227件中 31 - 40件表示
  • イノキ・ゲノム・フェデレーション

    イノキ・ゲノム・フェデレーションから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2010年11月29日、同年に新日本プロレスを退団してフリーとなった猪木の愛弟子である蝶野正洋のプロデューサー就任が発表された。イノキ・ゲノム・フェデレーション フレッシュアイペディアより)

  • 山崎一夫 (プロレスラー)

    山崎一夫 (プロレスラー)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    この後新日本本体の興行にも参戦し、フリー的立場を貫いていたが、所属選手となり新日本本隊と合流。1998年のG1 CLIMAXでは、藤波辰爾、佐々木健介、蝶野正洋と過去のG1タイトルホルダーを破り決勝進出。橋本真也との優勝戦では大激闘の末破れるも、その厳しくもけれんみの無いファイトに多くのファンが惜しみない拍手を贈った。これがレスラー人生最大の晴れ舞台だったと言ってよい(実際に山崎も後年、自身のベストバウトに橋本戦を上げている)。山崎一夫 (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ猪木

    アントニオ猪木から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2013年2月20日、古希を祝うパーティーが東京都港区のホテルオークラ東京で催され、坂口征二・小川直也・藤波辰爾・藤原喜明・木村健悟・佐山聡・ジョージ高野・前田日明・北沢幹之・蝶野正洋・棚橋弘至・橋本大地、スタン・ハンセンらかつての愛弟子・ライバルや、各界から千葉真一・谷隼人、デヴィ・スカルノ、船越英一郎・九重親方・南部虎弾・野村克也&野村沙知代夫妻など、660人が祝福に駆けつけた。アントニオ猪木 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1993年3月の第4回ヤングライオン杯に優勝し、欧州武者修行へ出発。カルガリーの大剛鉄之助の元で肉体改造を果たし、1995年に凱旋帰国。帰国に際し、リングネームの姓を「天山」に改める。凱旋直後に長州力からピンフォールを奪い、トップレスラーの仲間入りを果たすと同時に蝶野正洋、ヒロ斎藤と狼群団を結成。1997年にnWoジャパン軍に入った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ファーマー

    ジェフ・ファーマーから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1997年からは、蝶野正洋率いるnWoジャパンのメンバーとして来日。nWoジャパンの主力メンバーとして暴れまわった。ジェフ・ファーマー フレッシュアイペディアより)

  • アリストトリスト

    アリストトリストから見た蝶野正洋蝶野正洋

    アリストトリスト フレッシュアイペディアより)

  • マンハッタン・ドロップ

    マンハッタン・ドロップから見た蝶野正洋蝶野正洋

    創始者はアドリアン・アドニス。技名は日本固有のものであり、暴走族というギミックを用いていたアドニスは日本ではマンハッタン・ライダーなる渾名があったため、そこからネーミングされた。他には蝶野正洋、越中詩郎などが使用する。マンハッタン・ドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 監獄固め

    監獄固めから見た蝶野正洋蝶野正洋

    開発者のマサ斎藤が主要な使い手であった。特殊な大技ではないが、これを用いる選手は多くない。マサ斎藤以外には、佐々木健介、蝶野正洋、谷津嘉章、真壁刀義らが知られる。特に佐々木健介が使用する場合、佐々木と斎藤との関係が密接である事から「マサ斎藤直伝の」と呼ばれる場合がある。監獄固め フレッシュアイペディアより)

  • 大矢剛功

    大矢剛功から見た蝶野正洋蝶野正洋

    藤花学園尾山台高等学校卒業後、神戸市の体育専門学校を経て、1985年新日本プロレスに入門した。1986年4月20日、蝶野正洋戦でデビュー(木更津市倉形スポーツ会館において)したが、ドン荒川が開発した新技の実験台(「都庁固め」や「市役所固め」)にされたりしていた。その後、右腕の怪我で一年休場、新日本より退団を言い渡されたが選手会の仲立ちで退団は撤回された。その後すぐに反対の腕を怪我し、1989年ごろ退団している。大矢剛功 フレッシュアイペディアより)

  • 茂木正淑

    茂木正淑から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1997年に三洋電機東京工場(群馬県大泉町)の三洋電機祭りでの特別興行の際、サイン会の時は何故か蝶野正洋のタオルを首にかけていた。茂木正淑 フレッシュアイペディアより)

227件中 31 - 40件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード