227件中 81 - 90件表示
  • ネックブリーカー

    ネックブリーカーから見た蝶野正洋蝶野正洋

    ロビンソンとの幾度の対戦からドリー・ファンク・ジュニアもこの技を全盛期はよく使用し、ロビンソンから直接教えられた天龍源一郎が今でも時折使用しているが、近年ではそれほどあまり使われていない技である。しかし蝶野正洋、エル・サムライ、ジョニー・スミス、スコット・ノートン等が繋ぎ技としていた事もある。"ザ・フランチャイズ" シェーン・ダグラスは自身のニックネームに合わせ、フランチャイザーの独自の名称で使用していた。ネックブリーカー フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ノートン

    スコット・ノートンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1996年よりWCWに登場し、nWoのBチームに所属。1998年には蝶野正洋が負傷で返上したIWGPヘビー級王座の王者決定戦で永田裕志を倒し、その第23代王者となった。外国人としては、ベイダー、サルマン・ハシミコフに次いで3人目の戴冠であった。2001年にも佐々木健介を破り第28代王者に返り咲いたが、直後に藤田和之に敗れてタイトルを失った。スコット・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • アブドーラ・ザ・ブッチャー

    アブドーラ・ザ・ブッチャーから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2010年1月4日、新日本プロレス『レッスルキングダムIV IN 東京ドーム』に参戦。新日本マット登場は25年ぶり。矢野通、飯塚高史、石井智宏と組み、テリー・ファンク、長州力、蝶野正洋、中西学組と対戦。飯塚と仲間割れして地獄突きを見舞い、テリー組の勝利をアシストする形になった。2月11日、『大阪ハリケーン2010』で大阪プロレスに初参戦、8人タッグマッチに出場した。3月22日、DRAGON GATE『COMPIRATION GATE 2010』に出場し、オープン・ザ・トライアングル・ゲート選手権で曙と初対戦。望月成晃にフォール負けを喫した。7月11日、DRAGON GATE『KOBEプロレスフェステイバル2010』では曙と初タッグを結成。お笑いサバイバル・ハンディキャップドリームマッチに出場した。同18日には東京愚連隊主催で来日40周年記念興行『BUTCHER FIESTA〜血祭り2010〜』を開催。鈴木みのると組み、藤原喜明、NOSAWA論外組と対戦した。アブドーラ・ザ・ブッチャー フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見五郎

    鶴見五郎から見た蝶野正洋蝶野正洋

    酒井美羽作のレディースコミック『ママはやしの実わり』(全3巻。白泉社刊)に取材協力。同作内にて主人公の夫でプロレスラーのゴウ伊吹(モデル不明)をサポートする優しき先輩として鶴見をモデルとした鶴見川五郎が登場、その家族や自らが率いる独立団体が青果市場で興行する模様なども描かれている。なお、同作にはゴウ伊吹のライバルとして、鬼童凶児(モデルは蝶野正洋)、ゴウ伊吹の所属団体社長で会社を倒産させた社長として、虎山熊ノ助(モデルは将軍KYワカマツ)なども登場する。鶴見五郎 フレッシュアイペディアより)

  • ラリアット

    ラリアットから見た蝶野正洋蝶野正洋

    橋本真也は海外遠征から帰国した頃を除いてラリアットを試合で繰り出すことはなかった。他の闘魂三銃士(蝶野正洋、武藤敬司)も試合でラリアットを使うことはほとんど無い(武藤はラリアットを「ただ腕を横に出すだけ」と評している。ただしグレート・ムタは花道ラリアットを得意としていた)。ラリアット フレッシュアイペディアより)

  • 日向あずみ

    日向あずみから見た蝶野正洋蝶野正洋

    11月24日、東京・新宿FACEでの「どすこいプロレス」に出場。維新力のパートナーを務め、蝶野正洋&立野記代と対戦。蝶野をエルボーで倒し顔を踏みつけるなど大いに気を吐いたが、最後は維新力が蝶野にフォールされた。日向あずみ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た蝶野正洋蝶野正洋

    敢闘賞:蝶野正洋(新日本)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ジョージ

    マイク・ジョージから見た蝶野正洋蝶野正洋

    以降は自動車ディーラーとなり一時リタイアしていたが1986年に復帰し、5月23日にアキオ・サトーからセントラル・ステーツTV王座を、6月15日にルーファス・ジョーンズと組んでJ・R・ホッグ&ハクソー・ヒギンズからセントラル・ステーツ・タッグ王座を奪取。1987年2月には全日本プロレスへの12年ぶりの来日を果たした。1988年1月23日にはセントラル・ステーツ地区で新設されたWWA世界王者決定トーナメントに参加し、決勝でディック・スレーターを破って初代チャンピオンとなる。同王座を巡り、海外武者修行中だったマサ・チョーノこと蝶野正洋とも抗争を展開した。マイク・ジョージ フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしの今まで見たことないテレビ

    ビートたけしの今まで見たことないテレビから見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋(山里の宿泊先)ビートたけしの今まで見たことないテレビ フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス S.X.W

    新日本プロレス S.X.Wから見た蝶野正洋蝶野正洋

    なお、2010年春改編を以ってリニューアルを敢行。月2大会の定期録画中継を終了して、蝶野正洋をエグゼクティブ・プロデューサーに迎えた「STRONG STYLE MANIA」に変更。一方で「J SPORTS CROWN」と題したシリーズを設けて、全試合を生中継または当日録画による「独占中継」とする。また、全試合ハイビジョン制作に移行する。一方で「新日本プロレス S.X.Wクラシック」と称した過去の再放送も行っている。新日本プロレス S.X.W フレッシュアイペディアより)

227件中 81 - 90件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード