201件中 21 - 30件表示
  • 熱血!!タイガース党

    熱血!!タイガース党から見た藤川球児藤川球児

    また、テンダラー($10)が党員(ファン代表)として出演した時期には、2005年度まで体験取材コーナー「ホットブラッド・$10」を展開。2007年度からは、浜本広晃が大阪市内で経営する焼き鳥料理店に、阪神の現役選手(藤川球児など)を招くVTR企画も放送された。なお、テンダラーは、2008年3月26日の放送を最後に番組を卒業。しかし、番組から卒業の趣旨が伝えられていないため、卒業の理由は不明である。熱血!!タイガース党 フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た藤川球児藤川球児

    2006年5月から元NPB所属選手も受け付けることになった。NPB経験者については、当初よりトライアウト時の年齢制限がない。NPB経験選手第1号は元広島東洋カープで香川に入った天野浩一。2009年8月には元阪神タイガースの伊良部秀輝が高知に入団し、NPBで個人タイトルを獲得した選手としては初の加入者となった。同年福岡に入団した元福岡ソフトバンクホークスの山田秋親は、シーズン終了後にトライアウトを経て千葉ロッテマリーンズに入団した。アイランドリーグに所属した元NPB選手でNPBに復帰した最初のケースとなった。2013年、愛媛に在籍した金森敬之が2例目となる。2015年には、MLBを自由契約となった藤川球児(元阪神タイガース)が前期終了後に加入し、シーズン終了後に阪神に復帰している。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

  • 宮出隆自

    宮出隆自から見た藤川球児藤川球児

    の一軍出場はなかったが、は一軍の準レギュラーとして60試合に出場し、打率.277、5本塁打を記録。打者としての実力の片鱗を見せた。同年5月25日の地元松山での凱旋試合で阪神の藤川球児から一軍初本塁打を放っている。宮出隆自 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川俊介

    藤川俊介から見た藤川球児藤川球児

    阪神1年目の2010年には、チームの看板選手として活躍していた同姓の藤川球児と区別すべく、スコアボードや報道などで藤川俊と表記されていた(藤川球児参照)。翌2011年から、登録名を「俊介」に変更。球児が他球団に在籍していた時期(2012 - 2015年)や、球児が阪神に復帰した2016年以降も、この登録名を使い続けている。藤川俊介 フレッシュアイペディアより)

  • せやねん!

    せやねん!から見た藤川球児藤川球児

    プロ野球のオフシーズンには、スタジオからの生放送か事前収録で、雅と藤川球児の対談を必ず放送。Jリーグのオフシーズンには、中山雅史が必ず1回スタジオに登場する。かつては、生中継か事前収録で、上泉と星野仙一のインタビューを定期的に放送していた。ちなみに雅は、この対談をきっかけに、プライベートでも藤川と深く交流。当コーナーで阪神の話題を扱う際には、藤川の登板した公式戦で阪神が勝利するたびに、お祝いのメッセージを藤川の携帯電話へ吹き込んでいることをたびたび明かしている。せやねん! フレッシュアイペディアより)

  • 宇佐見真吾

    宇佐見真吾から見た藤川球児藤川球児

    は春季キャンプで一軍スタートとなったが、4月に右手有鉤骨を骨折し、手術を行った後に二軍で試合に復帰、8月8日の阪神タイガース戦で一軍に昇格すると、代打として公式戦初出場を果たし、藤川球児から初打席初安打を記録。8月18日の横浜DeNAベイスターズ戦では延長10回裏に砂田毅樹からプロ入り初本塁打をサヨナラ本塁打で達成した。このプレーでファンからの投票が殺到し、8月度の「月間アットホームヒーロー賞」を受賞した。8月25日の阪神タイガース戦では「8番・捕手」として一軍では初めてとなる先発メンバーで起用されると、青柳晃洋から2点本塁打を放った。9月5日の中日ドラゴンズ戦では途中から出場し、2点ビハインドの9回裏2死一塁で打席に立ち、クローザーの田島慎二にあと1球と追い込まれながら同点本塁打を放った。宇佐見真吾 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た藤川球児藤川球児

    は400m日本記録保持者、東海大学陸上競技部コーチの高野進から走法の指導を受け、下半身の強化に努めた。また、ダイヤのピアスを両耳に付けて試合に臨んだ。これは一般にメジャーリーガーであり、尊敬してやまないバリー・ボンズにあやかったと受け取られていたが、実際には後に自らの著書「男道」で「巨人軍に契約交渉の席で煮え湯を飲まされ、その悔しさを忘れないために刺青の代わりにつけた」と述べている。このピアスに関しては巨人OBをはじめ、他球団のOBからも評判は悪く、野村克也など苦言を呈す人も多かった。なお、元来巨人は茶髪、ひげ、ピアスなどは基本的に禁止であったが、当時の監督堀内もキャンプでは無精ひげを生やし、タブロイドには「お山の大将同士の冷戦」と揶揄された。それでもこの年開幕4番を任され、4月14日の阪神戦で福原忍から本塁打を放ち、本塁打を打った投手の人数が200人に到達(史上初)した。東京ドームでの阪神戦で藤川球児との対戦時に、藤川が追い込んだ後フォークを投げてきて三振したため品のない発言をした事で問題になった。4月29日の対広島戦(広島市民球場)で広池浩司から本塁打を打ち、史上8人目の通算500本塁打を達成。その後もしばらくは本塁打、打点の暫定2冠王で、打率も一時は.269まで上昇、オールスターゲームにも出場し、本塁打を放った。しかし、チームは相反する様に開幕からなかなか勝てない日々が続き、清原自身も交流戦の対オリックス戦で山口和男から頭部への死球を受け、下半身の故障なども重なって成績は徐々に低迷。ケガから復帰した8月4日の対広島戦では、4回表に本塁打を放ち、ダイヤモンドを一周した後、ベンチで堀内やコーチ、選手とのハイタッチを拒否した。7番打者で起用されたことに激怒したとされているが、この本塁打が巨人時代最後の本塁打となってしまった(先述した大怪我から最前線に立てる状況ではなく、球団も配慮をしての対応だったが、清原の打者としてのプライドから認めることができなかったとのこと)。結局この年は張本勲に並ぶ入団以来20年連続2桁本塁打、2年ぶりの20本塁打以上を記録し、前年よりも出場機会を増やし96試合に出場するも、打撃が本塁打一発狙いが多い結果打率は自己最低となる.212と清原自身も満足な結果とはならなかった。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た藤川球児藤川球児

    入部当初、赤星は右打者であったが、監督の馬場茂から「左で打つならすぐにベンチに入れてやる」と左打者への転向を勧められ、それに従った。転向後、内野安打が増えて出塁の機会が多くなり、足を活かす野球を考えるきっかけになった。1年生の秋にレギュラーとなり、1番打者として活躍。チームの得点パターンは赤星が出塁して二盗・三盗を決め、その後スクイズプレイを決めるというものであった。の第65回選抜高等学校野球大会に二塁手として、翌の第66回選抜高等学校野球大会に遊撃手として出場した。選抜高等学校野球大会で赤星は2年連続で同じようなタイムリーエラーを犯し、チームはいずれの大会でも初戦敗退を喫している。このうち2回目のエラーについて赤星は、「またエラーをするんじゃないか」という思いに囚われていたところにボールが飛んできたことで起こったもので、技術の問題ではなくすべて気持ちの問題であったと振り返っている。2010年に藤川球児との対談で、高校時代の甲子園には非常に嫌な思い出しかないとコメントし、この対談時に初めて当時の映像を観覧した。赤星は、プレーをするにあたっては前向きな気持ちで臨むことが重要で、気持ちが前向きであれば結果的にエラーをしてしまったとしても後悔は残らず、失敗から学ぶことで次に繋がると述べている。なお、赤星は亜細亜大学2年時の明治神宮野球大会(三塁手として出場)でもタイムリーエラーを犯し、チームは0対1で敗退している。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝

    阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝から見た藤川球児藤川球児

    「選手編(3) 涙と魂のストレート藤川球児阪神タイガースオリジナルDVDブック 猛虎烈伝 フレッシュアイペディアより)

  • Supporter's songs

    Supporter's songsから見た藤川球児藤川球児

    『every little thing every precious thing』が、阪神タイガースの藤川球児が登場する際のテーマ曲に使用したことで人気を集めた影響によりリリース。これまで発表してきた楽曲の中で、多くのアスリート達に影響を与え、多くの人達に勇気を与えたLINDBERGの応援ソングの中から、厳選したサポーターソング集で、全曲リマスタリングが施されている。また、珍しく最大のヒット曲『今すぐKiss Me』が収録されていないベスト盤でもある。Supporter's songs フレッシュアイペディアより)

201件中 21 - 30件表示

「藤川球児」のニューストピックワード