275件中 21 - 30件表示
  • レプリカント・イブ

    レプリカント・イブから見た蝶野正洋蝶野正洋

    レプリカント・イブは、2015年公開の日本映画。トワイライトファイルシリーズの第11作目。井上正大、倉田てつを、蝶野正洋、岩田陽葵、山本博子、新谷徹、山本翔太等が出演。レプリカント・イブ フレッシュアイペディアより)

  • ロイヤル・ハント

    ロイヤル・ハントから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1988年、アンドレ・アンダーセンを中心として前身バンドとなる「APART」を結成。1989年にワールドワイドな活動を目標に現在のバンド名に改名。メロディアスなメタル・サウンドが人気を得、特に日本ではD. C. クーパーが在籍していた1990年代中頃から後半に入場テーマとして楽曲を提供した蝶野正洋率いるnWo JAPANのBGMとしてワールドプロレスリングで楽曲が使用され、プロレスファンを取り込んだ形で人気を博した(現在、D. C. クーパーは復帰)。現在もヨーロッパでは安定した人気があるバンドである。ロイヤル・ハント フレッシュアイペディアより)

  • RO&D

    RO&Dから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2005年7月、代々木大会にはTAKAが“強力助っ人”として蝶野正洋を紹介した。これは、TAKAが新日本参戦時に所属していたC.T.Uと蝶野が当時共闘していたことから実現できたものであった。9月11日には、特別興行「RO&D祭り 〜BOOYA THE WORLD〜」をディファ有明にて開催する。RO&D フレッシュアイペディアより)

  • 小島聡

    小島聡から見た蝶野正洋蝶野正洋

    怪我で長期欠場していた復帰後の1998年に武藤敬司に誘われnWo JAPANに加入、自身初のヒールに転向する。体格やファイトスタイルが重複していた天山広吉とタッグを組む機会が増え、「テンコジ」として知られる。その後nWoが蝶野正洋率いるTEAM 2000に吸収されると、IWGPタッグ王座を当時の最高記録である6度の防衛を果たすなど名タッグとして活躍する。小島聡 フレッシュアイペディアより)

  • 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

    大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIEから見た蝶野正洋蝶野正洋

    キャストは『大怪獣バトル』のテレビシリーズのレギュラー陣に加え、五十嵐隼士、黒部進、森次晃嗣、つるの剛士が前作に引き続いて原典と同じ変身前の各ウルトラ戦士役で出演するほか、団時朗、高峰圭二、真夏竜も原典と同じ各ウルトラ戦士役に「声の出演」として参加している。また、杉浦太陽が『ウルトラマンコスモスVSウルトラマンジャスティス THE FINAL BATTLE』以来6年ぶりにムサシ役で出演するほか、バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』とのコラボとして岡村隆史(ナインティナイン)がプレッシャー星人役で出演している。声優にはベリアル役に宮迫博之(雨上がり決死隊)、ウルトラの母役に長谷川理恵、レイブラッド星人役に蝶野正洋など有名人が多く起用されている。ウルトラマンキング役の元内閣総理大臣である小泉純一郎は一度はオファーを断ったが、次男の小泉進次郎ら家族の後押しによって出演が実現した。大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE フレッシュアイペディアより)

  • 大仁田厚

    大仁田厚から見た蝶野正洋蝶野正洋

    FMW追放後は、新日本プロレスへ参戦。1999年1月4日の東京ドームでの佐々木健介戦を皮切りに、蝶野正洋、グレート・ムタ、長州力らトップレスラー相手に、メジャーの新日本マットで電流爆破マッチも実現。「大仁田劇場」と称された、真鍋由アナとのやりとりは、視聴者を楽しませた。大仁田厚 フレッシュアイペディアより)

  • ヒール (プロレス)

    ヒール (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1983年にロード・ウォリアーズがNWA世界タッグチーム王座を獲得した以降は単純な勧善懲悪の時代も終わり、1990年代にはストーン・コールド・スティーブ・オースチンやジ・アンダーテイカー、またnWoやD-ジェネレーションXに代表されるような、かっこいいヒール(=アンチヒーロー)が人気を博した。日本では蝶野正洋、鈴木みのる、藤田和之、またノーフィアーやラス・カチョーラス・オリエンタレスが同様の人気を得ている。ヒール (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た蝶野正洋蝶野正洋

    その後、越中詩郎率いる平成維震軍から再三に渡って勧誘を受け、2月12日、後楽園ホール大会昼興行にて、勧誘に対する返事を聞かせてほしいと、越中に呼び込まれる形で私服姿でリング上に登場。越中と握手をすると見せかけて、モンゴリアン・チョップを見舞い維震軍入りを拒否。直後に維震軍の一員である小原道由が現われ、そのまま小原とシングルマッチに流れ込む。試合を終始圧倒して勝利を収めた。そしてこの日のメインイベント終了後に再び姿を見せ、リング上にいる選手らを蹴散らかすと、直後に登場した蝶野正洋と結託。同日、後楽園大会夜興行にて、蝶野 & ヒロ斎藤とのトリオで長州力 & 橋本 & 平田淳嗣組と対戦し、ダイビング・ヘッドバットで長州からピンフォール勝ちを収めるという番狂わせを起こすと、蝶野 & ヒロ & サブゥーらと共に狼群団を結成。一躍してトップレスラーたちの仲間入りを果たした。以降、新日本本隊と抗争を繰り広げ、6月12日、蝶野とのタッグで、空位となったIWGPタッグ王座を賭けて橋本 & 平田組と対戦。この試合に勝利を収め、第25代王者組に戴冠。同年のプロレス大賞では蝶野と共に最優秀タッグ賞を受賞するに至った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 越中詩郎

    越中詩郎から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2007年8月に蝶野正洋の誘いにのってG・B・Hを離脱した。越中は蝶野、長州力らと「レジェンド」を結成した(レジェンドは、2010年の蝶野の新日本退団まで続いたが、その後は自然消滅または休眠状態。)。越中詩郎 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た蝶野正洋蝶野正洋

    「Crash ?戦慄?」Royal Hunt(プロレスラー・蝶野正洋のテーマ曲(自身にちなんだプレーヤーズ・デーということで、苗字の読みが同じ蝶野正洋が観戦に訪れた2010年6月18日の対中日戦の第2打席のみの限定使用だったが、同年後半から前述の「Hate That I Love You」に代えて公式に採用された)長野久義 フレッシュアイペディアより)

275件中 21 - 30件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード