前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た武藤敬司武藤 敬司

    1984年、新日本プロレス入門。同年10月5日、越谷市民体育館における武藤敬司戦でデビュー。87年3月に海外遠征に出発。89年10月に帰国後、91年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、92年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはニュー・ワールド・オーダー (nWo)ジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成。2010年2月にデビュー以来26年所属していた新日本プロレスを離れ、2010年より後述の個人事務所・アリストトリストの所属となり、フリーランスとして活動、いまなお絶対的な存在感を放ち、黒のカリスマとして、プロレス界に君臨し続けている。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た橋本真也

    1984年4月に新日本プロレスへ入門し、同年10月に埼玉県で行われた興行でプロデビューした(初戦の相手は同じくデビュー戦の武藤敬司)。1987年の第3回ヤングライオン杯で橋本真也を破り優勝した。優勝後、海外遠征を行い、まずドイツのオットー・ワンツの(CWA)に出場した。ドイツでは現在の夫人であるマルティナ・カールスと出会った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た高山善廣

    2001年は武藤率いるBATTと抗争。2002年、蝶野は4度目のG1チャンピオンとなった。また、札幌大会でアントニオ猪木に指名され、新日本プロレスのブッカー(現場責任者)となった。2003年5月2日の東京ドーム大会でプロレスリング・ノアの三沢光晴と初対決。30分ドローに終わる。8月には4度目のG1優勝を果たした。大会後、魔界倶楽部、高山善廣、藤田和之ら外敵との抗争に入り新日本隊に合流し、TEAM 2000は自然消滅。2003年にノアに初参戦、三沢と組み小橋建太・田上明組と対戦。5月の新日本東京ドーム大会では小橋の持つGHCヘビー級王座に左足靭帯損傷の状態で挑戦。敗れるも「ミスタープロレス対ミスタープロレス」と称されたこの試合で蝶野は小橋のハーフネルソンスープレックス6発を受けきって見せ、小橋と共にファンの大喝采を受けた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たアントニオ猪木アントニオ猪木

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た小橋建太

    2001年は武藤率いるBATTと抗争。2002年、蝶野は4度目のG1チャンピオンとなった。また、札幌大会でアントニオ猪木に指名され、新日本プロレスのブッカー(現場責任者)となった。2003年5月2日の東京ドーム大会でプロレスリング・ノアの三沢光晴と初対決。30分ドローに終わる。8月には4度目のG1優勝を果たした。大会後、魔界倶楽部、高山善廣、藤田和之ら外敵との抗争に入り新日本隊に合流し、TEAM 2000は自然消滅。2003年にノアに初参戦、三沢と組み小橋建太・田上明組と対戦。5月の新日本東京ドーム大会では小橋の持つGHCヘビー級王座に左足靭帯損傷の状態で挑戦。敗れるも「ミスタープロレス対ミスタープロレス」と称されたこの試合で蝶野は小橋のハーフネルソンスープレックス6発を受けきって見せ、小橋と共にファンの大喝采を受けた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た長州力

    2005年にはヒールユニット、'' (BNJ) を結成。8月、G1で5度目の優勝を果たし、同年に急逝した橋本真也に優勝を報告した。長州力が新日本に戻ってくると反長州を掲げ抗争を開始。2006年には新日本社長サイモン猪木と抗争を開始する。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た石原さとみ石原 さとみ

    『リングで説教篇』(石原さとみと共演)(2009年2月3日 - )蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た松本明子松本 明子

    『どっちの料理ショー』に出演した際には、空腹で途中から全く喋らなくなってしまい、共演者の松本明子から「蝶野さん!蝶野さん!喋ってくださいよ!『I'm CHONO!!』」と言われた。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たルー・テーズ

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たニュー・ワールド・オーダー

    1984年、新日本プロレス入門。同年10月5日、越谷市民体育館における武藤敬司戦でデビュー。87年3月に海外遠征に出発。89年10月に帰国後、91年8月、第1回G1クライマックスに優勝し大躍進を遂げる。G1は前人未到のV5を達成し、92年8月には第75代NWAヘビー級王座を奪取。96年にはニュー・ワールド・オーダー (nWo)ジャパンを設立して一大ムーブメントを起こし、その後、TEAM2000を結成。2010年2月にデビュー以来26年所属していた新日本プロレスを離れ、2010年より後述の個人事務所・アリストトリストの所属となり、フリーランスとして活動、いまなお絶対的な存在感を放ち、黒のカリスマとして、プロレス界に君臨し続けている。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
153件中 1 - 10件表示

「蝶野正洋」のニューストピックワード