201件中 61 - 70件表示
  • クリス・リーソップ

    クリス・リーソップから見た藤川球児藤川球児

    2008年7月21日に阪神タイガースが獲得を発表した。2008年は北京オリンピックが開かれるため、阪神は野球日本代表として藤川球児が離脱することと久保田智之の不調により、中継ぎ投手の補強を進めていた。2009年までの1年半契約で契約金30万ドル(約3,150万円)、年俸60万ドル(約6,300万円)で合意(金額は推定)した。入団前の会見では150km/hを超える直球が武器と話し、来日前にはブレーブスの同僚で元阪神のバディ・カーライル(元阪神、日本ハム)やエディ・ギャラード(元中日、横浜)から日本プロ野球について教わったという。クリス・リーソップ フレッシュアイペディアより)

  • every little thing every precious thing

    every little thing every precious thingから見た藤川球児藤川球児

    阪神タイガースの藤川球児が登場する際のテーマ曲に使用したことで人気を集め、2007年8月1日に、音源は当時のままだが、藤川の写真をジャケットにし、「球児の歌」として再発売されることとなった。初週に3,629枚を売り上げオリコン38位にランクインした。every little thing every precious thing フレッシュアイペディアより)

  • 阿部寿樹

    阿部寿樹から見た藤川球児藤川球児

    初打席:2016年8月13日、対阪神タイガース20回戦(京セラドーム大阪)、8回表に堂上直倫の代打で出場、藤川球児から遊撃ゴロ阿部寿樹 フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た藤川球児藤川球児

    また、投手陣については大会独自のルールであった投球数制限に備えた編成がなされた。それが「先発投手二人体制」である。先発投手を上原浩治、松坂大輔、渡辺俊介の三人で固定し、その後を清水直行、和田毅、杉内俊哉が「第二の先発」として登板。さらにそのあとを球界を代表する中継ぎ投手である石井弘寿(東京ヤクルト・2次リーグから故障により離脱)、藤川球児、藤田宗一、薮田安彦らがセットアッパーとして登板し、クローザーの大塚へと繋ぐ継投を取る。このような投手編成は好投手を次々に投入できるという利点をもたらした。キューバが好投手を投球数制限ルールによって使い果たして優勝を逃したことと対照的である。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • ブルックス・コンラッド

    ブルックス・コンラッドから見た藤川球児藤川球児

    は東京ドームでのメジャーリーグ開幕戦のためアスレチックスの一員として来日し、3月22・23日に開催された日米プレシーズンゲーム「読売ジャイアンツ(巨人)対アスレチックス」「阪神対アスレチックス」戦に出場。阪神戦では代打で出場し、藤川球児と対戦している。ブルックス・コンラッド フレッシュアイペディアより)

  • 川尻哲郎

    川尻哲郎から見た藤川球児藤川球児

    その後は故障で出遅れてしまい1軍での初登板が7月4日だったものの、藤川球児、安藤優也、藤田太陽といったローテの谷間を務めた投手の中では、5勝4敗、防御率3.02と一番の成績を残した。メジャー行きは断ったものの、新庄剛志ら知己からメジャーの情報は細かく聞き出しており、球界再編時はメジャー行きも視野に入れていたという。川尻哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 細山田武史

    細山田武史から見た藤川球児藤川球児

    開幕を一軍で迎え、抹消される事無く一軍で過ごした。同年もチームは弱く、5月6日の対阪神戦で細山田が10戦ぶりのチーム先制打を打つほどであった。同試合では山本省吾との初バッテリーで結果を出し、プロ3年目にして初のヒーローインタビューを受けた。この日を境に先発出場の機会が増え、5月・6月は武山真吾と併用、7月から新沼慎二が加わり、8月中旬以降は黒羽根利規との併用となった。8月5日の対中日戦では球団が2008年から11連敗していた吉見一起(同年の最多勝)から先制打を含む2安打と活躍して連敗を4で止めた。9月28日の対巨人戦では福田聡志からプロ1号となる先制ソロ本塁打を放ったが、それ以外に味方の援護は無く、自身のリードで抑えの山口俊が9回に逆転され敗戦した。10月8日の対阪神戦の9回1点ビハインド二死二三塁の場面で藤川球児(同年の最多セーブ)から逆転の2点タイムリー打を放ってプロ初のサヨナラ打を記録した。最終的にチーム捕手最多の54試合で先発マスクを被り、フル出場した22試合では15勝6敗1分け、4完封勝利だった。15試合と最も多く組んだ高崎健太郎とは3勝8敗、加賀繁との8試合で3勝1敗だった。山本省吾とは7試合組み、前述の1勝目の後に6連敗し、山本がリリーフへ配置転換される一因を作った。その他の投手とも目立った成績は残せずチームは4年連続の最下位となった。打撃面では打率が初めて2割台に乗り、勝利打点4はチーム3位の数字だった。守備面では守備率1.000でリーグ1位となった反面、2009年に続きリーグワーストの盗塁阻止率.188と課題を残した。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の阪神タイガース

    2016年の阪神タイガースから見た藤川球児藤川球児

    戦力面では、2年間ストッパーを務めた呉昇桓、6年間在籍したマートンが米球界に移籍、藤井彰人、関本賢太郎が引退した一方で、米球界挑戦後、地元の四国IL・高知に所属していた藤川球児が4年ぶりに復帰。加えて、メジャーリーグ経験者のマット・ヘイグ、マルコス・マテオ、ラファエル・ドリスを獲得。2015年のドラフト会議では、明治大学の高山俊など6名を指名した。2016年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た藤川球児藤川球児

    、開幕前から好調を維持し、右の代打として開幕一軍入り。開幕戦から代打として出場し、4月13日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で代打としてプロ2本目のソロ本塁打を江尻慎太郎から放ち、4月15日にも阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)でまたも代打としてプロ3本目のソロ本塁打を藤川球児から放った。しかし、その後は5打席無安打が続き二軍落ちした。一軍に戻ったのはシーズン終盤の10月で、一年間を通しての一軍定着とはならなかったが、自身初となる日本シリーズ出場を果たした。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • スコット・アッチソン

    スコット・アッチソンから見た藤川球児藤川球児

    は他の中継ぎ陣の調子が上がらない中、藤川球児と勝利の方程式を組み、両リーグ最多の75試合に登板。ジェフ・ウィリアムスが持つ外国人投手のシーズン最多登板記録に並んだ。防御率1.70および30ホールドの成績を収め、被打率は対左打者・右打者ともに1割台だった。勝ち試合の7回・8回の2イニングを投げることも多く、中継ぎながら90イニングを投げた。7月14日からシーズン終了まで藤川と揃って登板した試合は22連勝と、全く負けを許さない方程式を築いた。スコット・アッチソン フレッシュアイペディアより)

201件中 61 - 70件表示

「藤川球児」のニューストピックワード