57件中 31 - 40件表示
  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た失策

    は年明けに阿部慎之助主宰のグアムでの自主トレに参加。自身初となる開幕一軍入りを果したものの、二塁手の定位置を失い、寺内崇幸や古城茂幸と併用された。また、前年の盗塁王でありながら、5月8日の横浜戦ではサヨナラの場面で代走に鈴木尚広が送られた。シーズン終盤になると調子を取り戻し、9月以降はほぼすべての試合に「2番・二塁」でスタメン出場した。前年より打席数は減ったものの、前年を上回る打率.252を記録した反面、盗塁数14、盗塁成功率.667はともに前年を下回った。中日とのCSファイナルステージでは第1・2戦に「2番・二塁」で先発出場。しかし、第3戦以降はスタメンを外れ、日本ハムとの日本シリーズでもベンチを暖めた。チームは日本一になったものの、藤村はプレーオフ合計で10打数無安打、日本シリーズ第4戦ではサヨナラ負けにつながるエラーを犯した。契約更改では、200万円減となる2200万円でサインした。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見たはとこ

    女子プロゴルファーの古閑美保とははとこにあたり、卒業した小学校と中学校が同じである。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た横浜DeNAベイスターズ

    初出場:2011年5月10日、対横浜ベイスターズ4回戦(上毛新聞敷島球場)、8回裏に寺内崇幸の代打で出場藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た熊本市立託麻東小学校

    熊本市立城西小学校の4年次より軟式野球を始める。5年次に熊本市立託麻東小学校に転校。熊本市立二岡中学校在学時は硬式野球の熊本南リトルシニアに在籍し三塁手・右翼手として活躍、全国大会に3度出場する。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た二塁手

    初先発出場:2011年5月13日、対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、8番・二塁手として先発出場藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見たプロ野球ファミリースタジアム

    愛称は「ぴの村」「ピノ村」(バンダイナムコゲームスの野球ゲーム「ファミスタシリーズ」に登場するナムコスターズ所属の超俊足選手、ピノに由来)。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た代走

    は年明けに阿部慎之助主宰のグアムでの自主トレに参加。自身初となる開幕一軍入りを果したものの、二塁手の定位置を失い、寺内崇幸や古城茂幸と併用された。また、前年の盗塁王でありながら、5月8日の横浜戦ではサヨナラの場面で代走に鈴木尚広が送られた。シーズン終盤になると調子を取り戻し、9月以降はほぼすべての試合に「2番・二塁」でスタメン出場した。前年より打席数は減ったものの、前年を上回る打率.252を記録した反面、盗塁数14、盗塁成功率.667はともに前年を下回った。中日とのCSファイナルステージでは第1・2戦に「2番・二塁」で先発出場。しかし、第3戦以降はスタメンを外れ、日本ハムとの日本シリーズでもベンチを暖めた。チームは日本一になったものの、藤村はプレーオフ合計で10打数無安打、日本シリーズ第4戦ではサヨナラ負けにつながるエラーを犯した。契約更改では、200万円減となる2200万円でサインした。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た群馬県立敷島公園野球場

    初出場:2011年5月10日、対横浜ベイスターズ4回戦(上毛新聞敷島球場)、8回裏に寺内崇幸の代打で出場藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た熊本市立城西小学校

    熊本市立城西小学校の4年次より軟式野球を始める。5年次に熊本市立託麻東小学校に転校。熊本市立二岡中学校在学時は硬式野球の熊本南リトルシニアに在籍し三塁手・右翼手として活躍、全国大会に3度出場する。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 藤村大介 (野球)

    藤村大介 (野球)から見た2011年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    もファームで開幕を迎えるが、5月10日に一軍昇格し、同日の横浜ベイスターズ戦でプロ初出場。5月13日の広島東洋カープ戦で初のスタメン出場を果たし、初盗塁を記録。14日の広島戦ではプロ初安打を記録した。以降は脇谷亮太に代わる二塁手のレギュラーに定着。10月11日の阪神戦ではサヨナラ二塁打を放った。目標とした30盗塁には届かなかったが、28盗塁で自身初の盗塁王を獲得。巨人の選手が盗塁王になるのは1993年の緒方耕一以来18年ぶり。また、2007年度ドラフト入団選手および平成生まれとしては初めて一軍で個人タイトルを獲得した選手となった。レギュラーシーズン終了後、クライマックスシリーズに備えた宮崎合宿で腹痛を訴え離脱。急性虫垂炎と診断され、手術を受けた。オフには背番号が0に変更になった。藤村大介 (野球) フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「藤村大介」のニューストピックワード