42件中 21 - 30件表示
  • 高橋信二

    高橋信二から見た藤田太陽藤田太陽

    は打撃不振に陥り、打順も下がった。さらに7月1日の埼玉西武ライオンズ戦で藤田太陽の投球を頭部に受けて入院。同27日に一度は復帰するが、死球による内耳震盪の悪影響が長引き、8月2日に再度出場選手登録を抹消された。以後、閉幕まで一軍に復帰できなかった。なお、藤田は後日、本人のもとにも出向き死球を謝罪した。オフにはFA権を取得したが行使せず、野球協約が定める40%の減額制限を超える大幅ダウンとなる年俸7000万円で契約を更新。高橋信二 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・カブレラ

    アレックス・カブレラから見た藤田太陽藤田太陽

    1月5日にソフトバンクと2年総額3億6000万円プラス出来高で正式に契約を交わした。背番号は西武、オリックス時代と同じ42に決まった。4月15日の対西武戦にて藤田太陽からチーム第1号となるサヨナラホームランを放った。また、5月14日の対西武戦で通算350号本塁打を放った。しかし、シーズン中は度重なる故障に加え、この年より導入された統一球に苦しみ、最終的に打率.225、10本、35打点と、来日以来最低の成績だった2009年の記録を更に下回ってしまった。アレックス・カブレラ フレッシュアイペディアより)

  • JFE東日本硬式野球部

    JFE東日本硬式野球部から見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽(投手) - ドラフト1位(逆指名)で阪神タイガースに入団JFE東日本硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・シーツ

    アンディ・シーツから見た藤田太陽藤田太陽

    初打点:2003年4月2日、対阪神タイガース2回戦(広島市民球場)、3回裏に藤田太陽から中前適時打アンディ・シーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1979年のスポーツ

    1979年のスポーツから見た藤田太陽藤田太陽

    11月1日 - 藤田太陽(秋田県、野球)1979年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤光尊

    後藤光尊から見た藤田太陽藤田太陽

    秋田工高に1年からレギュラー確約条件にスカウトされたが、秋田県内有数の進学校である秋田高校に進学、3年時にエース投手として第68回選抜高等学校野球大会に出場する。その後スポーツ推薦で法政大学に進学したが、上級生らによりいじめを受けて留年が確定し、そのまま大学を中退する。その後、に同じ秋田高校OBで川崎製鉄千葉野球部監督の斉藤正直に誘われて同野球部に練習生として参加し、に入社。同年の第69回都市対抗野球大会に出場し、決勝戦ではプロでチームメイトとなる川越英隆を擁する日産自動車と対戦し準優勝、最も優秀な活躍を収めた新人選手に贈られる若獅子賞と三塁手部門での優秀選手賞を受賞。バンコクアジア大会日本代表、シドニーオリンピック野球日本代表候補に選出された。社会人時代のチームメイトには同じ秋田県出身の藤田太陽がいる。後藤光尊 フレッシュアイペディアより)

  • 2003年の日本プロ野球

    2003年の日本プロ野球から見た藤田太陽藤田太陽

    12月22日 ‐ 阪神は背番号の変更と、移籍選手と新外国人選手の背番号をそれぞれ発表、()内数字は番号。変更は濱中おさむ(31)、喜田剛(55)、移籍選手は前川勝彦(25)、牧野塁(35)、竹下慎太郎(52)、細見和史(57)、葛城育郎(33)、新外国人選手はラモン・モレル(59)、マイク・キンケード(22)。また藤田太陽の登録名を「太陽」に変更2003年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 杉谷拳士

    杉谷拳士から見た藤田太陽藤田太陽

    初打点:2011年7月3日、対埼玉西武ライオンズ8回戦(西武ドーム)、7回表に藤田太陽から左越2点適時二塁打杉谷拳士 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立新屋高等学校

    秋田県立新屋高等学校から見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽-(元プロ野球東京ヤクルトスワローズ選手)秋田県立新屋高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田市

    秋田市から見た藤田太陽藤田太陽

    藤田太陽(元プロ野球選手)秋田市 フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示