227件中 51 - 60件表示
  • バックドロップ

    バックドロップから見た蝶野正洋蝶野正洋

    現在はテーズから直接伝授された蝶野正洋が好んで使用している。渕正信のバックドロップもこの形に近い。UWF系の選手にも使い手が多い。バックドロップ フレッシュアイペディアより)

  • 座布団の舞

    座布団の舞から見た蝶野正洋蝶野正洋

    G1 CLIMAX…同じく両国国技館で開催される新日本プロレスの夏季トーナメント大会。第一回大会で蝶野正洋が優勝した際、大量の座布団が投げ込まれた。以降の大会では座布団の使用が禁止された。座布団の舞 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤隆 (キックボクサー)

    伊藤隆 (キックボクサー)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    プロレスラーの蝶野正洋との親交がある。伊藤隆 (キックボクサー) フレッシュアイペディアより)

  • 毒霧

    毒霧から見た蝶野正洋蝶野正洋

    ムタは蝶野正洋に首を絞められ、毒霧を「操作」されたことがある。毒霧 フレッシュアイペディアより)

  • Yes!Japan

    Yes!Japanから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋(プロレスラー)Yes!Japan フレッシュアイペディアより)

  • 大剛鉄之助

    大剛鉄之助から見た蝶野正洋蝶野正洋

    口が悪く、北米での武者修行時代に訪ねてきた蝶野正洋に対し、「鼻くそ」と呼んでいた。大剛鉄之助 フレッシュアイペディアより)

  • 狼群団

    狼群団から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1994年に武闘派転向したが、会社の試合カード編成上の都合によりスーパー・ストロング・マシンと共闘させられていた蝶野正洋が、年末のSGタッグリーグ戦の優勝戦でマシンと仲違いを起こし決裂、一匹狼となった。その後、同様にレイジング・スタッフが解散したことにより長らく一匹狼としてヒール活動をしていたヒロ斎藤とコンビを組むようになり、さらに翌1995年に海外遠征から帰国し新日本プロレス本隊に反旗を翻した天山広吉が、2月12日昼の平成維震軍興行において、合流するとみられていた越中詩郎ら平成維震軍と決裂し蝶野と合体、その夜の新日本の興行で初めて蝶野・天山・ヒロのトリオで試合を行い、天山が長州力をフォールした。ユニット名は正式に決まったものではなく、メディア側が勝手に命名したものである。当時、本人たちもグループ名称は自ら名乗っていない。そのため、ワールドプロレスリングでは「エゴイスト集団」(辻よしなりが命名)、週刊プロレスでは「狼群団」など各メディアによって呼称が異なっており統一されていなかった。また結成当初は、蝶野とコンビを組んでいたサブゥーもメンバーとして参加していたが、短期間で離脱している。狼群団 フレッシュアイペディアより)

  • nWoジャパン

    nWoジャパンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    nWoは「New World Order」の略称。アメリカのプロレス団体WCWで誕生し、蝶野正洋によって新日本プロレスにも進出した。アメリカでは社会現象にもなり、日本でも爆発的ブームとなった1997年度には約43億円の経済効果があったという(電通調べ)。さらに、その年度に「nWo Tシャツ」だけで6億円の売り上げを記録し、新日本プロレスが法人所得で娯楽部門85位にランクインしている。nWoジャパン フレッシュアイペディアより)

  • 両国ピーターパン2010 〜夏休み ああ夏休み 夏休み〜

    両国ピーターパン2010 〜夏休み ああ夏休み 夏休み〜から見た蝶野正洋蝶野正洋

    前年に引き続き中澤マイケルの肛門爆破がオープニングセレモニーとして行われた。火薬量は前年の倍使用し、田中秀和が司会を務め、起爆は蝶野正洋が行った。両国ピーターパン2010 〜夏休み ああ夏休み 夏休み〜 フレッシュアイペディアより)

  • 日米レスリングサミット

    日米レスリングサミットから見た蝶野正洋蝶野正洋

    マサ斎藤、橋本真也(チャンピオンチーム) vs 長州力、蝶野正洋(チャレンジャーチーム)日米レスリングサミット フレッシュアイペディアより)

227件中 51 - 60件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード