227件中 41 - 50件表示
  • プロレスサミット

    プロレスサミットから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋からプロレスの灯を渡され新日本プロレス事務所をスタート。プロレスサミット フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た蝶野正洋蝶野正洋

    川田については、蝶野正洋とのタッグ戦が2000年、2001年に、シングル戦が2005年に、武藤敬司とのシングル戦および多くのタッグ戦が2001年以降に、橋本真也とのタッグ戦が2003年に、シングル戦が2004年に実現プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • RISE (プロレス)

    RISE (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    前身は蝶野正洋率いるブラックニュージャパン(新日本プロレスBLACK)で、2007年に蝶野が長州力、獣神サンダー・ライガーらと共にレジェンド軍を結成し離脱。中邑真輔を中心に残されたメンバーを中心にユニット名をRISE(Real International Super Eliteの略)と改名する。ベビーフェイスである本隊、ヒールユニットであるG・B・Hの中間に位置するユニットであったが、対G・B・Hにおいては本隊と共闘することも多かった。2008年9月にジャイアント・バーナードら外国人勢がG・B・Hとの試合中にG・B・H側に寝返り離脱。2009年4月に中邑が分裂したG・B・Hのうち矢野通派と結託し、CHAOSを結成し離脱。現在は後藤、ミラノ、デヴィットが在籍しているがジュニア戦線でミラノがタイチ、デヴィットが田口隆祐をパートナーにして抗争を行っているなどユニットとしての活動は行われておらず、正規軍との共闘がメインとなっている為、事実上発展的解散となっている。RISE (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のスポーツ

    1963年のスポーツから見た蝶野正洋蝶野正洋

    9月17日 - 蝶野正洋(東京都、プロレス)1963年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)

    ザ・ゴールデン・カップス (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野や冬木とやっていくとなったら、俺も軍団を作らなくちゃいけなくなるから」という考えのもと、高山を軍団入りさせようと画策。UWFスタイルに固執してノーファール・カップの着用を拒否した挙句、金的蹴りで蝶野&天山組に敗れた試合後の高山に向かって、記者団を前にザ・ゴールデン・カップス (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • バックフリップ

    バックフリップから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋 - 最近はあまり使用しない。バックフリップ フレッシュアイペディアより)

  • みのりかリズム4

    みのりかリズム4から見た蝶野正洋蝶野正洋

    なおこのルールが追加される前に、ゲストの蝶野正洋が親に選ばれた際に5を指定してしまい、負けたことがある(2003年9月2日放送分)。みのりかリズム4 フレッシュアイペディアより)

  • ミラノコレクションA.T.

    ミラノコレクションA.T.から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2005年中に噂されたdragondoorへの参戦は、2006年2月7日に行われた興行T2Pワン・ナイト・スタンドで果たされた。また、4月20日に全日本プロレスへ初参戦し、念願であった武藤敬司とのタッグを結成した。5月4日にDDTプロレスリング初参戦。海外で知り合ったKUDOから聞いていなかったのか、ゲイである男色ディーノとタッグを組んでしまい、案の定味方のはずのディーノに試合中に襲われ、ディーノと大鷲透の抗争で使用されていたレイザーラモンHG風のコスチュームを身につけさせられ、ミラノコレクションGAY-Tに変貌してしまった。7月23日には新日本プロレスのイベントWRESTLE LANDのリングに上がり、8月12日に新日両国国技館大会で行われる蝶野正洋復帰戦のパートナーを務める。新日本ではヘビーとの組み合わせがほとんどだったが、10月9日の両国大会でタイガーマスクと対戦し勝利。11月22日にはElDorado(エルドラド)新宿FACE大会に参戦、飯伏幸太とコンビを結成した。ミラノコレクションA.T. フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た蝶野正洋蝶野正洋

    青義軍・NO LIMIT・日墨マッスルオーケストラ(中西学&ストロングマン組)・TNAのビアマネー・インク(ジェームス・ストーム&ロバート・ルード組)・CMLLのOKUMURA&アトランティス組を相手にIWGPヘビー級タッグベルトの連続防衛に成功し、現在蝶野正洋・天山広吉組の持つIWGPヘビー級タッグベルト最高連続防衛記録と同じ7回に到達している。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • ドカベンアイランド

    ドカベンアイランドから見た蝶野正洋蝶野正洋

    プロレスラーの蝶野正洋選手がやったら面白いマイクパフォーマンスを送るコーナー。ドカベンアイランド フレッシュアイペディアより)

227件中 41 - 50件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード