前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示
  • ラオックス

    ラオックスから見た蘇寧電器蘇寧電器

    ラオックス株式会社()は、全国41店舗(2016年5月末時点)に免税店を展開している大手総合免税店兼家電量販店。2009年に中国の大手家電量販店を運営する蘇寧雲商の傘下となった。社長は羅怡文。ラオックス フレッシュアイペディアより)

  • マルエツ

    マルエツから見た蘇寧電器蘇寧電器

    その後、2012年(平成24年)9月に中国の家電量販店大手企業である蘇寧電器との合弁会社・「丸悦(香港)」を設立し、2013年(平成25年)9月30日に中国の江蘇省無錫市に中国1号店「リンコス無錫蘇寧プラザ店」を開店して海外に初出店したマルエツ フレッシュアイペディアより)

  • 山下巌

    山下巌から見た蘇寧電器蘇寧電器

    山下 巌(やました いわお、1947年3月31日 - )は、日本の実業家。元ラオックス社長。中国の家電チェーン蘇寧電器への傘下入りを決め、業績が悪化していたラオックスの再建を図ったことで知られる。山下巌 フレッシュアイペディアより)

  • 大中電器

    大中電器から見た蘇寧電器蘇寧電器

    同社の買収に関して、蘇寧電器と国美電器が買収交渉を行ったが、蘇寧電器側は30億万元と条件面で折り合わず最終的に、国美電器に買収されることになった。大中電器 フレッシュアイペディアより)

  • 家電量販店

    家電量販店から見た蘇寧電器蘇寧電器

    ラオックス(2009年8月から中国同業の蘇寧電器傘下となり、外国人観光客向けの免税店業態に重きを置いている)家電量販店 フレッシュアイペディアより)

  • 西安路

    西安路から見た蘇寧電器蘇寧電器

    福佳新天地広場(ウォルマート、蘇寧電器、友誼商城、マクドナルド@24時間営業)西安路 フレッシュアイペディアより)

  • 中国人富裕層

    中国人富裕層から見た蘇寧電器蘇寧電器

      2010年版の世界長者番付(米誌フォーブス)では、番付にランキングされた富豪の4割に当たる403人がアメリカ人だったが、中国が初めてロシアを抜き2位になり、09年の28人から62人まで増加した。また、世界女性富豪トップ10の半分が中国人だった。中国の第1位は飲料メーカー最大手、ワハハ(Wahaha、娃哈哈)集団の会長宗慶後で、70億ドル(約6300億円)の資産で第103位だった。以下、希望グループ会長の劉永行(154位)、蘇寧電器会長の張近東(176位)、BYDの副会長王伝が後に続いた。中国人富裕層 フレッシュアイペディアより)

  • 過去に存在したベスト電器の店舗

    過去に存在したベスト電器の店舗から見た蘇寧電器蘇寧電器

    家賃が高騰して採算が悪化したことから、2011年(平成23年)5月31日付で、中国の家電量販大手の蘇寧電器の現地法人である「香港蘇寧シティコール電器」に、3店舗すべてを従業員などと共に譲渡して撤退することになった。過去に存在したベスト電器の店舗 フレッシュアイペディアより)

  • 真電

    真電から見た蘇寧電器蘇寧電器

    また、真電と資本・業務提携を行っていたラオックスは合併前、真電株の17.6%にあたる201万1千株を所有する筆頭株主であったが、業務提携はノジマとの合併と同時に解消した。なお株式交換に伴って、真電の株主には真電の普通株式1株に対してノジマ株0.53株が割り当てられた。これによってラオックスがノジマ株を保有することになり、両社相互間で経営協力が行われるようになった。2008年4月からの一時期には、ノジマ・ラオックス双方が店舗再編を実施する過程において、閉鎖店舗のアフターケアを両社相互間で委託し合う形式を執るなどといった手法が用いられた。2009年2月、ラオックスは郊外型店舗の一部を会社分割によってノジマに譲渡する方針を一旦決定した。だが具体的な譲渡方法で合意に達せず、ラオックス側からの申し出により3月末に合意は破棄。ラオックスの郊外型店舗は全て順次閉店することとなった。その後、ノジマは店舗閉鎖により余剰となったラオックスの従業員約200名を再雇用している。ラオックスは中国第2位の家電量販店チェーン蘇寧電器集団と資本業務提携し、2009年8月から同グループ傘下となった。2009年に発表されたノジマのコーポレート・ガバナンスに依ると、大株主からラオックスの名前が消えているため、両社の間からは資本関係が無くなった模様。真電 フレッシュアイペディアより)

  • 江蘇蘇寧足球倶楽部

    江蘇蘇寧足球倶楽部から見た蘇寧電器蘇寧電器

    チーム名は親会社の蘇寧グループに由来している。2000年から2015年までは出資していた親会社の舜天グループ(舜天グループは南京の鉱工業・機械メーカーを中心とした企業グループ)に由来して、2000年から2013年は江蘇舜天、2014年から2015年まで江蘇国信舜天となっていた。江蘇蘇寧足球倶楽部 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
13件中 1 - 10件表示