224件中 111 - 120件表示
  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たガールズ&パンツァー

    娘と一緒に鑑賞したアニメ『ガールズ&パンツァー』に感動し、ガルパン応援大使として『ガールズ&パンツァー 劇場版』の宣伝を担当している。お気に入りのキャラクターは佐々木あけび。またスマートフォンアプリ『ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦』で蝶野の入場用ガウンを羽織ったキャラクターが登場したり、前述の「ARISTRIST」でコラボレーショングッズを販売するなどしている。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たガールズ&パンツァー 劇場版

    茨城県東茨城郡大洗町のイベントが元で、『ガールズ&パンツァー 劇場版』応援大使や、さらに同作品の応援大使から転じて大洗大使にも就任し、活動している。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たグラーツ

    1984年4月に新日本プロレス入門し、同年10月に埼玉県で行われた興行でプロデビューした(初戦の相手は同じくデビュー戦の武藤敬司)。1987年の第3回ヤングライオン杯で橋本真也を破り優勝した。優勝条件の海外武者修行に、同年春に出発。オーストリアのグラーツトーナメントを初参戦に、ウィーントーナメント、ドイツ転戦ではハノーバートーナメント、西ベルリントーナメント、ブレーメントーナメントに参戦。グラーツ、ブレーメンは、オットー・ワンツがプロモートする大会。キャッチ・レスリング・アソシエーション(CWA)に参戦した。ドイツ(当時西ドイツ)ブレーメンで、現在の夫人であるマルティナ・カールスと出会った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たG1 CLIMAX

    1989年10月に新日本に戻ってからは、1990年2月10日に新日本プロレス2度目の東京ドーム興行のメインイベントにおいて、橋本真也とのタッグでアントニオ猪木・坂口征二組と対戦し、4月27日に武藤敬司とのタッグでIWGPタッグ王座を獲得、12月26日に師匠であるルー・テーズを破った(この試合がテーズの最後の試合となった)。翌1991年、新日本プロレスの夏期興行G1 CLIMAXの第1回大会において素晴しいパフォーマンスを見せた蝶野はメインイベンターとしての地位を確立した(決勝では武藤を破り優勝)。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たアメリカ合衆国

    愛媛県出身で大手製紙会社の会社員であった父親の赴任先であるアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで生まれ、2歳半で帰国し、神奈川県川崎市多摩区、東京都渋谷区、三鷹市で過ごす。目黒区たちばな幼稚園、渋谷区立猿楽小学校、三鷹市立北野小学校、三鷹市立第五中学校、三鷹第六中学校、東京都立永山高等学校卒業。神奈川大学は入学式の出席のみ、籍を置いたままの入門、後に中退した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た警視庁いきもの係

    警視庁いきもの係』(2017年7月9日 - フジテレビ)蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見たブレーメン

    1984年4月に新日本プロレス入門し、同年10月に埼玉県で行われた興行でプロデビューした(初戦の相手は同じくデビュー戦の武藤敬司)。1987年の第3回ヤングライオン杯で橋本真也を破り優勝した。優勝条件の海外武者修行に、同年春に出発。オーストリアのグラーツトーナメントを初参戦に、ウィーントーナメント、ドイツ転戦ではハノーバートーナメント、西ベルリントーナメント、ブレーメントーナメントに参戦。グラーツ、ブレーメンは、オットー・ワンツがプロモートする大会。キャッチ・レスリング・アソシエーション(CWA)に参戦した。ドイツ(当時西ドイツ)ブレーメンで、現在の夫人であるマルティナ・カールスと出会った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た東京都

    愛媛県出身で大手製紙会社の会社員であった父親の赴任先であるアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで生まれ、2歳半で帰国し、神奈川県川崎市多摩区、東京都渋谷区、三鷹市で過ごす。目黒区たちばな幼稚園、渋谷区立猿楽小学校、三鷹市立北野小学校、三鷹市立第五中学校、三鷹第六中学校、東京都立永山高等学校卒業。神奈川大学は入学式の出席のみ、籍を置いたままの入門、後に中退した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た渋谷区

    愛媛県出身で大手製紙会社の会社員であった父親の赴任先であるアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで生まれ、2歳半で帰国し、神奈川県川崎市多摩区、東京都渋谷区、三鷹市で過ごす。目黒区たちばな幼稚園、渋谷区立猿楽小学校、三鷹市立北野小学校、三鷹市立第五中学校、三鷹第六中学校、東京都立永山高等学校卒業。神奈川大学は入学式の出席のみ、籍を置いたままの入門、後に中退した。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た週刊プロレス

    1994年のG1 CLIMAX優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

224件中 111 - 120件表示