145件中 51 - 60件表示
  • クリス・リーソップ

    クリス・リーソップから見た藤川球児藤川球児

    2008年は北京オリンピックが開かれるため、野球日本代表として藤川球児が離脱することと久保田智之の不調により、中継ぎ投手の補強を進めていた阪神タイガースが獲得を発表。2009年までの1年半契約で契約金30万ドル(約3,150万円)、年俸60万ドル(約6,300万円)で合意(金額は推定)した。入団前の会見では150km/hを超える直球が武器と話し、来日前にはブレーブスの同僚で元阪神のバディ・カーライル(元阪神、日本ハム)やエディ・ギャラード(元中日、横浜)から日本プロ野球について教わったという。クリス・リーソップ フレッシュアイペディアより)

  • ナンだ!?

    ナンだ!?から見た藤川球児藤川球児

    ゲスト:三浦大輔、渡辺俊介、藤川球児ナンだ!? フレッシュアイペディアより)

  • メークドラマ

    メークドラマから見た藤川球児藤川球児

    また、2008年は北京オリンピックが開催されることが決定していた。巨人は阿部慎之助が五輪出場によって離脱するため、6月中旬に横浜から真田裕貴とのトレードで鶴岡一成を獲得した。阪神も、7月に五輪へ出場する藤川球児の代役としてクリス・リーソップを獲得したが、前半戦で腰を痛めていた新井貴浩が、帰国後に全治2ヶ月の疲労骨折と診断され離脱した。メークドラマ フレッシュアイペディアより)

  • 橋本義隆

    橋本義隆から見た藤川球児藤川球児

    かつて阪神タイガースの藤川球児に対し、フォークで三振を奪われ「チ×コついとるんか!!」とストレート勝負を要求して挑発した清原和博について、「グラウンドが戦場だとしたら、鉄砲で倒そうが、手裏剣で倒そうが勝手でしょう」と独特の言い回しで論じる。実際に清原と対戦した時には、ストレート、フォーク、スライダーと橋本の自信のある三球種で3三振を奪い、発言を実証する形になった。橋本義隆 フレッシュアイペディアより)

  • 吉見一起

    吉見一起から見た藤川球児藤川球児

    中日のエースであった川上憲伸がアトランタ・ブレーブスに移籍した直後のシーズンとなった。前年の実績を糧に先発ローテーションを勝ち取り、4月4日の対横浜戦でシーズン初先発を95球完封勝利で飾った。順調に勝ち星を伸ばし、前半戦最後の登板となった7月18日の対横浜戦で、シーズン10勝目を早くもシーズン4度目の完封勝利にて達成し、自身初の2年連続二桁勝利を決めた。オールスターゲームにも監督推薦で選出され、第二戦に藤川球児(阪神)の後を継ぎ登板したが、敗戦投手となった。後半戦も更に勝ち星を伸ばし、10月3日の対横浜戦で16勝目を挙げ、最終的に館山昌平(ヤクルト)と共に16勝で最多勝利のタイトルを獲得した。防御率も1.996(同僚のチェン・ウェインに次ぐリーグ2位)と、自身初の防御率1点台を記録した(記録上は四捨五入されるので2.00)。また、シーズン通算4完封はチェン、涌井秀章(西武)と並び両リーグ最多、無四球試合3試合は両リーグ通じて単独最多と、年間を通じて安定した投球を披露し、川上憲伸の抜けた穴を埋める活躍をした。10月22日付け中日スポーツ掲載の吉見の治療に関する報道について、10月24日にNPB医事委員会は診療録のコピー等の詳細検討の結果「医学的に正当な適応による治療行為の範疇に入るものと判断」と公式発表を行い、潔白が正式に証明された。吉見一起 フレッシュアイペディアより)

  • 武内久士

    武内久士から見た藤川球児藤川球児

    最速154km/hを記録するストレートと沈むスライダー・フォークを投げる。50m6秒6、遠投115m。自身が掲げるセールスポイントは直球。目標として挙げる選手には、永川勝浩、藤川球児、マーク・クルーンなど速球派のクローザーが多い。武内久士 フレッシュアイペディアより)

  • アダム・リグス

    アダム・リグスから見た藤川球児藤川球児

    2005年開幕当初は変化球攻めに遭い、シーズンは2軍スタートとなったが、4月半ばに一軍合流。しばらくは右翼、交流戦の指名打者・代打での出場が続いたが、7月半ばに鈴木健の離脱で一塁手として出場機会を得ると、持ち味のシュアな打撃を武器に活躍を見せ始めた。7月31日の対阪神タイガース戦では、藤川球児から決勝本塁打を放ち、この年の藤川に唯一の黒星を付けている。8月5日 - 6日の対読売ジャイアンツ戦では、8打席連続安打の固め打ちも見せた。結局規定打席不足ながらも打率3割、14本塁打と結果を残して残留が決まった。アダム・リグス フレッシュアイペディアより)

  • ザナックス

    ザナックスから見た藤川球児藤川球児

    同社のグラブは、硬式野球からソフトボール用まで広範囲に用途がわかれていることに加え、その品質の高さから、プロ野球選手からアマチュアの野球愛好家まで広く支持を得ていることで知られる。主な契約選手として藤川球児、渡辺亮、福地寿樹などがいる。ザナックス フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ5

    プロ野球スピリッツ5から見た藤川球児藤川球児

     開幕版まで存在した特殊能力「ジャイロボール」の名称が「スピン○」に変更されてこれを持つ選手がかなり増えた他、ストレートとフォークなどの落ちる変化球に対する打者の適性特殊能力・藤川球児(阪神タイガース)のストレートを再現した特殊能力「火の玉ボール」等が追加された。プロ野球スピリッツ5 フレッシュアイペディアより)

  • 小山正明

    小山正明から見た藤川球児藤川球児

    制球の良い渡辺省三が先輩にいたことと、打者陣の厳しい要求に応えることで制球に磨きがかかり、1年目のに5勝、には11勝を挙げて先発ローテーションに定着。から3年連続20勝以上を達成。はセ・リーグ記録の5試合連続完封を含むシーズン13完封、に藤川球児が更新するまで球団記録だった47イニング連続無失点を記録。村山実と共に2本柱としてリーグ優勝に貢献し、沢村賞を受賞した。同年の最高殊勲選手投票(当時は単記制)では村山に次ぐ2位だったが、実績を考慮したセ・リーグから「優秀功労賞」として表彰された。この頃、記者に投手のローテーションを聞かれた監督の藤本が「小山、村山、雨や」と答えたのが有名になった。小山正明 フレッシュアイペディアより)

145件中 51 - 60件表示

「藤川球児」のニューストピックワード