35件中 11 - 20件表示
  • 石坂養平

    石坂養平から見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    太平洋戦争の終結後、GHQの指示により公職追放の処分を受けると政界を離れ、関東いすず自動車株式会社取締役や蛇の目ミシン工業株式会社監査役などを務めた。このほか、社会文化活動にも取り組み埼玉県文化財保護審議委員、埼玉県社会教育委員、埼玉県公安委員などを務め、地域の学校校歌の作詞や記念碑などの碑文の題字を手掛け、熊谷市名誉市民に選ばれた。1969年(昭和44年)8月16日死去。83歳没。石坂養平 フレッシュアイペディアより)

  • スターハイライトショー

    スターハイライトショーから見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    『スターハイライトショー』は、1966年4月6日から同年9月28日まで日本テレビ系列局で放送されていた、芸能情報番組を兼ねた歌謡番組である。蛇の目ミシン工業の一社提供。放送時間は毎週水曜 19時00分 - 19時30分(日本標準時)。スターハイライトショー フレッシュアイペディアより)

  • 西岡真一郎

    西岡真一郎から見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    12月13日投開票の小金井市長選は、市役所新庁舎の建設が主な争点の一つであった。小金井市は1992年に蛇の目ミシン工場跡地を119億円で購入したものの、財政難により新庁舎の建設計画は頓挫した。その後、小金井市の新しい清掃工場の建設候補地に蛇の目ミシン工場跡地が挙がっていたが、市民の反対運動により市はこの計画も断念し、約11,000平方メートルに及ぶ工場跡地は23年も空き地のままであった。西岡は市長選で新庁舎建設に加え、図書館・福祉会館の建設も公約に掲げ、現職の稲葉孝彦市長(不出馬)や小金井市を含む東京18区選出の土屋正忠衆議院議員の支持、及び自由民主党・公明党の推薦を受ける五十嵐京子に約2,800票差で競り勝って当選した 。12月18日、市長に就任した。西岡真一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ヘッケルとジャッケル

    ヘッケルとジャッケルから見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    続いて1963年4月20日から同年9月28日までフジテレビ系列局で放送。同系列局では毎週土曜 19:00 - 19:30 に蛇の目ミシン工業(ジャノメミシン)の一社提供で放送されていた。フジテレビはその後も、本作と『マイティ・マウス』をセットにした『ヘッケルとマイティ』および『いこうぜヘッケル まけるなマイティ』を放送していた。前者は1965年6月1日から同年7月13日まで、毎週火曜 19:30 - 20:00 に日清食品の一社提供で放送。後者は1966年4月から同年6月まで、毎週日曜 18:00 - 18:30 に放送されていた。ヘッケルとジャッケル フレッシュアイペディアより)

  • 巽外夫

    巽外夫から見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    イトマン問題の全容を徐々に把握しつつあった当時常務企画部長であった西川は、問題に終止符を打つには、磯田の退任が肝要と思慮していた所、元住友銀青葉台支店長が蛇の目ミシン工業恐喝事件で起訴された光進代表に対する浮き貸しによって逮捕された。事件発覚を受け磯田は記者会見を開き、辞任の意向を表明するが、元支店長の逮捕を隠れ蓑としてイトマン問題に関する批判をかわすことが明白で、会見からしばらく経過後も磯田は一向に辞める気配を見せなかった。巽外夫 フレッシュアイペディアより)

  • シャープフレンドショップ

    シャープフレンドショップから見たジャノメミシン蛇の目ミシン工業

    主にジャノメミシン・JUKI製品を販売。シャープフレンドショップ フレッシュアイペディアより)

  • 小山武明

    小山武明から見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    大学在学中の1984年12月に関東ゴルフ練習場連盟のプロ入会テストで、64名の参加者中1人だけ合格してアシスタントプロとなり、卒業後の1987年4月から「蛇の目ミシン開発・蛇の目スポーツプラザ高尾」に所属するプロゴルファーとしてレッスン業務に携わる。小山武明 フレッシュアイペディアより)

  • ソニーマニュファクチュアリングシステムズ

    ソニーマニュファクチュアリングシステムズから見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    2008年(平成20年)2月 - 卓上ロボット事業を蛇の目ミシン工業株式会社に移管ソニーマニュファクチュアリングシステムズ フレッシュアイペディアより)

  • 永野治

    永野治から見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    戦後はGHQに日本のあらゆる軍事施設、兵器は接収され鉄屑同然となって破棄された。さらに日本の航空機生産・加工の禁止、関連会社は解散させられた。1952年3月、サンフランシスコ講和条約により戦後7年たって航空機関連事業が再開された。戦時中、全力を出し切った永野は、何もやる気が起こらず北辰電機や帝国ミシン(現蛇の目ミシン工業)、小松製作所など職を転々とした。しかし妻の死で我に帰り、「ジェットエンジンに専念することが我の行く道」と決意した。日比谷にあったアメリカ占領軍情報教育局(CIE)で欧米の新しいジェットエンジンの技術を学んだ。ここは日本の航空関係者、自動車関係者の多くが足を運んだ。1952年、航空解禁の年、ジェットエンジンの取り組みに熱心だった土光敏夫の石川島重工に、かつての部下を通じて誘われ入社。1953年7月、通商産業省の通達で欧米から大きく出遅れた航空工業の挽回に石川島重工、富士重工業、富士精密工業、新三菱重工が共同で日本ジェットエンジン株式会社(NJE)を設立(のち川崎航空機も参加し5社)。永野は研究科研究部長に就任した。永野治 フレッシュアイペディアより)

  • 狭間町

    狭間町から見た蛇の目ミシン工業蛇の目ミシン工業

    蛇の目ミシン工業本社・研究開発本部・生産本部狭間町 フレッシュアイペディアより)

35件中 11 - 20件表示

「蛇の目ミシン工業」のニューストピックワード