143件中 51 - 60件表示
  • 藤川球児

    藤川球児から見た中田良弘

    阪神主催試合での登場テーマ曲は、夫人と結婚する前からの2人の思い出の曲である、リンドバーグの「every little thing every precious thing」だった。この曲が流れると、スタンドでは多くの阪神ファンがメガホンを曲に合わせて左右に振りながら歌っている光景が見られた。サンテレビ野球解説者の中田良弘は「(他の選手がアップテンポな曲を使う中)藤川投手はかわいらしい曲を選びますね」とコメントした。なお、2007年には藤川と同郷であるスーパーバンドの「笑顔のゆくえ」と併用することになったが、1度も使われなかった。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た中西清起

    5月、肩の故障もあって二軍生活を送っていた頃、当時二軍投手コーチだった山口高志のアドバイスを受けフォームを改造し、高校の先輩でもある一軍投手コーチの中西清起の助言で中継ぎに転向した。このフォーム改造・ポジション転向によってシーズン後半には一軍に定着。31回を投げて35三振を奪った。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た若林忠志

    若林忠志賞:1回(2012年)藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見たスーパーバンド

    阪神主催試合での登場テーマ曲は、夫人と結婚する前からの2人の思い出の曲である、リンドバーグの「every little thing every precious thing」だった。この曲が流れると、スタンドでは多くの阪神ファンがメガホンを曲に合わせて左右に振りながら歌っている光景が見られた。サンテレビ野球解説者の中田良弘は「(他の選手がアップテンポな曲を使う中)藤川投手はかわいらしい曲を選びますね」とコメントした。なお、2007年には藤川と同郷であるスーパーバンドの「笑顔のゆくえ」と併用することになったが、1度も使われなかった。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た高津臣吾

    、背番号を22へ変更し「佐々木さん、高津さんと同じ背番号で光栄です」と語った。JFKの一角としてセットアッパーを務め、6月には月間MVPを受賞。オールスターゲームのファン投票では中継ぎ投手部門1位で初出場を果たした。チームがリーグ優勝を決めた9月29日の対巨人戦では、当時のシーズン最多登板記録を更新する79試合目の登板をし、最終的に登板数は80試合を記録する。また、同年53ホールドポイントで初タイトルとなる最優秀中継ぎ投手を獲得した。4月21日の対巨人戦7回裏二死満塁で清原和博に対してフルカウントからフォークボールで三振に打ち取ったが、試合後には清原から「フルカウント二死満塁の場面でフォークを投げるような逃げ腰のピッチングをするような臆病な投手は男ではない」という趣旨で罵倒される。しかし、藤川は「あの一件のおかげで、僕はストレートにこだわるようになった。自分を常に磨かないといけないと思うようになった」とこれに発奮し、6月25日に再び清原と対戦した際、今度はストレートで三振を奪った。これに清原は「完敗。僕が20年間見てきた中で、最高のストレートです」と藤川を絶賛した。千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは第3戦で登板し、橋本将にタイムリー二塁打にされ降板。チームも負けた。第4戦も負け、4連敗でシリーズを終えた。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た川口知哉

    高知商業高校に進学後は2年時の第79回全国高等学校野球選手権大会に右翼手兼控え投手として兄の順一との兄弟バッテリーで出場、2回戦で川口知哉を擁する平安高校に敗れた。高校時代は寺本四郎、土居龍太郎らと共に高知三羽烏と呼ばれていた。豊田大谷高校古木克明と共に2年生では2人だけ高校日本代表選出。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た斎藤雅樹

    斎藤雅樹の大ファン。「野球を始めたきっかけの人。あの人がいなかったら野球をやっていなかった」と語り、グラブとマジックを持ってサインをもらいにいったことがある。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た龍谷大学付属平安中学校・高等学校

    高知商業高校に進学後は2年時の第79回全国高等学校野球選手権大会に右翼手兼控え投手として兄の順一との兄弟バッテリーで出場、2回戦で川口知哉を擁する平安高校に敗れた。高校時代は寺本四郎、土居龍太郎らと共に高知三羽烏と呼ばれていた。豊田大谷高校古木克明と共に2年生では2人だけ高校日本代表選出。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た東京国際空港

    12月2日にシカゴ・カブスと2年総額950万ドル+出来高(3年目は年俸550万ドルの球団オプション。交代完了が一定数以上の場合は年俸600万ドルで自動更新)で契約合意し、7日に契約。背番号は『11』。入団会見では「すべてが挑戦。しっかりと結果を出すために努力を重ねたい」と語った。また、シーズン一年目の渡米前には羽田空港で「向こうで(現役の)最後までやるつもりでやってくる」と報道陣に語っている。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見たフレッシュオールスターゲーム

    に初めて一軍登録され、プロ初登板も野村監督の期待に応える事は出来なかった。フレッシュオールスターゲームでもリリーフ登板。同年、高校時代から交際していた女性と結婚して同学年・松坂世代のプロ野球選手で最初の既婚者となった。星野仙一新監督のから背番号を「きゅうじ」に掛けた92に変更。先発投手として積極的に起用されて12試合に登板し、9月11日の対ヤクルト戦で8イニングを1失点に抑えて初勝利を挙げフレッシュオールスターゲームのウェスタン・リーグ先発投手務めたが、同年は前出の1勝のみで先発ローテーションに定着することはできず、までは目立った成績を残せなかった。ファーム日本選手権ではセーブ記録し胴上げ投手、しかし2003年の日本シリーズでは登板機会皆無。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

143件中 51 - 60件表示

「藤川球児」のニューストピックワード