42件中 31 - 40件表示
  • 坂元弥太郎

    坂元弥太郎から見た藤田太陽藤田太陽

    初安打:2002年9月12日、対阪神タイガース27回戦(明治神宮野球場)、5回裏に藤田太陽から左前安打坂元弥太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田県立野球場

    秋田県立野球場から見た藤田太陽藤田太陽

    2013年は8月10日・8月11日の土日に対横浜DeNA2連戦が両日とも17:00開始の薄暮(準ナイター)で開催され、11日は秋田県出身の壇蜜が始球式を行った。また、同年より秋田県出身の石山泰稚投手と藤田太陽投手がヤクルトに在籍しており、10日は石山が(11回表の1イニングを投げ切った後で、その裏にサヨナラ勝ちして勝利投手)、11日は藤田が凱旋登板した。秋田県立野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部俊人

    阿部俊人から見た藤田太陽藤田太陽

    初打点:2012年5月2日、対埼玉西武ライオンズ3回戦(西武ドーム)、9回表に藤田太陽から右前適時打阿部俊人 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん

    ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくんから見た藤田太陽藤田太陽

    フジタタイヨウ(藤田太陽ゴーゴー!ゴジラッ!!マツイくん フレッシュアイペディアより)

  • 11月1日

    11月1日から見た藤田太陽藤田太陽

    1979年 - 藤田太陽、元プロ野球選手11月1日 フレッシュアイペディアより)

  • 長田秀一郎

    長田秀一郎から見た藤田太陽藤田太陽

    ''、シーズン当初は敗戦処理としての登板が主だったが、好投を続け、「勝ちパターン」に組み込まれる。メインの担当は7回だったが、藤田太陽が故障で戦線離脱して以降は、8回を任されていた。その後は場面に限らず登板、1度不調で登録抹消されるものの最短期間で復帰し、自己最多となる56試合に登板、藤田・ブライアン・シコースキーとともにチームのリリーフ陣を立て直した。長田秀一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺久信

    渡辺久信から見た藤田太陽藤田太陽

    はリリーフ陣の崩壊で接戦を落とした前年度の反省から一転、ロッテから移籍してきたブライアン・シコースキーを抑え投手に据え、岡本篤志・藤田太陽・長田秀一郎らをセットアッパーとして起用する継投パターンを確立した。9月16日時点では2位ソフトバンクに3.5ゲーム差の首位に立ち、優勝マジック4が点灯していた。しかし、9月18日 - 20日の対ソフトバンク戦において同一カード3連敗を喫し0.5ゲーム差に迫られ、9月23日の対楽天戦で敗れて2位に転落。9月26日の対日本ハム戦で敗れたことでソフトバンクの優勝が決定し、監督3年目は2位で終えた。また、チーム防御率は前身クラウンライター時代以来、33年ぶりのリーグ最下位に転落した。その後クライマックスシリーズファーストステージでロッテと対戦するが、2試合連続で延長戦に突入した末に2連敗を喫しシーズンを終えた。その後、進退伺を提出したと報道されたが、「負けっぱなしではいられない」との本人の意向から、2011年シーズンの続投が決定。渡辺久信 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷仁

    中谷仁から見た藤田太陽藤田太陽

    2002年の終盤、阪神の一軍捕手はベテラン山田勝彦と、浅井良・中谷の23才コンビだったが次第に山田メインになっていった。その頃、記者陣に「チョンボの目立つ山田よりも若手を抜擢して経験を積ませた方がいいのではないか?」と聞かれた当時の星野監督は「いや、投手陣に『捕手は誰が受けて欲しいか』と聞いたら皆、山田がいいと答えるんだよ」と答えていた。そうしたことも相まって、中谷は「投手陣に信頼されるような捕手でありたい」とコメントしている。その当時の山田、浅井、中谷の捕手トリオの合言葉は「藤川球児と藤田太陽にプロ初勝利をあげさせてやろう」であった。中谷仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た藤田太陽藤田太陽

    は不調のため、開幕2軍スタートとなった。長田秀一郎・岡本篤志・藤田太陽・シコースキーと救援投手が揃ったため、先発投手が早めに降板した場合などは6回に登板することが多かったが、先の4投手が不調に陥った際には中継ぎ・抑えもこなした。同年は41試合に登板し、防御率3.67と安定感は今ひとつだった。千葉ロッテマリーンズとのクライマックスシリーズファーストステージでは2試合全て登板したが、第1戦は9回途中にシコースキーが打ち込まれた段階で登板するも、ロッテ打線を止めることができずに4点差を追いつかれてしまった。その後チームは延長11回に勝ち越され敗れてしまった。第2戦は延長10回から登板するも11回に勝ち越し打を打たれ、これが決勝点で敗戦投手となり、CS敗退となってしまった。小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 岡本篤志

    岡本篤志から見た藤田太陽藤田太陽

    には、開幕からイースタン・リーグ公式戦で好投を続けると、7月に一軍へ昇格。7月7日の対オリックス・バファローズ戦で、自身6年振りの一軍戦勝利を挙げた。昇格当初は、先発投手が早い回でマウンドを降りた場面からの登板を中心に、ロングリリーフで好投。一軍監督・渡辺久信監督の信頼を得たことから、夏場以降は、長田秀一郎・藤田太陽・ブライアン・シコースキーに次ぐ4番手の中継ぎ投手として要所でも起用された。長田・藤田が交互に戦線を離脱した期間には、2人に代わってセットアッパーとして登板。9月15日の対オリックス・バファローズ23回戦(スカイマークスタジアム)では、9回裏1死からの救援登板で2/3回を無失点に抑えたことによって、一軍公式戦での初セーブを記録した。さらに、チームのレギュラーシーズン2位によって進出したクライマックスシリーズでも、2試合の登板で無失点に抑えたが、シリーズ終了後に股関節の疲労骨折の再発が判明した。岡本篤志 フレッシュアイペディアより)

42件中 31 - 40件表示