275件中 81 - 90件表示
  • スコット・ノートン

    スコット・ノートンから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1996年よりWCWに登場し、nWoのBチームに所属。1998年には蝶野正洋が負傷で返上したIWGPヘビー級王座の王者決定戦で永田裕志を倒し、その第23代王者となった。外国人としては、ベイダー、サルマン・ハシミコフに次いで3人目の戴冠であった。2001年にも佐々木健介を破り第28代王者に返り咲いたが、直後に藤田和之に敗れてタイトルを失った。スコット・ノートン フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアント・シルバ

    ジャイアント・シルバから見た蝶野正洋蝶野正洋

    2001年9月に蝶野正洋に勧誘され、TEAM 2000のメンバーとして新日本プロレスに参戦した。同じく巨人レスラーのジャイアント・シンとのタッグチームは「クラブ・セブン」と名付けられた(共に身長が7フィート以上のため)。ジャイアント・シルバ フレッシュアイペディアより)

  • バトルαソクラテス パーティ&party!

    バトルαソクラテス パーティ&party!から見た蝶野正洋蝶野正洋

    2012年3月の撮影時点で、本作「バトルαソクラテス パーティ&party!」はトワイライトファイルシリーズ26作目(MIRAI PICTURES JAPAN)となる。トワイライトファイルシリーズは、新進気鋭の監督、注目の監督が描く作品を旬のキャスト、ベテランや新人キャストで贈る作品で構成されている。これまでに蒼井優、満島ひかり、遠藤憲一、和泉元彌、宅麻伸、原田大二郎、赤井英和、いしだ壱成などの実力派俳優をはじめ、小倉優子、島崎和歌子、パパイヤ鈴木、安座間美優(モデル)などの個性あるタレント、そして異色ではクリス松村、蝶野正洋(プロレス)、重盛さと美、原口あきまさ(ものまね)、藤波辰巳(プロレス)、はなわ(芸人)、大仁田厚などが出演している。本作は2000年ホリプロ「21世紀ムービースターオーディション」で準グランプリを受賞し芸能界デビューした石垣佑磨が主演として出演。また、国民的アイドルグループAKB48から「19thシングル選抜じゃんけん大会」で初のセンターを獲得した内田眞由美や、人気お笑いコンビTKOの木本武宏と木下隆行をプロデューサーの神品信市がキャスティングしている。バトルαソクラテス パーティ&party! フレッシュアイペディアより)

  • テンコジ

    テンコジから見た蝶野正洋蝶野正洋

    1993年のヤングライオン杯優勝後山本は海外武者修行に出発し、1995年に「天山広吉」とリングネームを改め凱旋。蝶野正洋・ヒロ斎藤と狼群団を結成するなど活躍する。その後狼群団はnWoジャパンへと発展し新メンバーとして武藤敬司が加入。武藤は蝶野のケガによる欠場中に当時新日本体所属だった小島をnWoジャパンに勧誘し小島もこれに同意し軍団入りする。しかし天山ら旧来からのメンバーはこれに反発し両者の間には軋轢が生じるが1998年のSGタッグリーグ公式戦の武藤&小島vs天山&nWoスティングの試合で戦いを通じて小島のことを理解し軍団入りを認める。そして翌1999年1月4日天山と小島はヤングライオン時代以来のタッグで天龍源一郎&越中詩郎組の保持するIWGPタッグ王座に挑戦しこれを奪取する。以後このベルトを巡り永田裕志&中西学組と抗争を展開し新日本のタッグ戦線を盛り上げる。2000年にはその活躍が認められプロレス大賞の最優秀タッグチーム賞を獲得した。テンコジ フレッシュアイペディアより)

  • 好角家

    好角家から見た蝶野正洋蝶野正洋

    蝶野正洋 - プロレスラー好角家 フレッシュアイペディアより)

  • レッドシューズ海野

    レッドシューズ海野から見た蝶野正洋蝶野正洋

    1999年4月10日に行われた蝶野正洋対大仁田厚の有刺鉄線電流爆破デスマッチ1では、レフェリングを行う予定であったテッド・タナベが所用でキャンセル、急遽サブレフェリーの経験がある海野が代役を務めたが、試合終盤に大仁田の電流爆破の巻き添えを食い、最後まで裁くことができなかった。その後、同年8月28日のグレート・ムタ対グレート・ニタのノーロープ有刺鉄線バリケードマット時限装置付き電流地雷爆破ダブルヘルデスマッチで再度起用され、またも爆風に晒されたが、今度は最後まで裁き切った。レッドシューズ海野 フレッシュアイペディアより)

  • NWHスポーツ救命協会

    NWHスポーツ救命協会から見たアリストトリスト蝶野正洋

    アリストトリスト代表取締役/第22代IWGPヘビー級王者/日本消防協会消防応援団NWHスポーツ救命協会 フレッシュアイペディアより)

  • アンチヒーロー

    アンチヒーローから見た蝶野正洋蝶野正洋

    こうした反逆的ヒーローに対する庶民の共感は、プロレスのギミックにもよく利用されている。たとえば新日本プロレスの蝶野正洋は、体制(会社)の方針に異を唱えて対立するキャラクターを演じ、タイトルマッチに関する反対を表明する(このパターンは古くは長州力の維新軍団、さらにはジャイアント馬場に挑戦した若き日のアントニオ猪木にまでさかのぼる)。アメリカンプロレスでも、WWEのストーン・コールド・スティーブ・オースチンがこうしたキャラクターを演じている。アンチヒーロー フレッシュアイペディアより)

  • 激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争

    激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争から見た蝶野正洋蝶野正洋

    当初、蝶野正洋は宮戸優光との試合が予定されていたが宮戸が対抗戦に反対して直前になりUWFインターナショナルを退団。蝶野もヒールであることを固持するため結局試合は組まれなかった。また格闘技志向の田村潔司も対抗戦を嫌がり出場を拒否。激突!!新日本プロレス対UWFインターナショナル全面戦争 フレッシュアイペディアより)

  • アリストトリスト

    アリストトリストから見た蝶野正洋蝶野正洋

    アリストトリスト フレッシュアイペディアより)

275件中 81 - 90件表示