201件中 31 - 40件表示
  • プロ野球スピリッツ5

    プロ野球スピリッツ5から見た藤川球児藤川球児

     開幕版まで存在した特殊能力「ジャイロボール」の名称が「スピン○」に変更され、これを持つ選手がかなり増えた他、後の作品ではこれの上位能力に相当する、藤川球児(阪神タイガース)のストレートを再現した特殊能力「火の玉ボール」が追加された。プロ野球スピリッツ5 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ2

    プロ野球スピリッツ2から見た藤川球児藤川球児

    三浦大輔や藤川球児など特徴的な2段モーションを見る事が出来る最新かつ最後のプロ野球ゲームでもある。プロ野球スピリッツ2 フレッシュアイペディアより)

  • 若竹竜士

    若竹竜士から見た藤川球児藤川球児

    の高校生ドラフトで阪神タイガースから3巡目指名を受け入団。入団当初は藤川球児の名を挙げてリリーフを志望していた。若竹竜士 フレッシュアイペディアより)

  • 関口現

    関口現から見た藤川球児藤川球児

    ハウス食品 六甲のおいしい水 「藤川・矢野登場」篇 (2008年 藤川球児 矢野燿大)関口現 フレッシュアイペディアより)

  • 田村勤

    田村勤から見た藤川球児藤川球児

    以降は肩・肘の故障に悩まされる。翌1993年には、6月に故障から復帰。22セーブを挙げ、当時の球団記録である10連続セーブを達成(2008年4月23日に藤川球児が更新)したが1995年には一軍登板なし、1996年、1997年にはショートリリーフとして2年間で90試合に登板し復活するが、1998年にはまたしても肩の故障で二軍登板すらできなかった。1999年には野村克也監督に遠山奬志と共に対松井秀喜、高橋由伸などの左打者のワンポイントとして起用されるも、既に以前の球威はなく、気迫と投球術でカバーする投球に終始した。2000年オフに自由契約を言い渡され、オリックスに移籍。しかし、活躍はできず、2002年の最終戦となった10月14日の日本ハム戦で引退試合を行う。この試合で田村はプロでは最初で最後となる先発マウンドに立ち、先頭打者の森本稀哲を三振に取って降板した。田村勤 フレッシュアイペディアより)

  • ナンだ!?

    ナンだ!?から見た藤川球児藤川球児

    ゲスト:三浦大輔、渡辺俊介、藤川球児ナンだ!? フレッシュアイペディアより)

  • 武内久士

    武内久士から見た藤川球児藤川球児

    最速154km/h(プロ入り後の最速は149km/h)を記録するストレートと沈むスライダー・フォークを投げる。50メートル6秒6、遠投115メートル。自身が掲げるセールスポイントは直球。目標として挙げる選手には、永川勝浩、藤川球児、マーク・クルーンなど速球派のクローザーが多い。武内久士 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年の阪神タイガース

    2011年の阪神タイガースから見た藤川球児藤川球児

    最多セーブ:藤川球児(41S、4年ぶり2度目)2011年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 2015年のメジャーリーグベースボール

    2015年のメジャーリーグベースボールから見た藤川球児藤川球児

    テキサス・レンジャーズは藤川球児を40人枠から外した。2015年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の阪神タイガース

    2009年の阪神タイガースから見た藤川球児藤川球児

    第2回WBC日本代表に選ばれていた藤川球児が開幕から本来の調子を発揮することができず、5月最初の試合の巨人戦で敗戦投手となり、一軍登録を抹消された。再登録後も打ち込まれる場面が多く、5月終了時点で3敗を喫した。また、打線も5月に入ると沈黙する日が多くなり、5月を借金7で終えた。2009年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

201件中 31 - 40件表示

「藤川球児」のニューストピックワード