275件中 11 - 20件表示
  • ボブ・ブラウン (プロレスラー)

    ボブ・ブラウン (プロレスラー)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    WWFの全米侵攻に伴いプロレスリング・ビジネスのテリトリー制が崩壊し、アライアンスとしてのNWAが事実上解体した1980年代後半からは、アメリカを離れ故郷のカナダにて活動。ノバスコシアやニューブランズウィックなど大西洋岸のマリタイム地区を拠点とするアトランティック・グランプリ・レスリングでは、海外武者修行中だったマサ・チョーノこと蝶野正洋をパートナーに、1988年7月にAGPW北米タッグ王座を獲得している。カルガリーのスタンピード・レスリングでは甥のケリー・ブラウン(リック・バレンタイン)とコンビを組み、1989年6月9日にクリス・ベノワ&ビーフ・ウェリントンからインターナショナル・タッグ王座を奪取した。ボブ・ブラウン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • PREMIUM (プロレス)

    PREMIUM (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    PREMIUM(プレミアム)は、蝶野正洋がゼネラルマネージャーを務めるプロレス興行。PREMIUM (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 白兵武者

    白兵武者から見た蝶野正洋蝶野正洋

    『白兵武者 戦国近接戦闘僧兵伝』(はくへいむしゃ せんごくきんせつせんとうそうへいでん)は、石渡治による日本の漫画作品。原案は蝶野正洋白兵武者 フレッシュアイペディアより)

  • 安生洋二

    安生洋二から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1995年からは、新日本プロレスとの対抗戦に出場。高田延彦に次ぐUWFインターNo.2として長州力、蝶野正洋、佐々木健介といった大物と対戦した。長州、佐々木には完敗したが(特に「10・9」の長州戦に関しては、この試合が決まるや「210%勝てる」と発言したが、試合はバックドロップ→リキラリアット→サソリ固めの連携でわずか4分05秒で敗れ、実況の辻義就アナから「問題になりません!」などと言われるほどの負けっぷりであった)、伝説の「10・9」から数日後のUインター主催の蝶野戦ではメインイベントで変形足4の字固め(通称:グランドクロス200)で大金星といえる勝利を飾る。試合後、控室で「(頭を指差しながら)ここの差だね。“天才は天才を知る”と言いますが…」と発言した。約2ヵ月後に行われた再戦(新日本主催)では蝶野にバタフライロックで敗れている。また、「UWFは垣原とかに任せて、プロレス界は僕が背負って立ちます」と宣言するなど、そのビッグマウスぶりが話題になる。その後はMr.200%を名乗り高山善廣、山本健一(現・山本喧一)と「ゴールデン・カップス」を結成する。ちなみに1995年10月9日の東京ドームにおける安生戦での長州の試合後のコメントが、かの「キレてないですよ」(正確には「キレちゃいないよ」)である。一方の安生は長州戦後、「今日はあんまり無理はしなかった」「次回できるもんなら無理してみますよ」「これで僕も心を入れ替えて、謙虚な男に生まれ変わりますよ!」「謙虚イズベスト!」などとふざけたコメントを残し、記者達を爆笑させた。安生洋二 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木修 (作曲家)

    鈴木修 (作曲家)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2008年10月にアルバム『STYLUS』を発売。11月7日、新宿FACEで発売記念ライブ及び、武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也の長男(後にプロレスデビューした橋本大地)によるトークショーが行われた。鈴木修 (作曲家) フレッシュアイペディアより)

  • ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック

    ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロックから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋の代名詞的フィニッシュ・ホールドとして有名である。ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロック フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木夫妻の仁義なき戦い

    佐々木夫妻の仁義なき戦いから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野 清〈蝶野正洋〉〈45〉佐々木夫妻の仁義なき戦い フレッシュアイペディアより)

  • 長島☆自演乙☆雄一郎

    長島☆自演乙☆雄一郎から見た蝶野正洋蝶野正洋

    同年8月、IGFのリングで蝶野正洋と対戦。『魔法少女まどか☆マギカ』の巴マミのコスプレをして入場した自演乙は、蝶野のSTFで首を極められギブアップ。しっかりとプロレスをしながらもマミるフラグを回収する試合を見せた。長島☆自演乙☆雄一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時

    絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時から見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋 ? はじめてのおつかいディレクター絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た蝶野正洋蝶野正洋

    最優秀タッグチーム賞は通常2名コンビが受賞しているが、複数人によるユニットも受賞対象となっている(1992年反選手会同盟、1996年蝶野、天山、ヒロ斎藤組等)。プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

275件中 11 - 20件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード