227件中 61 - 70件表示
  • PREMIUM (プロレス)

    PREMIUM (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    PREMIUM(プレミアム)は、日本のプロレスラー、蝶野正洋が発案・ゼネラルマネージャーを務めるプロレス興行のひとつである。PREMIUM (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • ブラックビスケッツ

    ブラックビスケッツから見た蝶野正洋蝶野正洋

    ポケットビスケッツの対抗ユニットであること、南々見狂也のメイクや立ち振る舞いが明らかに蝶野正洋を意識していたこと、天山というネーミングと彼がつけていた牛の角付きマスクが天山広吉を連想させることなど、当時新日本プロレスで絶大な人気を誇ったnWoジャパンに強い影響を受けたと思われる部分が多々ある。ブラックビスケッツ フレッシュアイペディアより)

  • 蛇影

    蛇影から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2009年のDDT「両国ピーターパン 〜大人になんてなれないよ〜」では新日本プロレス蝶野正洋と戦うポイズン澤田JULIEのセコンドとしてナオミ・スーザンとともに久々に姿を見せる。蛇影 フレッシュアイペディアより)

  • IWGPリーグ戦

    IWGPリーグ戦から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2011年、猪木が代表を務めるイノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)の蝶野正洋エグゼクティブプロデューサー(EP)が「IGF版IWGP」を提唱し、12月2日の両国大会「INOKI BOM-BA-YE 2011」にも始動させると発表したが、蝶野の退任もあり立ち消えとなっている。IWGPリーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第三世代 (プロレス)

    第三世代 (プロレス)から見た蝶野正洋蝶野正洋

    また、新日本プロレスと全日本プロレスで、ジャイアント馬場やアントニオ猪木を頂点とした場合には、鶴藤長天は第二世代のレスラーとなり、第三世代は闘魂三銃士(武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋)や四天王(三沢光晴・川田利明・田上明・小橋健太)らの世代のプロレスラーを指すことになる。第三世代 (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 金澤克彦

    金澤克彦から見た蝶野正洋蝶野正洋

    長州力が誌面で発する「なあ金沢」や、長州が指す「アレ」を解釈できるのは金沢だけと言われるほど蜜月関係にあった事は読者には有名であり、長州の名言である「ど真ん中」も金澤のインタビューで初めて世に出た。その他、プロレス界における様々なキャッチコピーを生み出しており、平成維震軍、大谷晋二郎の得意技である顔面ウォッシュ、スコット・ノートンのキャッチフレーズである超竜、藤田和之の野獣、蝶野正洋の黒のカリスマ、高山善廣のプロレス界の帝王などの名付け親である。金澤克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中牧昭二

    中牧昭二から見た蝶野正洋蝶野正洋

    後にプロレスラーに転向するためSWSの入団テストを受けたが不合格となり、大仁田厚率いるFMWに入団。暴露本の一件で、悪いイメージがついていた為、中々入団を認められず、ハードな入団テストが行われ、周囲が好意的になった所で入団を認められている。1992年5月31日に、ターザン後藤戦でデビュー。その後はW★ING→IWAジャパン→大日本プロレスとインディー団体を転々とし、画鋲デスマッチ等の流血の多い激しい試合を展開した。1997年1月4日には、新日本プロレスと大日本プロレスとの対抗戦において大日本の一員として新日本プロレス東京ドーム大会に参戦。ドームの大舞台で蝶野正洋と対戦を実現させ、蝶野がゴング前に中牧を花道で襲撃、試合を先導したうえで1分7秒での秒殺負けを喫したが、当時のメジャー団体のリングでは無縁の有刺鉄線ボードを持ち込む契機を作り、また時間は短いながらも、中牧、蝶野の良さが互いに出た試合となり、ファン、関係者には評価が高かった。中牧昭二 フレッシュアイペディアより)

  • 激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争

    激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争から見た蝶野正洋蝶野正洋

    当初、蝶野正洋は宮戸優光との試合が予定されていたが宮戸が対抗戦に反対し、直前になりUインターを退団。蝶野もヒールであることを固辞するため結局試合は組まれなかった。また、格闘技志向の田村潔司も対抗戦を嫌がり、出場を拒否した。激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争 フレッシュアイペディアより)

  • ガッチャン!

    ガッチャン!から見た蝶野正洋蝶野正洋

    オープニングコール 蝶野正洋ガッチャン! フレッシュアイペディアより)

  • フェイスロック

    フェイスロックから見た蝶野正洋蝶野正洋

    STFの略称で知られている技。蝶野正洋がルー・テーズに伝授され、それをアレンジして完成した技。うつ伏せの相手の上に乗った状態で、両足で相手の片足を方ながら、両腕で相手の顔面を締め上げる。今では比較的ポピュラーな技になり、足を交差したクロス式や裏表逆のリバース式などの派生も存在する。フェイスロック フレッシュアイペディアより)

227件中 61 - 70件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード