37件中 21 - 30件表示
  • 11月1日

    11月1日から見た藤田太陽藤田太陽

    1979年 - 太陽、プロ野球選手11月1日 フレッシュアイペディアより)

  • JFE東日本硬式野球部

    JFE東日本硬式野球部から見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽投手(2000年阪神ドラフト1位→埼玉西武→東京ヤクルト)JFE東日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田市

    秋田市から見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽(プロ野球選手・投手、東京ヤクルトスワローズ)秋田市 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の野球

    2012年の野球から見た藤田太陽藤田太陽

    西武:藤田太陽、桟原将司(投)2012年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 石川雅規

    石川雅規から見た藤田太陽藤田太陽

    秋田市立秋田商業高等学校ではエースとして、第79回全国高等学校野球選手権大会に出場した。1回戦の対島根県立浜田高等学校戦では、和田毅との投げ合いを制して完投勝利を挙げた。続く2回戦の対沖縄県立浦添商業高等学校戦では完投するも8失点を許し、チームは敗退した。同年代の藤田太陽、仁部智、後松重栄と共に秋田県内では注目される存在だった。石川雅規 フレッシュアイペディアより)

  • 宮本慎也

    宮本慎也から見た藤田太陽藤田太陽

    200犠打:2003年4月16日、対阪神タイガース5回戦(明治神宮野球場)、6回裏に藤田太陽から ※史上22人目宮本慎也 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・シコースキー

    ブライアン・シコースキーから見た藤田太陽藤田太陽

    シーズン当初はアレックス・グラマンへ繋ぐための中継ぎとして起用する予定だったが、グラマンに復帰の目処が立たなかったのに加えて小野寺力と大沼幸二も開幕二軍スタートになったため、急遽藤田太陽・長田秀一郎と共に試合終盤を任されることになった。しかし、この窮余の策がはまり、6月8日には両リーグ最速の20S、8月19日にはパ・リーグ最速の30Sにそれぞれ到達。開幕戦で移籍後初セーブを挙げてから、9月4日の対楽天戦でサヨナラ打を打たれるまでセーブ機会では負けなしの活躍を見せた。ブライアン・シコースキー フレッシュアイペディアより)

  • 中谷仁

    中谷仁から見た藤田太陽藤田太陽

    2002年の終盤、阪神の一軍捕手はベテラン山田と、浅井・中谷の23才コンビだったが次第に山田メインになっていった。その頃、記者陣に「チョンボの目立つ山田よりも若手を抜擢して経験を積ませた方がいいのではないか?」と聞かれた当時の星野監督は「いや、投手陣に『捕手は誰が受けて欲しいか』と聞いたら皆、山田がいいと答えるんだよ」と答えていた。そうしたことも相まって、中谷は「投手陣に信頼されるような捕手でありたい」とコメントしている。その当時の山田、浅井、中谷の捕手トリオの合言葉は「藤川球児と藤田太陽にプロ初勝利をあげさせてやろう」であった。中谷仁 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本篤志

    岡本篤志から見た藤田太陽藤田太陽

    は2軍でまずまずのピッチングを続け、交流戦後の7月に岸孝之の故障に伴い一軍昇格。7月7日のオリックス・バファローズ戦で6年ぶりの勝利を挙げた。主に先発投手が早い回でマウンドを降りた時のロングリリーフ担当として投球を続けていたが、次第に渡辺久信監督の信頼を勝ち取り、長田秀一郎・藤田太陽・ブライアン・シコースキーらに繋ぐ4番目の中継ぎ投手として要所でも起用された。シーズン中では長田・藤田が交互に戦線離脱することが多く、その際は代役のセットアッパーもこなした。プロ初のセーブも記録。クライマックスシリーズでも、2試合とも投げ無失点を記録。しかしオフに股関節の疲労骨折の再発が判明した。岡本篤志 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た藤田太陽藤田太陽

    は開幕2軍スタート。長田秀一郎・岡本篤志・藤田太陽・シコースキーと救援投手が揃ったため、先発投手が早めに降板した場合などは6回に登板することが多かったが、先の4投手が不調に陥った際には中継ぎ・抑えもこなした。5月24日鬼崎裕司とのトレードで東京ヤクルトスワローズへ移籍。5月29日に、古巣である埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)で移籍後初登板。シーズンは怪我などの影響から一軍での登板は4試合に留まり、10月2日に戦力外通告を受けた。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

37件中 21 - 30件表示

「藤田太陽」のニューストピックワード