藤村大介 ニュース&Wiki etc.

藤村 大介(ふじむら だいすけ、1989年7月25日 - )は、熊本県熊本市中央区出身の元プロ野球選手(内野手)。右投左打。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「藤村大介 (野球)」のつながり調べ

  • 伊東勤

    伊東勤から見た藤村大介 (野球)

    熊本工業高校定時制課程に在籍。当初は外野手だったが、伊東と同学年で他校のライバルである藤村寿成(九州学院)の足を封じるために捕手に転向した。この藤村寿成の次男である藤村大介は熊本工の後輩にあたる。(伊東勤 フレッシュアイペディアより)

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た藤村大介 (野球)

    ''は、プロ6年目で初の開幕スタメン(2番・二塁手)を勝ち取った。同年4月20日の阪神タイガース戦での7回の二塁守備において、クレイグ・ブラゼルが打ち上げたフライを一度落球してから捕ったが、アウトとなった。しかし、阪神の真弓明信監督が、審判の判定は誤審であると抗議するも判定が覆らなかった。しかし、これで騒動は終わりではなかった。ビデオでボールが一度グラウンドに落ちたことは明らかだったが、この判定について脇谷はスポーツニッポンの取材に「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか」とコメントした。そしてこの後、5月に打撃不振に陥ったため、二軍で再調整を強いられ、その間に藤村大介に二塁手のレギュラーを奪われた。7月5日の対ヤクルト戦で右翼に打球を放った直後に痛みを訴え、右手有鉤骨を骨折し、10月1日まで戦列を離れた。シーズン終了後の11月21日に球団側から自由契約通知がされた。同月24日には右ひじの靱帯再建手術を受けることになった。12月1日、育成選手として巨人と再契約したことが発表された。(脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

「藤村大介 (野球)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「藤村大介」のニューストピックワード