1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た藤田太陽藤田太陽

    はリリーフ陣の崩壊で接戦を落とした前年度の反省から、ロッテより移籍したブライアン・シコースキーを抑え投手に据え、岡本篤志・藤田太陽・長田秀一郎らをセットアッパーとして起用する継投パターンを確立した。9月16日時点では2位ソフトバンクに3.5ゲーム差の首位に立ち、優勝マジック4が点灯していた。しかし、9月18日 - 20日の対ソフトバンク戦において同一カード3連敗を喫し0.5ゲーム差に迫られ、9月23日の対楽天戦で敗れて2位に転落した。9月26日の対日本ハム戦で敗れたことでソフトバンクの優勝が決定し、監督3年目は2位で終えた。また、チーム防御率は前身クラウンライター時代以来、33年ぶりのリーグ最下位に転落した。その後クライマックスシリーズファーストステージでロッテと対戦するが、2試合連続で延長戦に突入した末に2連敗しシーズンを終えた。その後、進退伺を提出したと報道されたが、「負けっぱなしではいられない」との本人の意向から、2011年シーズンの続投が決定した。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・シーツ

    アンディ・シーツから見た藤田太陽藤田太陽

    初打点:2003年4月2日、対阪神タイガース2回戦(広島市民球場)、3回裏に藤田太陽から中前適時打アンディ・シーツ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

    ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくんから見た藤田太陽藤田太陽

    フジタタイヨウ(藤田太陽ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん フレッシュアイペディアより)

  • 川尻哲郎

    川尻哲郎から見た藤田太陽藤田太陽

    翌2001年は3月30日の読売ジャイアンツとの開幕戦で3対12と大敗していたため、6番手として調整のためにマウンドに上がるも清水隆行に満塁本塁打を浴びた。結果的に巨人に1994年のダイエーに並ぶ開幕戦最多得点記録(17点)を献上した。その後も不振で、1勝6敗、防御率は6.38の成績に終わった。しかし、同年オフの契約更改の席でこれまでの実績を盾に年俸のアップを要求、認められない場合はポスティングシステムでのメジャー移籍を要求。球団、ファンの両方から大いに反発を買う。この騒動は新監督の星野仙一の仲裁で収まるが、その後、星野監督時代の2002年は故障で出遅れてしまい一軍での初登板が7月4日だったものの、藤川球児、安藤優也、藤田太陽といったローテの谷間の中では、5勝4敗、防御率3.02と一番の成績を残した。メジャー行きは断ったものの、新庄剛志ら知己からメジャーの情報は細かく聞き出しており、球界再編時はメジャー行きも視野に入れていたという。優勝を決めた2003年9月15日には、ケガのため二軍調整中だった藪、濱中治らが「これまでの功労者」として一軍帯同・胴上げ参加を認められたが、その年一軍登板の少なかった川尻は、胴上げ参加を「俺の行く所じゃない」と拒否した。同年の日本シリーズにも登板機会は無かった。2003年オフにはチームが優勝に沸く中で前川勝彦との交換トレードで近鉄に移籍。川尻哲郎 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た藤田太陽藤田太陽

    入団会見で赤星は、それまで中堅手のレギュラーだった新庄剛志のFA移籍が決まった直後であったことを踏まえ、「新庄さんの穴を少しでも埋められるように頑張ります」と言うつもりであった。しかし実際には「新庄さんの穴はボクが埋めます」と宣言。1位で入団した藤田太陽以上に話題を集めることになった。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

  • 高橋信二

    高橋信二から見た藤田太陽藤田太陽

    は打撃不振に陥り、打順も下がった。さらに7月1日の埼玉西武ライオンズ戦で藤田太陽の投球を頭部に受けて入院した。同27日に一度は復帰するが、死球による内耳震盪の悪影響が長引き、8月2日に再度出場選手登録を抹消された。以後、閉幕まで一軍に復帰できなかった。なお、藤田は後日、本人のもとにも出向き死球を謝罪した。オフにはFA権を取得したが行使せず、野球協約が定める40%の減額制限を超える大幅ダウンとなる年俸7000万円で契約を更新した。高橋信二 フレッシュアイペディアより)

  • 赤星憲広

    赤星憲広から見た藤田太陽藤田太陽

    五輪後、当時阪神タイガース監督であった野村克也が直接スカウトとして視察していた社会人野球日本選手権大会で活躍。当初阪神スカウト陣はノーマークだったが、野村監督の鶴の一声で2000年のドラフト4位で阪神に入団。「ホームランバッターがいないなら足で稼ぐ。あの足は戦力になる」と監督から期待を寄せられる。この年まで阪神のセンターを守っていた新庄剛志のFA移籍が決まっていたため、「新庄さんの穴は僕が埋めます!」と豪語し、翌日のスポーツ新聞ではドラフト1位の藤田太陽の会見以上の話題となった。赤星憲広 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「藤田太陽」のニューストピックワード