前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 畠山和洋

    畠山和洋から見た藤田太陽藤田太陽

    8月にアレックス・ラミレスと入れ代わって一軍に初昇格し、8月6日の対横浜ベイスターズ戦で初出場、10月7日の対読売ジャイアンツ戦で、高橋尚成からプロ初安打を放った。8月19日に古田敦也と入れ代わって昇格し、その日の阪神タイガース戦(明治神宮野球場)で代打出場すると、藤田太陽からプロ初本塁打を放った。は二軍で過ごす時期が長く、二軍では打率.313・7本塁打・101安打で最多安打を獲得し、外野手としても45試合に出場。畠山和洋 フレッシュアイペディアより)

  • 埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ

    埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷから見た藤田太陽藤田太陽

    第3弾 - 渡辺久信、藤田太陽、帆足和幸、中島裕之、片岡易之、栗山巧埼玉西武ライオンズプレイヤーズきっぷ フレッシュアイペディアより)

  • 輝け☆星の川高校自由形

    輝け☆星の川高校自由形から見た藤田太陽藤田太陽

    姓は藤田太陽、名は双子座(翼は一対で一つのものを形成している)から。輝け☆星の川高校自由形 フレッシュアイペディアより)

  • 日高亮

    日高亮から見た藤田太陽藤田太陽

    開幕を一軍で迎え、3月29日の対阪神戦で6回1点ビハインド2死一二塁から登板してゴロで切り抜け、7回は2安打で二死一二塁とした所で降板させられ、代わった松岡健一に走者を返され2失点となった。4月5日の対横浜DeNA戦では6回同点から登板し、二死二塁とした所でアレックス・ラミレスに四球を出すと降板させられ、代わった藤田太陽が勝ち越し打を打たれてホールドを消された。4月6日に左肘痛のため二軍へ降格、一軍登板は2試合に終わった。4月11日群馬県館林市内の病院で精密検査を受け、軽度の左肘靭帯損傷と診断された。6月5日のイースタン・リーグ チャレンジ・マッチの対読売戦でフューチャーズの一員として登板し、実戦復帰した。6月15日に二軍公式戦にも復帰し、以降9月24日まで23試合(先発1試合)に登板した。みやざきフェニックスリーグでは再び先発に挑戦し、2試合10イニングを投げ3失点だった。日高亮 フレッシュアイペディアより)

  • 仁部智

    仁部智から見た藤田太陽藤田太陽

    小学校より野球を始めるが中学時代までは控え投手兼外野手であった。当時同市郡内に全県優勝したチームがあり小学校時代には全県大会出場が阻まれたり、チームとしても個人としても殆ど無名の存在であった。秋田県立本荘高等学校で1年次には外野手でベンチ入りし、2年時よりエース投手として定着。後にプロ入りした石川雅規や藤田太陽、高卒時にメッツより指名を受けた後松重栄(大曲工業高等学校)とともに県内では注目される存在になった。関西遠征で大阪桐蔭と練習試合をした際に、好きな選手を3人やるから転校させるようにスカウトされた(当時の同校のエースは左腕の谷口悦司)。全国的には東北学院大学で2年から頭角を表す。4年春の対宮城教育大学戦では16奪三振を記録。仁部智 フレッシュアイペディアより)

  • ロキテクノベースボールクラブ

    ロキテクノベースボールクラブから見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽 - 投手コーチ兼投手(元:東京ヤクルトスワローズ、埼玉西武ライオンズ、阪神タイガース)ロキテクノベースボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の阪神タイガース

    2009年の阪神タイガースから見た藤田太陽藤田太陽

    7月11日 - 藤田太陽と西武の水田圭介のトレードが成立。2009年の阪神タイガース フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球スピリッツ6

    プロ野球スピリッツ6から見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽(阪神タイガース)⇔水田圭介(埼玉西武ライオンズ)プロ野球スピリッツ6 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東京ヤクルトスワローズ

    2013年の東京ヤクルトスワローズから見た藤田太陽藤田太陽

    10月8日 - 中根佑二、松井光介、藤田太陽、正田樹、水田圭介、楠城祐介に戦力外通告した事を発表2013年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 下山真二

    下山真二から見た藤田太陽藤田太陽

    はオフに大村直之が移籍してきたことによりまたしても激しい競争に晒され、開幕1軍入りするもスタメンの座は逃してしまう。その後、徐々にスタメンに名を連ねるペースは増加していったが、5月30日に右肩腱板炎で登録抹消。実は1月の自主トレのキャッチボールの際にすでに痛めており、痛みをこらえながらプレーしてきた。復帰後も完治することなく肩痛に耐えながらプレーし、8月3日に再び抹消するなど苦しいシーズンとなった。最終的に成績は99試合出場、打率.256と前年度よりも下回ってしまった。しかし、8月29日の西武戦では10回裏に藤田太陽からサヨナラ適時打、9月4日?6日のロッテ戦では3試合連続本塁打を放つなど、出場100試合未満ながら前年度を上回る47打点、日本人野手ではチーム唯一となる二桁本塁打13本を2年連続達成した。チームトップの勝利打点8と持ち前のパンチ力と勝負強さは光ったが、怪我に泣いたシーズンとなった。下山真二 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示