くVTR企画も放送された。熱血!!タイガース党 フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た藤川球児藤川球児

    プロ野球のオフシーズンには、スタジオからの生放送か事前収録で、雅と藤川球児の対談を必ず放送。Jリーグのオフシーズンには、中山雅史が必ず1回スタジオに登場する。かつては、生中継か事前収録で、上泉と星野仙一のインタビューを定期的に放送していた。ちなみに雅は、この対談をきっかけに、プライベートでも藤川と深く交流。当コーナーで阪神の話題を扱う際には、藤川の登板した公式戦で阪神が勝利するたびに、お祝いのメッセージを藤川の携帯電話へ吹き込んでいることをたびたび明かしている。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見た藤川球児藤川球児

    全日本野球会議が、第24回アジア野球選手権大会兼北京オリンピック野球競技アジア地区予選の第1次日本代表候補選手60人を発表。社会人、大学生からの候補選出はなく、すべてプロ選手からの選出となった。候補となったのは以下の60人。投手(29人)?ダルビッシュ有、武田久、八木智哉、MICHEAL(以上日本ハム)、西口文也、小野寺力、涌井秀章(以上西武)、馬原孝浩、新垣渚、和田毅、杉内俊哉(以上ソフトバンク)、薮田安彦、渡辺俊介、小林宏之(以上ロッテ)、田中将大、青山浩二(以上楽天)、川上憲伸、岡本真也、岩瀬仁紀(以上中日)、藤川球児(阪神)、林昌範、上原浩治、高橋尚成、内海哲也、金刃憲人(以上巨人)、黒田博樹、大竹寛(以上広島)、那須野巧、木塚敦志(以上横浜)。捕手(5人)?里崎智也(ロッテ)、谷繁元信(中日)、矢野燿大(阪神)、阿部慎之助(読売)、相川亮二(横浜)。内野手(15人)?中島裕之(西武)、松中信彦(ソフトバンク)、TSUYOSHI、今江敏晃(以上ロッテ)、北川博敏(オリックス)、荒木雅博、井端弘和(以上中日)、鳥谷敬、今岡誠(以上阪神)、宮本慎也(ヤクルト)、小笠原道大、二岡智宏(以上巨人)、梵英心、新井貴浩(以上広島)、村田修一(横浜)。外野手(11人)?稲葉篤紀(日本ハム)、和田一浩(西武)、多村仁、大村直之(以上ソフトバンク)、村松有人(オリックス)、礒部公一、鉄平(以上楽天)、福留孝介(中日)、青木宣親(ヤクルト)、谷佳知、高橋由伸(以上巨人)。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥谷敬

    鳥谷敬から見た藤川球児藤川球児

    、この年からチームが制定した野手キャプテンに選ばれる(投手キャプテンは藤川球児)。シーズンでは阪神で唯一全試合出場を果たした。成績は打率.262、8本塁打、59打点と昨年より大きく打率を落としたが、自身最高の94四球を記録し高い出塁率は維持した。8月には海外FA権を取得したが、前年と同じく行使せずに残留した。鳥谷敬 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野燿大

    矢野燿大から見た藤川球児藤川球児

    は野口が岩田稔や上園啓史ら若手とバッテリーを組み、矢野は主に安藤優也や下柳剛、福原忍らと組む併用でスタート。スタメン出場しなかった試合では終盤に代打で出場し、その後抑えの藤川球児とバッテリーを組むような起用が多く、2年ぶりに規定打席に到達。夏場には藤川、新井貴浩と共に北京五輪代表に招集された。矢野燿大 フレッシュアイペディアより)

  • LINDBERG

    LINDBERGから見た藤川球児藤川球児

    「every little thing every precious thing」(1996年にリリース)が、阪神タイガースの藤川球児投手の入場曲として反響を呼んだため、2007年8月1日にインペリアルレコードより、当時の音源のまま「球児の歌」として11年ぶりに同タイトルのシングルが再発売された。その際、CDジャケットが藤川投手の写真に、サイズも8cmから12cm(Maxi)へと一新された。同シングルの初回出荷数(約4,000枚)が、発売から3日で完売し品薄状態となり、また、そのこと自体がニュースに取り上げられるなど、今までLINDBERGを知らなかったファン層にも新たにその存在を知らしめることとなった。LINDBERG フレッシュアイペディアより)

145件中 11 - 20件表示

「藤川球児」のニューストピックワード