143件中 11 - 20件表示
  • 藤川球児

    藤川球児から見た久保田智之

    はWBC日本代表に選ばれ、球界の先輩で同じ背番号の里崎智也に配慮して24をつけた。対アメリカ戦ではアレックス・ロドリゲスのバットを直球で折った。シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月に抑えの久保田智之が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。7月4日の対横浜戦で35試合連続無失点と豊田清が持っていた日本記録を更新。7月11日には小山正明が持つ47イニング連続無失点の球団記録を更新。翌7月12日の対広島戦で失点し、連続無失点試合数は38、連続イニング無失点記録は47回2/3で途切れた(開幕からの連続無失点記録は佐々木主浩の24試合)。7月21日のオールスター第1戦では登板前に「野球漫画のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のアレックス・カブレラの投球前に、打者に対してオールストレートを予告する。結果は一回もバットに当てさせず空振り三振に取る。続く小笠原道大に対しても、全て直球で投じて空振り三振に打ち取った。7月23日の第2戦では、同年からオリックス・バファローズに移籍した清原と再び対決。全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。同年は阪神と中日が優勝を争う状況だったが、阪神はオールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。8月12日に首の寝違えにより登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板して勝利投手となりお立ち台に立つと、マスメディアからの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。同年は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た小山正明

    はWBC日本代表に選ばれ、球界の先輩で同じ背番号の里崎智也に配慮して24をつけた。対アメリカ戦ではアレックス・ロドリゲスのバットを直球で折った。シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月に抑えの久保田智之が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。7月4日の対横浜戦で35試合連続無失点と豊田清が持っていた日本記録を更新。7月11日には小山正明が持つ47イニング連続無失点の球団記録を更新。翌7月12日の対広島戦で失点し、連続無失点試合数は38、連続イニング無失点記録は47回2/3で途切れた(開幕からの連続無失点記録は佐々木主浩の24試合)。7月21日のオールスター第1戦では登板前に「野球漫画のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のアレックス・カブレラの投球前に、打者に対してオールストレートを予告する。結果は一回もバットに当てさせず空振り三振に取る。続く小笠原道大に対しても、全て直球で投じて空振り三振に打ち取った。7月23日の第2戦では、同年からオリックス・バファローズに移籍した清原と再び対決。全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。同年は阪神と中日が優勝を争う状況だったが、阪神はオールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。8月12日に首の寝違えにより登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板して勝利投手となりお立ち台に立つと、マスメディアからの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。同年は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た古木克明

    高知商業高校に進学後は2年時の第79回全国高等学校野球選手権大会に右翼手兼控え投手として兄の順一との兄弟バッテリーで出場、2回戦で川口知哉を擁する平安高校に敗れた。高校時代は寺本四郎、土居龍太郎らと共に高知三羽烏と呼ばれていた。豊田大谷高校古木克明と共に2年生では2人だけ高校日本代表選出。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た福原忍

    阪神でチームメイトだった福原忍に勧められて2004年に当時の二軍投手コーチの山口高志から「上から投げ下ろすようにボールをたたきつけて投げろ」というアドバイスを受け、下半身を使い、しなりを残しながらも右ひざをあまり折らずにタメを作って投げ下ろすフォームで軸足の使い方を覚えたことから球速が急激に増加。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た山本昌

    初安打:2002年8月11日、対中日ドラゴンズ20回戦(ナゴヤドーム)、3回表に山本昌から左前安打藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見たmisono

    島田紳助が司会のクイズ番組「クイズ!ヘキサゴンII」で結成された里田まい with 合田家族の「Don't leave me」は藤川をイメージした曲で、本人の許可無く作ったものだが、藤川は大喜びして島田にメールを送ったことが「FNSの日26時間テレビ 2009 超笑顔パレード 爆笑!お台場合宿!!」で明かされた。この縁から2009年7月16日の阪神甲子園球場での対中日戦では、合田家族のメンバーである里田まい、神戸蘭子、misonoが始球式に登場した。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た団野村

    も抑えとして活躍し、4月11日の広島戦で通算200セーブを達成した。オフには海外FA権を行使し、「2007年のオフに初めてお話しさせていただいた、メジャーリーグへの思いはずっと抱き続けておりました。今年に入ってからはすべての可能性を考え、熟慮した末、やはり、長年の目標に挑戦したい気持ちは強く、考えが変わることはありませんでした」として、アーン・テレムと団野村を代理人としてメジャー挑戦を表明した。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た豊田清

    はWBC日本代表に選ばれ、球界の先輩で同じ背番号の里崎智也に配慮して24をつけた。対アメリカ戦ではアレックス・ロドリゲスのバットを直球で折った。シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月に抑えの久保田智之が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。7月4日の対横浜戦で35試合連続無失点と豊田清が持っていた日本記録を更新。7月11日には小山正明が持つ47イニング連続無失点の球団記録を更新。翌7月12日の対広島戦で失点し、連続無失点試合数は38、連続イニング無失点記録は47回2/3で途切れた(開幕からの連続無失点記録は佐々木主浩の24試合)。7月21日のオールスター第1戦では登板前に「野球漫画のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のアレックス・カブレラの投球前に、打者に対してオールストレートを予告する。結果は一回もバットに当てさせず空振り三振に取る。続く小笠原道大に対しても、全て直球で投じて空振り三振に打ち取った。7月23日の第2戦では、同年からオリックス・バファローズに移籍した清原と再び対決。全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。同年は阪神と中日が優勝を争う状況だったが、阪神はオールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。8月12日に首の寝違えにより登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板して勝利投手となりお立ち台に立つと、マスメディアからの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。同年は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た矢野燿大

    最優秀バッテリー賞:1回(2005年、捕手:矢野輝弘藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た小笠原道大

    はWBC日本代表に選ばれ、球界の先輩で同じ背番号の里崎智也に配慮して24をつけた。対アメリカ戦ではアレックス・ロドリゲスのバットを直球で折った。シーズンに入ると前年同様に中継ぎでスタートしたが、6月に抑えの久保田智之が怪我で離脱したことに伴い、抑えに定着。7月4日の対横浜戦で35試合連続無失点と豊田清が持っていた日本記録を更新。7月11日には小山正明が持つ47イニング連続無失点の球団記録を更新。翌7月12日の対広島戦で失点し、連続無失点試合数は38、連続イニング無失点記録は47回2/3で途切れた(開幕からの連続無失点記録は佐々木主浩の24試合)。7月21日のオールスター第1戦では登板前に「野球漫画のような世界を創りたい」と話し、先頭打者のアレックス・カブレラの投球前に、打者に対してオールストレートを予告する。結果は一回もバットに当てさせず空振り三振に取る。続く小笠原道大に対しても、全て直球で投じて空振り三振に打ち取った。7月23日の第2戦では、同年からオリックス・バファローズに移籍した清原と再び対決。全て直球で空振り三振に取り、清原は「参った、火の玉や」とコメントした。同年は阪神と中日が優勝を争う状況だったが、阪神はオールスター終了後の7月下旬以降なかなか勝てず、堅実に勝ち星を積み重ねる中日に8月下旬には9ゲーム差まで差を広げられた。8月12日に首の寝違えにより登録抹消されていた藤川は8月27日の対巨人戦で8回から復帰後初登板して勝利投手となりお立ち台に立つと、マスメディアからの批判やファンの野次に対して「選手も必死でやっているということを分かって下さい」と涙を流しながらコメントした。同年は2年連続の最優秀中継ぎ投手を獲得する。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

143件中 11 - 20件表示

「藤川球児」のニューストピックワード