145件中 71 - 80件表示
  • 八木沢荘六

    八木沢荘六から見た藤川球児藤川球児

    野村克也が阪神監督就任時、投手コーチとして声をかけていた尾花高夫(尾花本人が行動を共にすることを希望していた)が福岡ダイエーホークスのコーチに就任したため、阪神の投手コーチを誰にするか迷った時、友人の森祇晶が八木沢を推薦し、就任に至ったという経緯がある。野村は年下であるが親しみをこめて「ロクさん」と呼んでいた。藤川球児が自著の中で、「八木沢と2000年秋季キャンプで腕立て伏せのやり方で言い合いになり、その後謝罪をして和解したが、翌年のシーズンは一度も使ってもらえなかった」と告白している。八木沢荘六 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の野球

    2005年の野球から見た藤川球児藤川球児

    9月29日 - 阪神が2年ぶり5度目のセ・リーグ優勝。藤川球児がこの日の登板でシーズン最多登板の新記録を達成した。2005年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 細山田武史

    細山田武史から見た藤川球児藤川球児

    は、二軍キャプテンに任命されたものの開幕を一軍で迎える。前半戦は武山や新沼、後半戦は黒羽根利規と併用される。最後まで二軍に降格することは無く、横浜捕手陣最多の84試合に出場した。打撃面では打率が初めて2割台に乗り、プロ入り初本塁打や藤川球児からのサヨナラヒットを打つなど進歩を見せた。この年の勝利打点4はチーム3位の数字だった。しかし、守備面ではセ・リーグで規定試合数に達した6人の捕手の内、盗塁阻止率が.188とリーグ最下位に終わった。細山田武史 フレッシュアイペディアより)

  • 陳偉殷

    陳偉殷から見た藤川球児藤川球児

    は速球のキレが冴え、ストレートの被打率は藤川球児(阪神)を抑え球界トップの.183をマークした。開幕3戦目の4月5日の対横浜ベイスターズ戦で今季初先発し、6回3安打無失点で初勝利を挙げた。8月の月間成績は4試合33イニングで1完封を含む3勝0敗、防御率0.82、WHIP0.79の活躍で自身初の月間MVPを受賞。この年の月間防御率は最も悪かった9・10月でさえ2.15であり、年間通じて安定感を維持した。クオリティ・スタート(6回3失点以内)を19回記録したが、そのうち11回で勝ち星がつかないなど打線の援護に恵まれず、6月の故障離脱もあり8勝に終わった。二桁勝利には届かなかったものの、シーズンを通して抜群の安定感を誇り、防御率1.54と2位以下に大差をつける驚異的な数値で最優秀防御率のタイトル(セ・リーグ歴代10位)を獲得した。また、シーズン通算4完封は吉見一起・涌井秀章と並び両リーグ最多であった。陳偉殷 フレッシュアイペディアより)

  • 狩野恵輔

    狩野恵輔から見た藤川球児藤川球児

    2010年オフに外野手への本格転向が取り沙汰された際、藤川球児は、狩野がこの年すでに外野手としての出場のほうが多かったにもかかわらず、投手陣とばかり食事に行っていたことを挙げて「性格が捕手向き。(外野手転向は)もったいない」と、捕手との両立を応援した。狩野恵輔 フレッシュアイペディアより)

  • 福田永将

    福田永将から見た藤川球児藤川球児

    、開幕前から好調を維持し、右の代打として開幕一軍入りする。開幕戦から代打として出場し、4月13日の横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)で代打としてプロ2本目のソロ本塁打を江尻慎太郎から放ち、4月15日にも阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)でまたも代打としてプロ3本目のソロ本塁打を藤川球児から放った。しかしその後は調子を落として、シーズンを通しての一軍定着とはならなかったものの、自身初となる日本シリーズ出場を果たした。福田永将 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田智之

    久保田智之から見た藤川球児藤川球児

    はウィリアムス、藤川球児と共にJFKと呼ばれるリリーフトリオを形成する。チームが優勝を決めた9月29日の対巨人戦では胴上げ投手となった。また、同年は自身の球団最速記録を更新する157 km/hを計測した。しかし、リリーフ投手としてはやや安定感に欠け、走者を出してはギリギリのところで抑える場面が多かった。久保田智之 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

    2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投から見た藤川球児藤川球児

    阪神タイガース監督の岡田彰布も「そんなん、代えるやろ。当然。うちでいうたら球児になるけどな。一応、あれで終わりという試合やから」と采配を支持した。2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投 フレッシュアイペディアより)

  • 高知市立高知商業高等学校

    高知市立高知商業高等学校から見た藤川球児藤川球児

    藤川球児(プロ野球選手、現阪神タイガース)高知市立高知商業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 上重聡

    上重聡から見た藤川球児藤川球児

    2006年の第1回WBCの決勝戦の中継が日テレということもあり、リポーターとして日本の優勝を伝えた。その際、決勝だからということで自らの最高のスーツで試合に臨んだが、そのまま試合後のシャンパンファイトまで中継することとなり、代表の松坂・和田をはじめとする同年代(杉内俊哉、藤川球児、久保田智之等=いずれも高校野球で甲子園の土を踏んだ=のいわゆる松坂世代)から一張羅をシャンパンまみれにされる羽目になり、また松坂が上重に「なんでスーツなんか着てんの」と突っ込む一幕もあった(上重は後に、高価なスーツでシャンパンファイトに参加した事を立大野球部の先輩長嶋一茂に叱られている)。上重聡 フレッシュアイペディアより)

145件中 71 - 80件表示

「藤川球児」のニューストピックワード