藤村大介 ニュース&Wiki etc.

藤村 大介(ふじむら だいすけ、1989年7月25日 - )は、読売ジャイアンツ所属のプロ野球選手(内野手)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「藤村大介 (野球)」のつながり調べ

  • 脇谷亮太

    脇谷亮太から見た藤村大介 (野球)

    はプロ6年目で初の開幕スタメン(二番・セカンド)を勝ち取った。4月20日の阪神戦、7回裏二死1、3塁の場面で打者クレイグ・ブラゼルのセカンド後方へのフライを捕球したか否かの判定に関して、捕球したと判断した土山剛弘塁審はアウトの判定。誤審だとして阪神の真弓明信監督が激しく抗議したが判定は覆らなかった。(実際は、脇谷が1度捕球したとみられたが球がグラブからこぼれ自身が球を捕りに行った時に甲子園の天然芝の上に僅かにバウンドした球を捕球し、その捕球した、行為をフライアウトだと審判にアピールした。)試合後に脇谷は「捕りましたよ。自分の中ではスレスレのところでやってますから。VTR?テレビの映りが悪いんじゃないですか」と含み笑いで主張したという報道がなされた。5月には打撃不振のために二軍で再調整を強いられ、その間に藤村大介に二塁手のレギュラーを奪われた。7月5日のヤクルト戦で右翼に打球を放った直後に痛みを訴え、右手有鉤骨を骨折し、10月1日まで戦列を離れた。シーズン終了後の11月21日に球団側から自由契約通知がされた。同月24日には右ひじの靱帯再建手術を受けることになった。12月1日、巨人と育成選手として再契約したことが発表された。(脇谷亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 寺内崇幸

    寺内崇幸から見た藤村大介 (野球)

    は古城茂幸から内野の守備要員のポジションを奪い、3年連続の開幕一軍を果たす。前半戦はこれまで同様代走や守備固めでの出場が主だったが、後半戦に入ると課題の打撃に改善が見られ、小笠原道大の負傷等も重なって主に相手投手が左投手の時にスタメン出場した。9月14日の横浜ベイスターズ戦ではブレント・リーチから2点適時打を放って2年ぶりに打点を挙げた。その後は7試合連続安打を記録。シーズン最後の5試合は相手投手の左右にかかわらず2番・三塁でスタメン出場した。ヤクルトとのクライマックスシリーズでは急性虫垂炎で一軍を外れた藤村大介に代わりセカンドでスタメン出場したが、第1ステージ初戦で勝敗を左右するバントミスを犯した。(寺内崇幸 フレッシュアイペディアより)

「藤村大介 (野球)」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「藤村大介」のニューストピックワード