227件中 21 - 30件表示
  • 三浦 大輔

    三浦大輔から見た蝶野正洋蝶野正洋

    プロレス関係者と交流が深い。1998年1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会ではnWoジャパン構成員として、鈴木尚典と共に蝶野正洋のセコンドに付いた。2002年には魔界倶楽部総裁の星野勘太郎から「魔界18号」と命名されている。また、親交の深かった橋本真也が2005年に急逝した際は、橋本の入場テーマ「爆勝宣言」でマウンドに上がって見事完封勝利を収め、ヒーローインタビューで涙を流していた。三浦大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 全日本プロレス

    全日本プロレスから見た蝶野正洋蝶野正洋

    三沢が社長になってからはより積極的な団体交流を打ち出し、新日本の闘魂三銃士らとの対談がマスコミに掲載されるなどしたが、フロントとの対立であまり積極的な交流には至らず、三沢らが離脱した後は、選手の穴埋めを図るために、かつて全日本に在籍した天龍や旧WARの選手、武藤、蝶野正洋など新日本の選手、インディペンデントの選手が一気に参戦するようになった。全日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 大仁田厚

    大仁田厚から見た蝶野正洋蝶野正洋

    FMW追放後は、新日本プロレスへ参戦。1999年1月4日の東京ドームでの佐々木健介戦を皮切りに、蝶野正洋、グレート・ムタ、長州力らトップレスラー相手に、メジャーの新日本マットで電流爆破マッチも実現。「大仁田劇場」と称された、真鍋由アナとのやりとりは、視聴者を楽しませた。大仁田厚 フレッシュアイペディアより)

  • 月亭方正

    月亭方正から見た蝶野正洋蝶野正洋

    「病院24時」からは、制裁役として出演する蝶野正洋に理不尽な理由を付けられ毎回ビンタを受けている。月亭方正 フレッシュアイペディアより)

  • 橋本真也

    橋本真也から見た蝶野正洋蝶野正洋

    中学時代に父が失踪し、母子家庭で育つが高校(中京商業高等学校)時代に母を亡くした。学生時代に柔道を始め、アントニオ猪木に憧れるようになり、1984年(昭和59年)4月に新日本プロレス(以下「新日本」)に入門。入門初日に後のライバル、蝶野正洋と洗濯機の順番を巡って乱闘を起こした(その頃はお互い打ち解けていない間柄だったので「僕が先に使っていた」「いや君の前に僕が使っていた」という口調で争っていたと著書に記されている)。1984年(昭和59年)9月1日に後藤達俊戦でデビューした。橋本真也 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た蝶野正洋蝶野正洋

    Crash ?戦慄?/Royal Hunt。プロレスラー・蝶野正洋のテーマ曲(自身にちなんだプレーヤーズ・デーということで、苗字の読みが同じ蝶野正洋が観戦に訪れた2010年6月18日の対中日戦の第2打席のみの限定使用だったが、同年後半から前述の「Hate That I Love You」に代えて公式に採用された)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た蝶野正洋蝶野正洋

    かつては秋山と永田裕志の会合を皮切りに新日本プロレスとは三沢-蝶野正洋ラインを中心に行われ、GHCジュニアヘビー級王者になっていた獣神サンダー・ライガーが参戦した2004年7月のノア東京ドーム大会まで本格的な交流が続いた。その後、交流は途切れるが、2005年5月の新日本東京ドーム大会に三沢光晴が参戦し約10か月ぶりの交流が実現。そのバーターとして棚橋弘至が同年7月のノア東京ドーム大会に参加した。しかし2006年になって、2005年のサイモン・ケリー猪木の新日本プロレス社長就任会見での「ノアとの交流は白紙にする」との発言を受け、ノアの仲田龍が日本テレビとテレビ朝日の間で交わされた交流戦に関する覚書を一方的に白紙にされたとコメント。そのうえに最大のスポンサーである日本テレビに立つ瀬が無いとして、2006年5月13日付けの東京スポーツ紙上において正式に新日本プロレスとの交流断絶を表明した。しかしながら東京スポーツの報道は誤報で、その後に発行された週刊ゴング誌のインタビューでは仲田龍自ら覚え書きや契約の存在を否定し「こっちの選手が向こうに上がったら向こうの選手がこっちに上がってもらうという約束が守られなかった」と発言した。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2000年3月28日、永田・ブライアン・ジョンストン・吉江豊・福田雅一と格闘ユニット「G-EGGS」を結成。本隊内の独立した軍団として、蝶野正洋率いるヒールチーム「TEAM 2000」と抗争を展開。この頃、「P-4M」というメッセージを発信。「問題(Problem)」に「耐える(Put up)」事により「願いが叶う(Possible)」事を「約束される(Promise)」という4つのPからなるもので、これを意味する手のポーズも有る。中西学 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1997年から海外武者修行としてWCWに遠征。1998年に帰国。同年、蝶野正洋の負傷による王座返上を受けて組まれたIWGPヘビー級王座決定戦に自ら本隊代表として志願し、nWo代表のスコット・ノートンと対戦するも、ノートンのパワーに圧倒されて敗れる。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 長州力

    長州力から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2010年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム大会「レッスルキングダム」にて蝶野正洋、中西学、テリー・ファンクとタッグを組み、飯塚高史、矢野通、石井智宏、アブドーラ・ザ・ブッチャーのヒール軍団と対戦。試合では長州のリキラリアットと蝶野のシャイニングケンカキックによるコンビネーション技を披露した。長州力 フレッシュアイペディアより)

227件中 21 - 30件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード