145件中 81 - 90件表示
  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た藤川球児藤川球児

    虎風荘に住んでいた頃、ジェイソン・ボーヒーズのお面をつけた井川慶に部屋を襲撃されるという悪戯を受けたことがある。この悪戯には藤川球児も共犯者として一緒に参加したエピソードもある。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 李炳圭

    李炳圭から見た藤川球児藤川球児

    2008年シーズンは3番打者だった森野将彦の怪我もあり、開幕から3番・右翼手で起用される。その後は打率の低さから打順は7番が多くなるが、本塁打と打点は前年を上回るペースの成績であり、5月4日の対阪神戦で藤川球児から来日初のサヨナラ本塁打を放っている。5月中旬には対横浜戦で満塁本塁打を放った。しかし交流戦に入ると右手親指の故障により成績が急落し6月10日に登録抹消、6月30日に一軍復帰し7月1日からの阪神との3連戦にスタメン出場するも12打数2安打4三振と結果を残すことが出来ず三連戦終了後に再び二軍降格となった。更に北京オリンピック韓国代表からも外れてしまう。李炳圭 フレッシュアイペディアより)

  • サウスポー (ピンク・レディーの曲)

    サウスポー (ピンク・レディーの曲)から見た藤川球児藤川球児

    里田まい with 合田家族の楽曲。「サウスポー」のオマージュソングで、同じく野球選手(阪神タイガース・藤川球児)をイメージして作られた。サウスポー (ピンク・レディーの曲) フレッシュアイペディアより)

  • スコット・アッチソン

    スコット・アッチソンから見た藤川球児藤川球児

    は他の中継ぎ陣の調子が上がらない中、藤川球児と勝利の方程式を組み、両リーグ最多の75試合に登板。ジェフ・ウィリアムスが持つ外国人投手のシーズン最多登板記録に並んだ。防御率1.70および30ホールドの成績を収め、被打率は対左打者・右打者ともに1割台だった。勝ち試合の7回・8回の2イニングを投げることも多く、中継ぎながら90イニングを投げた。7月14日からシーズン終了まで藤川と揃って登板した試合は22連勝と、全く負けを許さない方程式を築いた。スコット・アッチソン フレッシュアイペディアより)

  • 藤川順一

    藤川順一から見た藤川球児藤川球児

    シカゴ・カブスに所属する藤川球児は実弟。藤川順一 フレッシュアイペディアより)

  • 山本歩

    山本歩から見た藤川球児藤川球児

    大学時代は練習時間が短かったため、体を動かすだけでなく知識とイメージを照らし合わせる事も重視して野球に関する資料も多く読み、自分とはタイプの違う藤川球児のフォームも参考にするなどしたという。山本歩 フレッシュアイペディアより)

  • 葛西稔

    葛西稔から見た藤川球児藤川球児

    2002年には投手コーチ(一軍ブルペン担当)を兼任するも、試合には登板せずに実質コーチとして働き、同年、伊藤、遠山らとともに引退。2003年以降は二軍投手コーチとして、コーチ業に専念する(ちなみに2005年から遠山も二軍投手コーチとして復帰し、再びタッグを組むこととなった)。2003年、当時同じ二軍投手コーチであった山口高志の助言を受けた藤川球児のフォーム改造の指導にあたり、後の藤川の成長のきっかけを作った事でも知られる。葛西稔 フレッシュアイペディアより)

  • 高知ファイティングドッグス

    高知ファイティングドッグスから見た藤川球児藤川球児

    2007年9月、IBLJの鍵山誠社長は、経営者を一般公募することを発表した。その理由としては、年間7千万円になるチームの赤字をリーグで負担することが困難になってきていることが挙げられている。仮に引き受け手が現れなかった場合、最悪のケースではチームの休止もあり得る状況となっていたが、2007年10月22日、大阪府の不動産会社タップの北古味鈴太郎社長(高知県出身)がオーナーとなり、大阪府の整水器メーカー日本トリム(創業者が高知県出身)がメインスポンサーとなることが発表された。また球団代表兼ゼネラルマネジャーにプロ野球阪神タイガースの藤川球児投手の兄である藤川順一が就任することも合わせて決定した。高知ファイティングドッグス フレッシュアイペディアより)

  • SPORTS STADIUM

    SPORTS STADIUMから見た藤川球児藤川球児

    裏でNHK総合テレビの『NHKプロ野球』やCBCテレビの『侍プロ野球』などがナゴヤドームのドラゴンズ公式戦を生中継している場合には、現行のドラゴンズの特集をせずに過去のドラゴンズの名選手・名場面集、あるいはグランパスやその他のスポーツの特集に差し替えることが多い。また、裏で行われている野球中継が終了した後(すなわち、この番組ラストの部分でもある)には、残りわずかな時間にドラゴンズ戦の試合結果または途中経過をねじ込むことがある。ただし、2008年5月4日放送分では当日の中日対阪神戦(中日・李炳圭が阪神・藤川球児からサヨナラ本塁打を放った試合)を中継した東海テレビがステーションブレイクを挿まずに17:30からの『FNNスーパーニュース』に繋げたため、番組は同試合の経過を伝えることができなかった。SPORTS STADIUM フレッシュアイペディアより)

  • 2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表

    2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表から見た藤川球児藤川球児

    また、投手陣については大会独自のルールであった投球数制限に備えた編成がなされた。それが「先発投手二人体制」である。先発投手を上原浩治(巨人)、松坂大輔(西武)、渡辺俊介(ロッテ)の三人で固定し、その後を清水直行(ロッテ)、和田毅、杉内俊哉(ともにソフトバンク)が「第二の先発」として登板。さらにそのあとを球界を代表する中継ぎ投手である石井弘寿(東京ヤクルト・2次リーグから故障により離脱)、藤川球児(阪神)、藤田宗一、薮田安彦(ともにロッテ)らがセットアッパーとして登板し、クローザーの大塚へと繋ぐ継投を取る。このような投手編成は好投手を次々に投入できるという利点をもたらした。キューバが好投手を投球数制限ルールによって使い果たして優勝を逃したことと対照的である。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表 フレッシュアイペディアより)

145件中 81 - 90件表示

「藤川球児」のニューストピックワード