201件中 41 - 50件表示
  • 切通猛

    切通猛から見た藤川球児藤川球児

    その後は阪神で2軍トレーニングコーチ・スコアラー・スカウトを務めた。1983年7月10日の広島戦で岡田彰布が右足太もも筋肉を断裂し残りのシーズンを棒に振った際、マンツーマンで取り組んだリハビリトレーニングのおかげで見事に復活。スカウトとしては関本賢太郎、濱中治、藤川球児を発掘した。切通猛 フレッシュアイペディアより)

  • 山本歩

    山本歩から見た藤川球児藤川球児

    大学時代は練習時間が短かったため、体を動かすだけでなく知識とイメージを照らし合わせる事も重視して野球に関する資料も多く読み、自分とはタイプの違う藤川球児のフォームも参考にするなどしたという。山本歩 フレッシュアイペディアより)

  • 谷本稔

    谷本稔から見た藤川球児藤川球児

    八幡浜高校1年次の1952年に板前だった父親を亡くし、「母親を楽にするために」と大学進学を諦めてプロを志す。3年次の1954年に行われた夏の甲子園県予選では打率.660と打ちまくったが、準々決勝で宇和島東高に惜敗。1955年、高校の監督が藤本定義監督の兄だった事から大映スターズ(1957年より大映ユニオンズ)に入団。同時に捕手で開幕戦スタメンデビューを果たす。これは日本プロ野球史上初の「高卒ルーキー捕手の開幕戦スタメンデビュー」であり、2006年の炭谷銀仁朗(西武)まで51年間出なかったという非常に稀な出来事でもあった。その後は球団合併によって1958年に大毎オリオンズへ移籍。醍醐猛夫とのポジション争いに競り勝ち、1959年からレギュラー捕手として活躍。1960年にはリーグ優勝に貢献したが、同年の日本シリーズ第2戦でのスクイズプレイ失敗が西本幸雄監督と永田雅一オーナーの対立を招き、西本監督が解任される事態にまで発展するなど必ずしも順風満帆とは言い難い面もあった。1963年まで定位置を守るが、1964年には醍醐にレギュラーの座を譲る。1965年の初頭に牧勝彦とのトレードで阪神タイガースへ移籍したが、辻佳紀や辻恭彦の存在で控え捕手にとどまり、コーチ兼任(ブルペン担当)となった1967年をもって現役を引退した。その後は二軍バッテリーコーチ(1968年 - 1974年)・一軍バッテリーコーチ(1979年 - 1981年)・二軍監督(1982年)・スカウト(1975年 - 1978年, 1983年 - 2000年)を歴任し、スカウト時代には嶋田章弘・嶋田宗彦兄弟や藤川球児などを担当した。谷本稔 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ビヤヌエバ

    カルロス・ビヤヌエバから見た藤川球児藤川球児

    1月26日にシカゴ・カブスと総額1000万ドルの2年契約を結んだ。先発として開幕を迎えたが、5月にリリーフの藤川球児とショーン・キャンプが故障で離脱したため、リリーフに配置転換した。その後もクローザーからリリーフに降格したカルロス・マーモルがDFAになるなど、チーム事情からリリーフとしての起用が続いていたが、7月に先発のスコット・フェルドマンやマット・ガーザが移籍したため、先発に復帰。8月から2年目のクリス・ルーシンが先発ローテーションに定着したため、再びリリーフに戻った。この年は47試合(先発15試合)に登板して7勝8敗・防御率4.06・103奪三振の成績を残した。カルロス・ビヤヌエバ フレッシュアイペディアより)

  • 高知市立高知商業高等学校

    高知市立高知商業高等学校から見た藤川球児藤川球児

    藤川球児(現役プロ野球選手、阪神タイガース→シカゴ・カブス→阪神タイガース)高知市立高知商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た藤川球児藤川球児

    虎風荘に住んでいた頃、ジェイソン・ボーヒーズのお面をつけた井川慶に部屋を襲撃されるという悪戯を受けたことがある。この悪戯には藤川球児も共犯者として一緒に参加したエピソードもある。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た藤川球児藤川球児

    実況:河村亮、解説:野村謙二郎、中畑清、プレーヤーズゲスト:藤川球児(阪神)、ゲスト:反町隆史、加藤あい(土曜ドラマ『ドリーム・アゲイン』の宣伝をかねて)、リポーター:蛯原哲(巨人サイド)、佐藤啓(CTV、中日サイド)、インタビュアー:平川健太郎2007年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 藤田太陽

    藤田太陽から見た藤川球児藤川球児

    は春季キャンプで右ふくらはぎの肉離れを起こして出遅れ、7月24日になって一軍昇格。藤川球児と共に積極的に先発投手として起用され、同年プロ初勝利初完投を記録。は開幕ローテーション入りを果たすが、右肘靭帯の損傷で離脱して6月に右手首からの靭帯移植手術を受けた。藤田太陽 フレッシュアイペディアより)

  • 福間納

    福間納から見た藤川球児藤川球児

    にシーズン77試合登板のセ・リーグ記録(当時)を達成。同年は「福間、谷間、福間、谷間」といわれるほどの登板機会により稲尾和久が持っていたシーズン登板記録(78試合)に迫り、記録を破るかどうかが注目された。このとき、プロ野球記録の調査研究で知られた宇佐美徹也は当時監督の安藤統男に手紙を書き「稲尾の記録は400イニング以上投げて作られた中身のある記録。中継ぎの登板で形だけの記録更新は考え直してほしい」と訴えた。この手紙が功を奏したかは不明であるが、結局福間の登板記録は稲尾より1試合少ない77試合となった。宇佐美は後に「この年より登板数が少なくても、優勝に貢献した翌年の方がはるかに実のあるシーズンだった」と記している。宇佐美はそれから17年後のに広島の菊地原毅が稲尾の記録に並びそうになった時も、山本浩二監督に同様の手紙を送ったが、結果として菊地原は稲尾に並ぶ78試合に登板した。更にに藤川球児が福間、さらには稲尾や菊地原の記録を上回った時にはそうした批判はほとんど上がらなくなった。これは年代が進むにつれてリリーフ投手の地位が向上した結果といえる。福間納 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のメジャーリーグベースボール

    2012年のメジャーリーグベースボールから見た藤川球児藤川球児

    12月7日 - NPBの阪神から海外FA権を行使した藤川球児がシカゴ・カブスに入団。2年契約で、契約金を含めて950万ドル。2012年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

201件中 41 - 50件表示

「藤川球児」のニューストピックワード