145件中 21 - 30件表示
  • 城島健司

    城島健司から見た藤川球児藤川球児

    9月29日の阪神鳴尾浜球場でのウエスタン・リーグ対オリックス戦を引退試合として3番捕手として先発出場している。当初和田豊監督からは同日の一軍の広島戦を引退試合として出場を打診されたが、城島が固辞した。初回無死一、二塁の場面で中前適時打を放ち、これを最終打席として退き、藤川球児の音頭で胴上げされ、日米18年間にわたる現役生活に幕を下ろした。10月18日に任意引退公示された。引退会見の会場に訪れていたダイエー時代の師である工藤公康から花束の贈呈を受け、「やっと工藤さんから怒られなくなったのに、辞めなきゃいけない」「野球がしたいです」と涙を流した。城島健司 フレッシュアイペディアより)

  • 栗原健太

    栗原健太から見た藤川球児藤川球児

    、開幕から二軍の4番に座り、フレッシュオールスターに出場。阪神二軍監督の岡田彰布が目玉選手に栗原の名前を挙げ、スタメン4番に据えるなど期待の高さを伺わせた。試合では無安打と結果は出なかった。8月30日に一軍初昇格。9月5日広島市民球場での阪神戦でスタメン出場2試合目に藤川球児からプロ入り初安打となる本塁打を打つ。この年のウエスタン成績は打率.305 6HR 6盗塁でリーグ打撃3位だった。10月に行われた第14回アジア競技大会野球日本代表では、広島からは栗原が派遣された。初の国際試合ながら6番一塁で出場し、中国戦では本塁打を打つなど活躍した。なおこの大会ではプロ各球団一名ずつ選手を出したが、後にチームメートともなる喜田剛も派遣されていた。栗原健太 フレッシュアイペディアより)

  • べしゃり暮らし

    べしゃり暮らしから見た藤川球児藤川球児

    名前の由来は藤川球児+西川のりお。ちなみに彼の息子の名前も藤川球児である。べしゃり暮らし フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た藤川球児藤川球児

    入部当初、赤星は右打者であったが、監督の馬場茂から「左で打つならすぐにベンチに入れてやる」と左打者への転向を勧められ、それに従った。転向後、内野安打が増えて出塁の機会が多くなり、足を活かす野球を考えるきっかけになった。1年生の秋にレギュラーとなり、1番打者として活躍。チームの得点パターンは赤星が出塁して二盗・三盗を決め、その後スクイズプレイを決めるというものであった。の第65回選抜高等学校野球大会に二塁手として、翌の第66回選抜高等学校野球大会に遊撃手として出場した。選抜高等学校野球大会で赤星は2年連続で同じようなタイムリーエラーを犯し、チームはいずれの大会でも初戦敗退を喫している。このうち2回目のエラーについて赤星は、「またエラーをするんじゃないか」という思いに囚われていたところにボールが飛んできたことで起こったもので、技術の問題ではなくすべて気持ちの問題であったと振り返っている。2010年に藤川球児との対談で、高校時代の甲子園には非常に嫌な思い出しかないとコメントし、この対談時に初めて当時の映像を観覧した。赤星は、プレーをするにあたっては前向きな気持ちで臨むことが重要で、気持ちが前向きであれば結果的にエラーをしてしまったとしても後悔は残らず、失敗から学ぶことで次に繋がると述べている。なお、赤星は亜細亜大学2年時の明治神宮野球大会(三塁手として出場)でもタイムリーエラーを犯し、チームは0対1で敗退している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 関根友実

    関根友実から見た藤川球児藤川球児

    1997年、第79回大会で藤川球児(のち阪神タイガース投手)が高知市立高知商業高等学校2年生の時に出場した試合も担当。この時は投手が藤川、捕手が藤川の兄という兄弟バッテリーであり、「投手も藤川君、捕手も藤川君」と言っていた。また、局アナ時代、「ナイトinナイト・板東英二の水曜は白ごはん」にレギュラー出演しており、実況していた試合でゲスト解説から板東英二の話を持ち出されて、実況中に爆笑したこともあった。関根友実 フレッシュアイペディアより)

  • 関口現

    関口現から見た藤川球児藤川球児

    ハウス食品 六甲のおいしい水 「藤川・矢野登場」篇 (2008年 藤川球児 矢野燿大)関口現 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表から見た藤川球児藤川球児

    勝:ブラッド・リッジ(1勝1S) 敗:藤川球児(1敗)2006 ワールド・ベースボール・クラシック・アメリカ合衆国代表 フレッシュアイペディアより)

  • オーサカキング

    オーサカキングから見た藤川球児藤川球児

    放送された企画に、『スイカVSパイン』、『七福“陣”披露』(陣内智則、角淳一、間寛平、ほしのあき、室伏広治、藤川球児、今出東二の7人をモチーフにした信楽焼のタヌキの置き物の披露)『魔法の粉もん対決』(水野真紀、渡辺徹、赤井英和が会場でたこ焼き、焼きそば、お好み焼きをプロデュース)、『ジュースバトル』(未知やすえとAHN MIKAによる健康ジュース売上対決)、『角VS陣内 三番勝負』、『番組対抗駅伝』(「ちちんぷいぷい」、「せやねん!」、「知っとこ!」、「VOiCE」などの番組出演者から3名ずつ参加)、『JNN“石田英司”選手権』(北海道放送、青森テレビ、テレビユー福島、山陰放送、RKB毎日放送、熊本放送、琉球放送の7局社員が出場してのクイズ)など。オーサカキング フレッシュアイペディアより)

  • 田村勤

    田村勤から見た藤川球児藤川球児

    以降は肩・肘の故障に悩まされる。翌1993年には22セーブを挙げ、当時の球団記録である10連続セーブを達成(2008年4月23日に藤川球児が更新)したが1995年には一軍登板なし、1996年、1997年にはショートリリーフとして2年間で90試合に登板するが、1998年には二軍登板すらできなかった。1999年には野村克也監督に遠山奬志と共に対松井秀喜、高橋由伸などの左打者のワンポイントとして起用されるも、既に以前の球威はなく、気迫と投球術でカバーする投球に終始した。2000年オフに自由契約を言い渡され、オリックスに移籍。しかし、活躍はできず、2002年の最終戦となった10月14日の日本ハム戦で引退試合を行う。この試合で田村はプロでは最初で最後となる先発マウンドに立ち、打者1人を三振に取って降板した。田村勤 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表から見た藤川球児藤川球児

    日本の渡辺俊介と韓国の朴賛浩の両軍先発が共に相手を無得点に抑える投手戦。8回、韓国は日本の2番手杉内俊哉を攻め一死二・三塁の好機を作ると、ここで李鍾範が藤川球児から適時二塁打を放ち先制。9回の日本の反撃を1点に抑え、1次リーグから無傷の6連勝を達成し準決勝へ進出した。試合終了後、徐在応がマウンド上で太極旗を立てるパフォーマンスを見せた。2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表 フレッシュアイペディアより)

145件中 21 - 30件表示

「藤川球児」のニューストピックワード