227件中 11 - 20件表示
  • ヒール (プロレス)

    ヒール (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1983年にロード・ウォリアーズがNWA世界タッグチーム王座を獲得した以降は単純な勧善懲悪の時代も終わり、1990年代にはストーン・コールド・スティーブ・オースチンやジ・アンダーテイカー、またnWoやD-ジェネレーションXに代表されるような、かっこいいヒール(=アンチヒーロー)が人気を博した。日本では蝶野正洋、鈴木みのる、藤田和之、またノーフィアーが同様の人気を得ている。ヒール (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • RO&D

    RO&Dから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2005年7月、代々木大会にはTAKAみちのくが“強力助っ人”として蝶野正洋を紹介。これはTAKAが新日本参戦時に所属していたC.T.Uと蝶野が当時共闘していたことから実現できたものであった。9月11日には、特別興行「RO&D祭り 〜BOOYA THE WORLD〜」をディファ有明にて開催する。RO&D フレッシュアイペディアより)

  • ストーン・コールド・スティーブ・オースチン

    ストーン・コールド・スティーブ・オースチンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    その後の活躍が認められ1991年にダスティ・ローデスにスカウトされてWCWと契約。1993年3月にはブライアン・ピルマンとのタッグ「ハリウッド・ブロンズ」としてWCW世界タッグ王座を獲得した。1992年に新日本プロレスにも来日し、G1 CLIMAXに参戦。2回戦で武藤敬司に敗れる。この時、解説席にいたマサ斎藤がオースチンの技術を高く評価しており、「彼はプロレスが上手い。絶対にトップに立てますよ」と絶賛していた。同年9月にも来日し、蝶野正洋の持つNWA世界ヘビー級王座にも挑戦した。なお、この試合で蝶野の首を破壊しているがその方法は怪我の危険性が非常に高い変形のパイルドライバーだったため日本人レスラーや関係者の顰蹙を買った。ストーン・コールド・スティーブ・オースチン フレッシュアイペディアより)

  • ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック

    ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロックから見た蝶野正洋蝶野正洋

    新日本プロレスの蝶野正洋のフィニッシュ・ホールドとして有名である。ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック フレッシュアイペディアより)

  • 大森隆男

    大森隆男から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2005年11月には若手育成を目的したユニット、アックスボンバーズを結成。指導者、リーダーとしての一面も見せている。2006年1月4日の東京ドーム大会で新日本に初参戦。越中詩郎とのタッグで蝶野正洋&天山広吉組の持つIWGPタッグ王座に挑戦した。2006年4月1日、靖国神社相撲場で行われた大谷晋二郎との一戦に勝利し、再度AWA世界ヘビー級王座を獲得した。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • 「ぷっ」すまの企画

    「ぷっ」すまの企画から見た蝶野正洋蝶野正洋

    対戦相手は、蝶野正洋、大仁田厚、武藤敬司といったプロレスラー相手であった。いつも相手が悪いと彅スケが抗議したので、ビビるの2人を相手としたこともあるが負けている。「ぷっ」すまの企画 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (作曲家)

    鈴木修 (作曲家)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2008年10月にアルバム『STYLUS』を発売。11月7日、新宿FACEで発売記念ライブ及び、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也の長男によるトークショーが行われた。鈴木修 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤達俊

    後藤達俊から見た蝶野正洋蝶野正洋

    その後、後藤と小原は人気絶頂であったヒールユニットnWoジャパンへの加入を目指す。しかし蝶野正洋らに拒否され、背中にスプレーで“犬”の文字を書かれる屈辱も味わうが、後の「査定試合」で加入を認めさせる。しかし蝶野がnWoジャパンのTシャツを後藤と小原に着せようとした瞬間、後藤と小原は蝶野らにバックドロップを見舞って「そんなものは元々いらねーんだよ」とのマイクアピールを行い、抗争継続となった。そして後藤と小原は「犬軍団」の名前で暴れ回った。後藤達俊 フレッシュアイペディアより)

  • 安生洋二

    安生洋二から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1995年からは、新日本プロレスとの対抗戦に出場。高田延彦に次ぐUWFインターNo.2として長州力、佐々木健介、蝶野正洋といった大物と対戦した。長州、佐々木には完敗したが(特に長州にはバックドロップ→リキラリアット→サソリ固めの連携でわずか4分05秒で敗れ、実況の辻アナから「問題になりません!」などと言われるほどの負けっぷりであった)、伝説の「10・9」から数日後のUインター主催の蝶野戦ではメインイベントで変形足4の字固め(通称:グランドクロス200)で大金星といえる勝利を飾る。試合後、控室で「(頭を指差しながら)ここの差だね。“天才は天才を知る”と言いますが…」と発言した。約2ヵ月後に行われた再戦(新日本主催)では蝶野にバタフライロックで敗れた。また、「UWFは垣原とかに任せて、プロレス界は僕が背負って立ちます」と宣言するなど、ビッグマウスぶりが話題になる。その後はMr.200%を名乗り高山善廣、山本健一(現・山本喧一)と「ゴールデン・カップス」を結成する。ちなみに1995年10月9日の東京ドームにおける安生戦での長州の試合後のコメントが、かの「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。一方の安生は長州戦後、「今日はあんまり無理はしなかった」「次回できれば無理しますよ」「これで僕も心を入れ替えて、謙虚に生まれ変わりますよ!」「謙虚イズベスト!」などとふざけたコメントを残し、記者達を爆笑させた。安生洋二 フレッシュアイペディアより)

  • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

    大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEから見た蝶野正洋蝶野正洋

    キャストはTVシリーズ『大怪獣バトルシリーズ』のレギュラー陣に加え、五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、つるの剛士が前作に引き続きそれぞれの変身前のウルトラマン役で出演。「声の出演」として団時朗、高峰圭二、真夏竜もそれぞれのウルトラマン役で参加している。また杉浦太陽が『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』以来6年ぶりにムサシ役で出演するほか、『めちゃ×2イケてるッ!』とのコラボとして岡村隆史(ナインティナイン)がプレッシャー星人役で出演している。声優にはベリアル役に宮迫博之(雨上がり決死隊)、ウルトラの母役に長谷川理恵、レイブラッド星人役に蝶野正洋など有名人が多く起用されている。中でもウルトラマンキング役の元内閣総理大臣である小泉純一郎は一度はオファーを断ったが、次男の小泉進次郎ら家族の後押しによって出演が実現した。大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE フレッシュアイペディアより)

227件中 11 - 20件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード