1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見た日本

    藤澤 ノリマサ(ふじさわ のりまさ、1983年3月8日 - )は、日本の歌手である。本名は藤澤教正(読みは同じ)。所属事務所はスマイルカンパニー。レコード会社はドリーミュージック。藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見たカナダ

    声楽家の父と、歌の講師だった母との間に生まれる。高校時代に留学先のカナダで歌手のセリーヌ・ディオンの音楽に影響を受け歌手になることを決断。2001年に上京し、武蔵野音楽大学声楽科に入学。2006年に卒業し、同年、同じ事務所のアイドルグループSister Qのシングル『愛と夢』にFujisawa名義でゲスト参加。2008年4月30日にシングル『ダッタン人の踊り』でメジャーデビュー。リリース前から有線でデビュー曲が流されると、有線の4月度月間問い合わせチャートで3位を記録。デビュー前日の4月29日には、東京ミッドタウンでの「デビュー前夜祭」で1000人を動員した。藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見た武蔵野音楽大学

    声楽家の父と、歌の講師だった母との間に生まれる。高校時代に留学先のカナダで歌手のセリーヌ・ディオンの音楽に影響を受け歌手になることを決断。2001年に上京し、武蔵野音楽大学声楽科に入学。2006年に卒業し、同年、同じ事務所のアイドルグループSister Qのシングル『愛と夢』にFujisawa名義でゲスト参加。2008年4月30日にシングル『ダッタン人の踊り』でメジャーデビュー。リリース前から有線でデビュー曲が流されると、有線の4月度月間問い合わせチャートで3位を記録。デビュー前日の4月29日には、東京ミッドタウンでの「デビュー前夜祭」で1000人を動員した。藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見たジャンニ・スキッキ

    デビュー曲の『ダッタン人の踊り』は、ロシアの作曲家ボロディンのオペラ作品『イーゴリ公』の中の曲「韃靼(だったん)人の踊り」をサビに引用し、Aメロ、Bメロを新たに作って藤澤自身がオリジナルの歌詞を付けたもので、さらにポップスのアレンジがなされている。カップリング曲の『太陽の女神』は、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」より「わたしのお父さん」をメインモチーフに引用。藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見たイーゴリ公

    デビュー曲の『ダッタン人の踊り』は、ロシアの作曲家ボロディンのオペラ作品『イーゴリ公』の中の曲「韃靼(だったん)人の踊り」をサビに引用し、Aメロ、Bメロを新たに作って藤澤自身がオリジナルの歌詞を付けたもので、さらにポップスのアレンジがなされている。カップリング曲の『太陽の女神』は、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」より「わたしのお父さん」をメインモチーフに引用。藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見たスパイスTV どーも☆キニナル!

    スパイスTV どーも☆キニナル!(フジテレビ、2009年6月18日、8月6日)藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見たちちんぷいぷい (テレビ番組)

    ちちんぷいぷい(毎日放送、2008年5月7日・9月8日・2010年10月12日・2011年3月8日)※いずれもスタジオでシングル曲を披露藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見た金曜バラエティー

    金曜バラエティー(NHK総合、2008年11月21日・2009年4月24日)藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

  • 藤澤ノリマサ

    藤澤ノリマサから見たロシア

    デビュー曲の『ダッタン人の踊り』は、ロシアの作曲家ボロディンのオペラ作品『イーゴリ公』の中の曲「韃靼(だったん)人の踊り」をサビに引用し、Aメロ、Bメロを新たに作って藤澤自身がオリジナルの歌詞を付けたもので、さらにポップスのアレンジがなされている。カップリング曲の『太陽の女神』は、イタリアの作曲家ジャコモ・プッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」より「わたしのお父さん」をメインモチーフに引用。藤澤ノリマサ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「藤澤ノリマサ」のニューストピックワード